EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

《マーケットストラテジーメモ》 2月第3週


【推移】

8日(月):
週末のNY株式市場で主要3指数は続伸。企業決算や追加経済対策、新型コロナウイルスワクチン普及への期待が買い材料。S&P500とNASDAQは週間で昨年11月上旬以来の大幅な伸びとなった。ラッセル2000は週刊で7.7%高。一方でVIX(恐怖)指数は週間で昨年11月上旬以来の大幅な低下。

日経平均株価は609円(2.12%高)の23388円大幅続伸。1990年8月3日(2万9515円)以来、約30年半ぶりの高値で終えた。「米追加経済対策の早期成立に対する期待感が高まり、投資家心理が上向いた」との解釈。アジア株が堅調に推移したことも追い風。TOPIは1923.85と1991年6月以来約29年8カ月ぶりの高値水準。東証1部の売買代金は3兆3924億円。鉄、SBGが上昇。ソニー、スズキが下落。

9日(火):
週明けのNY株式市場で主要3指数は続伸し揃って終値ベースの過去最高値を更新。NYダウとS&P500は昨年8月以来の6日続伸。小型株が大型株をアウトパフォームした。イエレン財務長官のコメント。「議会が1.9兆ドルの経済対策法案を承認すれば、米国は来年にも完全雇用を実現できる」。これは好感された。
新型コロナの新規感染者の減少傾向も追い風。ディズニーやシスコシステムズ、GMが上昇した。

日経平均株価は117円高の29505円と3日続伸。連日の高値更新となった。ただ前日に600円超上昇しており上値は限定的。東証一部の売買代金は3兆1881億円。ユニチカ、野村が上昇。マツダ、バンナムが下落。

10(水):
火曜のNY株式市場で主要3指数はマチマチの動き。NYダウは7日ぶりに反落。NASDAQは4日続伸で14000ポイント台と過去最高値を更新。「FANG」にテスラを加えたFANG+TM指数も過去最高値。「経済対策の恩恵を受けるとみられるセクターに大型ハイテク株から資金がシフト」との声。

日経平均株価は57円高の29562円と高値引け、4日続伸となった。トヨタの決算を好感し大引けにかけて上昇幅を拡大。東証一部の売買代金は2兆8828億円。フィルム、ホンダが上昇。ネクソン、アドバンストが下落。新高値84銘柄(前日104銘柄)。
新安値0銘柄(前日1銘柄)。騰落レシオは124.50(前日124.12)。東証1部時価総額は722兆円(前日720兆円)。日経平均採用銘柄EPSは1214円(前日1191円)。Quick調査の2月5日時点の信用評価損率は▲8.33%。(前週▲11.61%)。

12日(金):
木曜のNY株式市場で主要3指数はマチマチの動き。NYダウは、朝高後引けはマイナス。一方S&P500とNASDAQは過去最高値を更新。NASDAQの売買高は連日50億株を超えた。上昇をけん引したのはエヌビディア(3.2%高)やインテル(3.1%高)。政府が半導体不足解消に動く姿勢は好感。

日経平均株価は42円安の29520円と5日ぶりに反落。ただ引け際に商いを伴って下落幅を縮小した。「最近の急ピッチの相場上昇への警戒から売り優勢」との解釈だ。SQ値29718円77銭は上抜けず「幻のSQ値」。
東証1部の売買代金は3兆0202億円。トヨタ、東エレが上昇。郵船、ホンダが下落。

(2) 欧米動向

1月の雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比4万9000人増。
市場予想は5万人増だった。
「コロナウイルスのパンデミックからの回復支援に政府の追加対策が必要」との解釈。
失業率は6.3%で着地。

(3)新興国動向

中国は旧正月の春節。
中国政府が新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため厳しい対策。
例年よりも多くの人が帰省を控えるなど異例の春節。
市場エネルギーは多少低下しよう。

