EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

《マーケットストラテジーメモ》 11月第2週


【推移】

9日(月):
週末のNY株式市場はNYダウとS&P500は5日ぶりに反落。NASDAQは5日続伸。週間上昇率は主要3株価指数いずれも4月以降で最大。「選挙が接戦となったことで、バイデン政権による企業への規制強化を巡る懸念が和らいだ」。
良い所どりの解釈が横行した。米国の新型コロナウイルス感染者は新たに12万0276人。1日当たりの新規感染者数として2日連続で過去最多を更新した。

日経平均株価は514円高の24839円と5日続伸。上昇幅は一時600円を越え24800円台に乗せた場面もあった。1991年11月5日以来およそ29年ぶりの高値水準。上昇幅は6月16日(10511円)以来の大きさ。日経ジャスダック4日続伸、マザーズは反発。東証1部の売買代金は2兆6493億円。ファーストリテ、SBGが上層。エーザイ、スクエニが下落。

10日(火):
週明けのNY株式市場はNYダウとS&P500は反発。NASDAQは6日ぶりに反落。好材料はファイザーのワクチンの治験。参加者の9割超で感染予防の効果があったとの報告を好感。「深刻な副作用も起きておらず、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可の承認を申請する方向」との見方だ。また「強力な経済対策が続くとの見方も多く、潤沢なマネーが株式に向かった」との声も聞こえる。

日経平均株価は65円高の24905円と6日続伸。ただCMEの22先物高値は25900円。後場は利食いに押され、ややもの足りなさの残る展開。東証一部の売買代金は4兆746億円。5月29日以来の水準に増加した。JAL、高島屋が上昇。エムスリー、ネクソンが下落。

11日(水):
火曜のNY株式市場はNYダウは続伸。S&P500は反落。新型コロナウイルス感染症ワクチンが景気回復を支えるとの期待感は継続。ロックダウン(都市封鎖)の恩恵を受けたハイテク株が売られた。
一方、コロナ禍による打撃が大きかった銘柄への乗り換えが進んだ格好。NASDAQは続落。

日経平均株価は444円高の25349円と7日続伸。7日続伸は昨日1月29日以来のこと。この7日間の上昇幅は約2300円。東証一部の売買代金は3兆4841億円。東エレ、ファナックが上昇。リクルート、ネクソンが下落。

12日(木):
水曜のNY株式市場でNYダウは反落。S&P500は反発。NASDAQは2%超の上昇となった。巣ごもり関連株への買いに支えられて反発。マイクロソフト、ネットフリックスは2%超、アマゾンとアップルは3%超上昇した。「コロナウイルスの感染拡大を巡る懸念から、景気敏感株を売ってハイテク株を買い戻す動き。「こうした断続的な循環物色はおそらく春まで続くだろう」という声もある。

日経平均株価は171円高の25520円と8日続伸。年初来高値を連日で更新した。8日続伸は2019年9月以来。TOPIXは8日ぶりの反落。東証1部の売買代金は2兆8059億円。エムスリー、ファナックが上昇。地所、鉄が下落。

13日 (金):
木曜のNY株式市場で主要株価指数は下落。1日当たり新規感染者は8日連続で10万人を上回った。「有効なワクチンの大量配布が可能になる時期を巡る懸念が高まった」との解釈だ。10月の財政収支が2840億ドルの赤字で10月の赤字額としては過去最大になった。歳入が減少する一方、新型コロナウイルス関連の歳出が急増した。週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は70万9000件。前週から4万8000件減少し3月以来の水準に改善した。

日経平均株価は195円安の25385円と9日ぶりの反落。コロナ拡大を警戒したとの解釈。下落幅は一時300円を超えた場面もあった。東証一部の売買代金は2兆7215億円。日産自、エムスリーが上昇。シチズン、長谷工が下落。SQ値25480円28銭は上抜けず「幻のSQ値」。TOPIXは続落。


(2) 欧米動向

10月の雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比63.8万人増。
前月の67.2万人増から鈍化して着地。
市場予想の60万人増は上回ったものの雇用市場の回復が始まった5月以降で最小の伸びとなった。
雇用者数はコロナ前の2月時点でのピーク水準を1010万人と大幅に下回っている。
失業率は6.9%と前月の7.9%から改善。
予想は7.7%だった。


(3)新興国動向

中国はまだ、バイデン氏を正式には大統領とは認めていない。
「トランプの敗退をしっかりと確認した上でなければバイデン相場に乗りにくい」という声もある。
一方で対中工業品の関税はRCEPで86%撤廃の方向。
これは好感したいところだ。

【展望】

スケジュールを見てみると・・・

【11月】陽線確率6勝4敗(陽線確率60%)、過去15年9勝5敗(3位)
     気学では「保合いで模様眺め。押し目を買い直すこと」

13日(金):オプションSQ、米生産者物価、ミシガン大学消費者信頼感、鬼宿日・大明日・母倉日・神吉日、株安の日
16日(月):GDP速報値、米NY連銀製造業景況感、中国各種経済指標、変化日
17日(火):天赦日、米小売売上高、鉱工業生産、NAHB住宅指数、対米証券投資
18日(水):貿易統計、訪日外客数、米住宅着工件数
19日(木):米フィラデルフィア連銀製造業景況感、中古住宅販売
20日(金):消費者物価、G20財務相・中央銀行総裁会議(オンライン)
21日(土):G20首脳会議(オンライン)

