EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

《マーケットストラテジーメモ》 6月第3週


【推移】

15日(月):
週末のNY株式市場は反発。値動きは荒くS&P500は一時約3%上昇した後、約0.6%安となる場面もあった。「前日の大幅安を受け安値拾いの買い」との解釈だが戻りは物足りない。週間ではNYダウが5.6%、S&Pが4.8%、NASDAQが2.3%それぞれ下落。3月20日の週以来の大幅な下げ率を記録した。国債利回りは上昇。

日経平均株価は774円安の21530円とほぼ安値引けで3日続落。日足は2日ぶりの陰線。後場下落幅を拡大し3%超の下落となった。TOPIXも続落。200日線(21758円)を割れこみ25日線(21553円)も割れこんだ。ファーストリテ1銘柄で145円のマイナス寄与度。マザーズ指数先物は一時サーキットブレーカ―発動となった。
東証1部の売買代金は2兆3535億円。古河池、ドコモが上昇。SBG、東エレが下落。

16日(火):
週明けのNY株式市場で主要3指数は揃って続伸。新型コロナの拡大懸念からNYダウは朝方に762ドル安まで下げる場面あったがそこから1000ドル強の上昇。反転材料はFRBが個別企業の社債の購入を開始すると発表したこと。積極的な景気支援を好感したとの解釈だ。
NYダウは逆に一時280ドル程度上昇。終値は157ドル高の25763ドル。ほぼ全面高のなかで金融セクターが大幅高。生活必需品、コミュニケーション・サービス、情報通信が上昇した。

日経平均株価は1051円高の22582円と7日ぶりの大幅反発。上昇幅は今年3番目の大きさ。トランプ政権は景気てこ入れ策として1兆ドル近いインフラ計画の提案を準備しているとの報道を好感。東証一部の売買代金は2兆7542億円。鉄、トヨタが上昇。ヤクルト、ウエルシアが下落

17日(水):
火曜のNY株式市で主要3株価指数は3日続伸。背景は「米経済は予想よりも早く回復する」との期待感。3日続伸でNYダウは1161ドル高。
ただ11日の大幅安(1861ドル)の6割強の戻し(まだ取り返せず)。

日経平均株価は126円安の22245円と反落。昨日の大幅高の反動で売り物優勢の展開。ただ大引け後の先物は切り返した。
東証一部の売買代金は2兆1759億円。SBG、ソニーが上昇。東レ、マツダが下落。

18日 (木):
水曜のNY株式市でS&P500とNYダウは4日ぶりの反落。NASDAQは4日続伸。英国の研究チームが重症患者にステロイド系抗炎症薬の「デキサメタゾン」を投与したところ死亡率が約30%低下したと発表。世界保健機関(WHO)が新型コロナ治療に関するガイダンスを更新する方針を示した。これを受けて寄り付きは続伸。

一方米国では6州で新型コロナウイルスの新規感染者が急増。トランプ大統領の選挙集会を控えたオクラホマ州では感染者数が過去最多を記録。新たな抑制措置実施への懸念が拡大。「経済回復の兆しを巡る投資家の楽観姿勢が後退した」との見方だ。

日経平均株価は100円安の22355円続落。1ドル=106円80銭台という円高トレンドも売りたたく材料とはならなかった。25日線は200日線を上抜けた。東証1部の売買代金は2兆90億円。任天堂は2008年9月以来の5万円台回復。SBG、東エレが上昇。ファーストリテ、トヨタが下落。

19日(金):
NY株式市で主要3指数は狭いレンジでの展開。NASDAQは5日続伸。S&Pは小幅反発だがNYダウは続落。カリフォルニア州やテキサス州では1日の新規感染者が過去最多を更新。複数州で経済再開後に新型コロナ感染者が急増している。
週間新規失業保険申請件数(季節調整済み)は150万8000件。前週の156万6000件からは減少したが企業のレイオフを背景に申請件数は高止まり。景気回復が緩慢なペースとなる兆候と解釈された。フィラデルフィア連銀業況指数は27.5。5月のマイナス43.1から大幅に回復。こちらは新型コロナウイルス危機の打撃を受けた製造業が立ち直り始めているとの期待につながった。

日経平均株価は123円高の22478円と反発。景気回復期待感とコロナ拡大への警戒感の交錯だったか買い物優勢の展開。TOPIXは3日続落。東証一部の売買代金は2兆8398億円。FTSEの銘柄入れ替えで商いは膨らんだ。東エレ、アドバンテストが上昇。日鉄、三井不が下落。週足は2週間ぶりの陽線。