ビフォアバブルの後期高齢者がアフターアベノミクス若年世代が語れる相場。
そう割り切った方がよいのかもしれない。
変な恐怖心にまみれた現役世代よりも正しい見方ができるような気がする。
たい焼のアタマとシッポが役に立つような印象。

過去は株価のメドがある。
それはバブル崩壊以降何回も株価は下落してきたから。
しかし上は確かに目途がない。
30年の歴史をたどってみればそれば下落途中の株価。
上向いた時の節や壁など探しようがないし、30年の時間は長すぎる。
リーマンショックの時も60年移動平均を持ち出してきたが、今度は何を持ち出しても聞かない。
なぜなら上昇基調の節目ではバブル時高値の38915円しかないからだ。
ココが罫線屋さんの弱いところ。
レンジ相場では豊富に数字が出てくるが、ワープ相場では目途がない。
ある程度移動平均やボリンジャーなどが平時に戻るまでは目途の話などできないだろう。
「どこまで上に行くかわからない」はむしろ正直な気持ちなのかも知れない。

【プレミアムコンテンツ】櫻井英明袋とじ 稼足銘柄11月17日号

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

【プレミアムコンテンツ】櫻井英明袋とじ 稼足銘柄 11月17日号【超プレミアム版】

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

《マーケットストラテジーメモ》 11月第1週


【推移】

2日(月):
週末のNY株式市場で主要3指数は反落。米国のコロナ感染者数は累計900万人を突破。「欧州諸国が感染拡大防止に向けて制限措置の導入に動く中、景気への影響も懸念もされる」との見方。大統領選を控えた投資家の不安を反映しVI指数は38.02と上昇。週間ではNYダウが6.5%、S&P500が5.6%、NASDAQが5.5%下落。10月としてはNYダウが4.6%、S&Pが2.8%、NASDAQが2.3%下落。

日経平均株価は318円高の23295円銭と6日ぶりに反発。自律反発狙いの買いとの解釈だ。大統領選挙を控えて警戒感は高いものの買い物優勢の展開。バリュー株が1.9%高と約5カ月ぶりの高い伸び。10月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は、好不況の境目となる50上回って着地。
またNYダウが堅調に推移したことも支えとなった。東証1部の売買代金は2兆2263億円。リクルート、トヨタが上昇。ZHD、アルプスが下落。

4日(水):
週明けのNY株式市場で主要3指数は反発。大統領選挙を控えて警戒感は高いものの買い物優勢の展開。バリュー株が1.9%高と約5カ月ぶりの高い伸び。火曜のNY株式市場で主要3指数は大幅続伸。市場を席巻したのは楽観論。「大統領選結果の判明は長引かず、追加財政刺激策が早期に打ち出されるとの期待が高まった」との解釈だった。
もっとも大統領選挙の勝利者は民主党候補のバイデン前副大統領との予測。「バイデン氏が約束するインフラ支出を盛り込んだ刺激策が選挙後に実施されることへの期待感」との見方。どこか違うような気もするが、市場はそういう見方だ。

日経平均株価は399円高の23695円と大幅続伸。米大統領選挙を横目に高値揉み合いの展開。前場は「バイデン勝利」を、後場は「トランプ勝利」を織り込むような展開。東証一部の売買代金は2兆5601億円。NTTデータ、ファーストリテイリングが上昇。キャノン、SBGが下落。

5日(木):
水曜のNY株式市場で主要3指数は大幅続伸。大統領選挙の行方は混とん。ただ上院選で民主党の過半数獲得が厳しい情勢。「議会でねじれが続き大きな政策転換はなさそうだ」との奇妙で楽観的な見方が高まった。S&P500は1日の上昇率としては6月5日以来。NASDAQは4月14日以来の大きさ。情報技術やヘルスケアなどのセクターが大幅に上昇した。

日経平均は410円(1.73%)高の24105円と3日続伸。2018年10月3日以来、約2年1カ月ぶりの高値水準を回復した。「米民主党が大統領選と上下院選の両方で勝利するブルーウエーブの可能性が低下したとの見方から、巨大IT企業への規制強化などの政策懸念が後退した」との解釈。「半導体関連や医薬品株が買われ相場をけん引。財政赤字が拡大するとの警戒感が和らいで米長期金利が大幅に低下。成長期待の高いグロース株の割高感が目減りしたのも追い風」との見方だ。
東証1部の売買代金は2兆7052億円。ソニー、キーエンスが上昇。コマツ、紅が下落。

6日 (金):
木曜のNY株式市場で主要3指数は大幅続伸。「大統領選で民主党候補のバイデン氏が勝利した場合でも、上院で共和党が過半数を維持。企業利益を損ないかねない大規模な政策変更は阻止される」との解釈だ。

FOMCを通過。「政策金利をゼロ付近に据え置き、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた経済を支援するため、あらゆる手段を尽くす」とコメント。「最大雇用と物価目標が達成されるまで利上げは検討しない」と確約したことを好感した。
日経平均株価
は219円高の24325円と4日続伸。4日続伸で3ケタ高での上昇幅は1348円。10月2日終値24270円(同日のザラバ高値24448円には届かず)を上抜いて年初来高値を更新。1991年11月13日終値(24416円)以来の高値水準を回復した。
東証一部の売買代金は2兆5331億円。鉄、ホンダが上昇。三井不、NECが下落。


(2) 欧米動向

9月の米貿易赤字は前月比4.7%減の639億ドル。
大豆の出荷が増え、食品輸出が2012年7月以来の水準に増加した。
市場予想は638億ドルだった。
中国向け輸出は18年3月以来の高水準。
中国からの輸入は19年7月以来の高水準だった。
原油輸入は1億5790万バレルで1992年2月以来の水準に低下した。


(3)新興国動向

中国の10月の貿易統計は、輸出が前年比11.4%増加19カ月ぶりの高い伸びとなった。
市場予想の9.3%を上回り、9月の9.9%から加速した。
輸入は4.7%増加。
9月の13.2%増や、予想の9.5%増は下回ったが、2カ月連続の増加。
中国は5日に予定されていたアントのIPOを延期。
調達額は世界で過去最大の約370億ドルに上る見通しだった。
中国当局は現在、金融部門のシステミックリスクと増大する債務の抑制に力を注いでいる。
アントのIPO延期で同社と投資家は大きな打撃を受ける格好。

【展望】

スケジュールを見てみると・・・。

【11月】陽線確率6勝4敗(陽線確率60%)、過去15年9勝5敗(3位)
     気学では「保合いで模様眺め。押し目を買い直すこと」

 6日(金):家計調査、米雇用統計、消費者信用残高、変化日
 7日(土):中国貿易収支
 8日(日):立皇嗣の礼、ミャンマー総選挙
 9日(月):景気動向指数、JPX400/JPX中小型定期入れ替え発表、COP26(英グラスゴー)は延期
10日(火):景気ウォッチャー調査、独ZEW景況感、中国消費者・生産者物価
11日(水):マネーストック、MSCI日本指数半期リバランス発表、中国「独身の日」セール、株高の日
12日(木):国内企業物価、機械受注、第三次産業活動指数、米消費者物価、財政収支、ティックトックの全面禁止期限、変化日
13日(金):オプションSQ、米生産者物価、ミシガン大学消費者信頼感、鬼宿日・大明日・母倉日・神吉日、株安の日


米大統領選を見ていて茶番劇というのが脳裏に浮かぶ。
本来は「茶番狂言」。
江戸末期の歌舞伎に由来。
下手な役者が手近なものを用いて滑稽な寸劇や話芸を演じるもの。
楽屋でお茶を給仕していた大部屋の役者が、余興で茶菓子などをオチにした。
そこでこの寸劇は「茶番」と呼ばれることになった。
見物客の中には寸劇ではなく配られる品物を目当てにするものもいたという。
つまり「茶番」は即興の素人劇。
そこの見え透いたバカバカしいことを「茶番劇」というようになったという。
中世のヨーロッパでは「道化芝居」とも言われた。
「茶番劇、道化師たちのソネット」という表現ができそうな米大統領選。
市場が何を望んでいるのかは不明なまま。
バイデン優勢で上昇し、トランプ優勢で上昇が昨日の日経平均。
そして結果が出ずに混沌としていても上昇したNY株。
「決まらないことが株安」という常識を逸脱し「なんでもかんでも株高」。
セオリーも解釈もいらない状況で、通過することだけを頼りに上昇する。
もっとも雇用統計など経済指標にしても通過することが最重要課題。
今回も結果は問わず通過することに意味があったと考えればそれで済む。
4年に一度のイベントで踊ったのが市場と市場関係者。
ああだこうだと論評し、刹那的な結果はいずれにしても株高継続。
論じたエネルギーの蓄積はまさに「茶番の集積」。
これは4年前にも経験したことでもある。
人の家の選挙に付き合って24時間。
米大統領選のTV中継を一番見ていたのは東京市場だった。
そんな笑える構図も浮かんでくる。
そして「道化師のソネット」も聞こえてきそうな気配だ。
俳優でも不動産屋でも大統領はなんでも構わない。
表の傀儡は常に変えることは可能だが、裏の傀儡子は永久不変の存在。
これが日本と一番違う米政治という見方も出来ようか。

それにしても・・・。
「脱炭素」を一番に打ち出した菅政権。
先見の明ということだろうか。

【プレミアムコンテンツ】櫻井英明袋とじ 稼足銘柄11月10日号

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 11月24日号 プレミアム版 先行配信! 9月稼足銘柄 無料公開中!10月30日終値で229%↑ 180%↑と驚異のパフォーマンス!
11月24日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【11月】/2週//2週/1週
【10月】5週/4週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。