(2) 欧米動向


トランプ政権が景気てこ入れ策の一環として1兆ドル近いインフラ計画の提案を準備しているという報道は好感。
5月の小売売上高は前月比17.7%増と市場予想の8%増を上回った。
1992年の統計開始以降で最大の伸びを記録。
前月の14.7%減から大きく持ち直しリスク心理がさらに改善した。
「小売売上高が株価上昇の理由。刺激策の匂いも漂っている」という見方だ。
ただFRBパウエル議長は半期に一度の議会証言。
「この疫病が収まったと確信されるまでは、完全に回復する公算は低い」とコメント。
6月のNAHB住宅建設業者指数は58と予想の45を大きく上回って着地した。
5月の住宅着工件数は年率換算で97万4000戸。
前月比4.3%増加したが市場予想の109万5000戸には届かなかった。
先週の住宅ローン申請は11年半ぶりの高水準。
住宅着工許可件数は大幅なプラスに転じコロナ危機による落ち込みから持ち直した格好。

(3)アジア・新興国動向

中国の5月の鉱工業生産は前年同月比4.4%増加。新型コロナの流行が始まった昨年終盤以降初めて増加に転じた4月(3.9%増)から伸びが加速。
昨年12月以来の高い伸びとなったが市場予想(5.0%増)には届かなかった。
5月の小売売上高は前年比2.8%減で4カ月連続の減少。
4月(7.5%減)よりは小幅な減少にとどまったが市場予想(2.0%減)以上の落ち込みとなった。1─5月の固定資産投資は前年比6.3%減。
市場予想(5.9%減)より大幅な減少となった。1─4月は10.3%減だった。

【展望】

スケジュールを見てみると・・・。

【6月】陽線確率7勝3敗、(陽線確率70%)、過去15年10勝5敗(1位)
    気学では「利を優先するより、損をしないよう売り方針」

22日(月):米シカゴ連銀全米活動指数、中古住宅販売研件数
23日(火):新築住宅販売件数
24日(水):企業向けサービス価格指数、独IFO景況感
25日(木):全産業活動指数、米GDP確定値、耐久財受注、中国端午節(→27日)
26日(金):米個人所得、変化日、鬼宿日・神吉日
29日(月):商業動態統計、株高の特異日
30日(火):失業率、鉱工業生産、キャッシュレスポイントの期限、米CB消費者信頼感、CS住宅価格指数、中国製造業PMI、英EU離脱以降期限の延長申請期限、上げの日

よく聞かれる相場予測。
「25日線を下回らなければ株価は上昇し深押しはない。
25日線を割れれば株価は下落し2番底の可能性もある。
話の中身はほとんど根拠レスに近い観測だが曲者は25日線。
具体的数字があるので微妙に納得することは多いもの。
しかしこれを天気予報に当てはめてみると・・・。
「明日は晴れですが雲が出てくると雨が降るかも知れません」。
あるいは「明日は雨模様ですが、雲が消えれば太陽がでて晴れになります」。
こんな予報を聞いて役に立てる人がいるだろうか。
仮定条件を加えた結論など求めている人はないに等しい。
それにそんなことくらい言われなくてもわかる。
言われなくてもわかることを「そうか」と錯覚させつ技術に市場関係者は秀でているのだろう。
日々市場関係者の言葉を分析してみると、きっと大したことは言っていないことに気が付くのかも知れない。
当たり前のことを言っているのにそれを特別な分析と思い込むのは不思議な行動原理でもある。これは、罫線屋さんに限ったことではない。
世界情勢を滔々と述べる市場関係者も多い。トランプ大統領も習近平主席も知り合いのような語り口
しかしあったことがある市場関係者のコメントではない。
だったら自宅の居間でテレビを見ながらああでもないこうでもないと言っている人と変わらないのが現実。不思議な光景はあちこちにある。
「スポーツ以外の分野では、多くの分野で専門家は理論武装で脚色して無誤謬を装う者」。
あながち間違っていないかも知れない。

18日から7月12日まで水星逆行。逆行といっても本当に回転が逆になるわけではなく見かけの話。ちなみに今年は3回ある。
最初は2月17日→3月10日だった。
ここがコロナ禍の下落の端緒だったことは記憶に新しい。次は10月14日→11月4日。
ちなみに今は今年一度しかない金星の逆行中。
5月14日→6月25日だ。火星の逆行も今年1回。
9月10日→11月13日だ。
木星は5月15日→9月12日まで逆行中。土星は5月12日→9月30日まで逆行中。
天王星は8月16日→来年1月14日まで逆行。
海王星は6月24日→11月28日に逆行。
冥王星は4月26日→10月4日まで逆行中。
全天体の巡行は1月12日→2月16日。
3月11日→4月25日だった。
6月19日→23日は5天体逆行。
6月24日→25日は6天体逆行。
6月26日→7月11日は5天体逆行。
8月16日→9月9日は5天体逆行。
9月10日→12日は6天体逆行。
9月13日→30日は5天体逆行。
調べ始めるとキリがない。

【プレミアムコンテンツ】櫻井英明袋とじ 稼足銘柄 06月23日号

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

【プレミアムコンテンツ】櫻井英明袋とじ 稼足銘柄 06月23日号【超プレミアム版】

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

《マーケットストラテジーメモ》 6月第2週

【推移】

8日(月):
週末のNY株式は主要3指数がそろって大幅上昇。NASDAQは一時終値ベースの過去最高値を超えた場面もあった。NYダウとS&P500はともに最高値から10%以内の水準まで回復。背景はプラスに転じた雇用統計。非農業部門雇用者数が前月比250万9000人増と市場予想の800万人減に反してプラスに転じた。「新型コロナウイルス感染拡大抑制策の緩和を受け雇用市場が改善している」との解釈だ。

日経平均株価は314円高の23178円と高値引け。2万3000円台回復は2月21日以来約3カ月半ぶり。6日続伸は昨年10月18日→29日の7日続伸以来。米雇用統計が市場予想に反して改善し景気回復期待が強まった。景気ウオッチャー調査(街角景気)で「悪化に歯止めがかかりつつある」との判断を示したことも好感。TOPIXも6日続伸。
東証1部の売買代金は2兆8712億円。SBG、ファーストリテが上昇。テルモ、セコムが下落。

9日(火):
週明けのNY株式市場で主要3指数は続伸。NYダウは6日続伸し2月24日以来の高値水準。NASDAQは続伸し2月19日以来3カ月半ぶりに終値ベースの過去最高値を更新した。ハイテク株と通信株がNASDAQの上昇をけん引。S&P500は38ポイント高の3232ポイント。昨年末終値(3230ポイント)をわずかに上回り、年初来でプラスに浮上した。

日経平均株価は87円安の23091円と7日ぶりの反落。ドル円の一時107円台を警戒。輸出関連セクター中心に売り物優勢の展開。下落幅は一時200円を超えた場面もあった。東証一部の売買代金は2兆5070億円。資生堂、味が上昇。日産、日本鉄が下落

10日(水):
火曜のNY株式市場でNYダウとS&P500は反落。「FOMCを控え急上昇が一服した」との解釈。一方NASDAQは3日続伸で連日の過去最高値更新。取引時間中には節目の1万ポイントを初めて突破。ハイテクセクター中心の上昇でアップルは3.2%高で上昇率トップだった。「雇用統計以外はかなりの強気になれる材料は過去2週間なかった。
市場が強気の熱を帯びそれ自体を材料にしている」という声もある。

日経平均価格は33円高の23124円と小幅反発。水曜日はこれで4連勝。東証一部の売買代金は2兆2934億円。リクルートが上昇。地所、三菱UFJが下落。空売り比率は37.1%(8日連続40%割れ、13日連続40%未満)。

11日 (木):
水曜のNY株式市場はNYダウとS&P500が続落。銀行セクターの下落が全体に波及した格好だ。FRBが異例の経済支援を継続すると改めて表明。GDPは今年6.5%縮小するとしたほか、失業率は年末時点で9.3%になるとの見通しを示した。「少なくとも2022年まで翌日物金利をゼロ近辺に維持する」とコメント。「GDPと失業率は今後は緩やかに回復するが戻りには時間がかかることが示された」との解釈だ。
NASDAQは終値ベースで初めて1万ポイント台乗せ。マイクロソフトが3.7%、アップルが2.6%上昇し指数をけん引した。

日経平均株価は652円安の22472円と大幅反落。下落幅は4月1日(851円)以来2カ月ぶりの大きさとなった。「高値警戒感から利益確定売り」もあっただろうが米国で新型コロナウイルスの感染者数が200万人を突破したことからNYダウ先物が午後に下落幅を拡大。円高進行も悪材料となった。
TOPIXは3日続落。東証1部の売買代金は2兆8403億円。ドコモが上昇。ホンダ、三菱UFJが下落。

12日(金):
木曜のNY株式市場では主要3指数5%超下落。NYダウの下落幅は1861ドルで史上4番目の大きさ。3月16日以来の下げとなった。「FOMCで示された厳しい経済見通しを織り込む中で、新型コロナウイルスの感染第2波を巡る懸念が再燃した」との解釈だ。
週間新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比35万5000件減の154万2000件。申請件数は10週連続で減少。ただ週間失業保険受給総数は2092万9000件と高水準。

日経平均株価は167円安の22305円と続落。6月1日以来約週間ぶりの安値水準となった。新型コロナウイルスの感染拡大「第2波」懸念でNYダウは18000ドル超の下落。これを受けて寄り付きは売り気配。ただ高値警戒感と押し目買いの交錯で下値を切り上げ後場は下落幅を縮小。

日経平均の日中値幅は563円約2カ月ぶりの大きさ。日足は陽線、週足は陰線。一時700円近く下落し21786円までつけた場面もあった。ただ終値でSQ値22071円は上回って「幻のSQ値」は回避。東証1部の売買代金は3兆3246億円。ファーストりテ、テルモが上昇。SBG、東エレが下落。


(2) 欧米動向

トランプ大統領のツイート。
「実に素晴らしい雇用統計だ。
トランプ大統領は良い仕事をしている(ジョークだが事実だ)!」。
そして「今日はおそらく米国史上、最高の復活の日だ。
われわれは好調だった頃よりも一段と力強くなるだろう」とコメントした。
加えて矛先はバフェット氏にも。
「ウォーレン・バフェット氏は新型コロナウイルス禍で航空株を手放したことは判断ミスを犯した。
バフェット氏のことは大変尊敬している。
しかし彼のような人でも時には間違いを犯すことがある。
航空株は今日急騰しており、持ち続けるべきだった」。
コメントの矛先を一投資家に向ける大統領というのも珍しいものだ。
バイデン前副大統領は「米経済の再建には多大な取り組みが残されている。
雇用統計が予想外に好調だったことで米国史上最高の復活の日などと讃えたトランプ大統領を批判した。

(3)アジア・新興国動向

NY株動向が焦点だが火種は中国にもある。
香港国家安全法を巡る米中高官の非難合戦の鎮静化はどうなのだろうか。
15日には中国の主要経済指標の発表も控えており結構神経質だ。

【展望】

スケジュールを見てみると・・・。

【6月】陽線確率7勝3敗、(陽線確率70%)、過去15年10勝5敗(1位)
    気学では「利を優先するより、損をしないよう売り方針」


15日(月):日銀金融政策決定会合(→16日)、第3次活動指数、米NY連銀製造業景気指数、対米証券投資、中国各種経済指標
16日(火):黒田日銀総裁会見、米小売り売上高、鉱工業生産、独ZEW景況感、変化日
17日(水):貿易統計、首都圏マンション販売、国会会期末、米住宅着工件数
18日(木):東京都知事選告示、米CB景気先行指数、フィラデルフィア連銀景況観、EU首脳会議(ブリュッセル)
19日(金):消費者物価、米経常収支
20日(土):天赦日+一粒万倍日
21日(日):部分日食
22日(月):米シカゴ連銀全米活動指数、中古住宅販売研件数
23日(火):新築住宅販売件数
24日(水):企業向けサービス価格指数、独IFO景況感
25日(木):全産業活動指数、米GDP確定値、耐久財受注、中国端午節(→27日)
26日(金):米個人所得、変化日、鬼宿日・神吉日
29日(月):商業動態統計、株高の特異日
30日(火):失業率、鉱工業生産、キャッシュレスポイントの期限、米CB消費者信頼感、CS住宅価格指数、中国製造業PMI、英EU離脱以降期限の延長申請期限、上げの日

OECDの経済見通しが発表された。
今年の世界全体の実質経済成長率は感染の第2波がない場合でマイナス6%。
第2波に見舞われればマイナス7.6%に落ち込むと予測。
コメントは「規制が緩和され始めても景気回復への道は依然、不確実性が高い。
過去100年で最悪の状況」。
第2次世界大戦よりもひどいという見通しだ。
日本は第2波がない場合でマイナス6%、第2波に襲われればマイナス7.3%との予測。
OECDの分析のポイントは「新型コロナ危機で深まる世界経済の分断化」。
「ロックダウン(都市封鎖)は国内の格差拡大も招いた。
若年層とスキルのない労働者が大きな影響を受けている」という見方だ。
ただ21年はプラス2.1%と予想。
「今年は最悪だが来年は復調で低いながらもプラス成長」。
足元を重視するか、未来の希望に託すかというのが課題。
足元は見ないで未来への希望重視というのが今の株式市場だが・・・。

敢えて素朴な疑問。
「コロナと鼻かぜとどこが違うのだろうか」。
季節性インフルエンザによる推定年間死亡者数は、世界で約30万人程度。
日本で約1万人。
また例年の季節性インフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人と言われている。
あるお医者さんたちのコメントは「どこが違うの?」。
この答えはあるのだろうか。

【プレミアムコンテンツ】櫻井英明袋とじ 稼足銘柄06月16日号

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 06月30日号 プレミアム版 先行配信! 5月稼足銘柄 無料公開中!6月30日終値で184%↑ 177%↑と驚異のパフォーマンス!
06月30日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

06月29日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【6月】4週/3週/2週/1週/
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。