【展望】

スケジュールを見てみると・・・。

【2月】6勝4敗、(勝率60%)
    気学では「押し目買い、弱気配ゆえ早めに利食いするのが賢明」

12日(金)オプションSQ、東京eスポーツフェスタ、ミシガン大学消費者信頼感、新月、株高の日
13日(土)NISAの日
15日(月)10-12月GDP速報値
16日(火)第3次産業活動指数、変化日
17日(水)機械受注、貿易統計、米生産者物価、小売売上高、鉱工業生産、NAHB住宅価格指数
18日(木)首都圏マンション販売、株高の日L
19日(金)消費者物価、米中古住宅販売
21日(日)水星順行

暫定SQ値は29718円77銭。
まだ「幻のSQ値」とはいえ・・・。
90年3月の33436円43銭以来31年ぶりの高水準となった。
90年3月が34167円37銭。
89年12月が38117円59銭。
89年9月の本邦初のSQ値が34283円13銭。
着々と時計の針は逆回りしている。
もっとも東証1部の時価総額は720兆円まで拡大した。
225採用銘柄のEPSは1214円。
Quick調査の2月5日時点の信用評価損率は▲8.33%。
その意味では外堀も埋まってきた。


「サイバー防衛戦略」が今夏にまとめられる。
改定は3年ぶり。
柱は「教育」。
そして「医療」。
中核となるのは9月発足予定のサイバー庁。、
そして内閣サイバーセキュリティセンター(NISC).
通信・電力・水道などの重要インフラのサイバー対策の行動計画見直すという。
株式市場にとっての隠れた材料になろうか。

【プレミアムコンテンツ】櫻井英明袋とじ 稼足銘柄02月16日号

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

【プレミアムコンテンツ】櫻井英明袋とじ 稼足銘柄 02月16日号【超プレミアム版】

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

《マーケットストラテジーメモ》 2月第2週


【推移】

1日(月):
週末のNY株式市場で主要3指数はそろって急反落。下落幅は昨年10月以来の大きさだった。きっかけはJ&Jの3.6%安。開発中の新型コロナウイルスワクチンについて有効性が66%だったと発表。ファイザーやモデルナなどの95%の予防結果に見劣りしたことを嫌気した。またヘッジファンドと個人投資家の攻防も継続。
ゲームストップなどへの個人投資家の買いが復活。ゲームストップ株は一時2倍超に値上がりし67.9%高。逆にヘッジファンドなどの売り方が踏み上げられる「ショートスクイーズ」への懸念が再燃した。

日経平均株価は427円銭高の28091円と3日ぶりに反発。25日線を上回った。寄り付きを底に上昇幅を広げる展開でほぼ高値引け。米株価指数先物が上昇したほか、香港、韓国などアジア株式相場が強含んだことも日本株の買い手がかりとなった。
東証1部の売買代金は2兆5118億円。SBG、エムスリーが上昇、TDK、味の素が下落。

2日(火):
週末のNY株式市場で主要3指数はそろって急反発。NASDAQは2.55%上昇。S&P500は1.61%上昇。昨年11月24日以来の上昇率となった。先週の大幅安の反動という見方。IT関連セクターが上昇を主導。アマゾン・マイクロソフト・アップルが買われた。急騰したゲームストップは30.8%の急落。市場の焦点は「追加経済対策を巡る協議の行方」という声もある。ISM製造業景気指数は58.7と前月の60.5から小幅に低下。日経平均株価は271円高の28362円とほぼ高値引け。好業績銘柄中心に買い物優勢の展開が継続。東証一部の売買代金は2兆5772億円。資生堂、パナが上昇。シスメックス、塩野義が下落。

3日(水):
火曜のNY株式市場で主要3指数はそろって大幅続伸。引け後に決算を控えたアマゾンとアルファベットがともに1%超上昇。アルファベット(グーグル)の売上高は568億9800万ドルで前年同期比23%増。ユーチューブを含むグーグルの広告事業が売り上げ全体の81%を占めた。
ただ2020年は12.8%の伸びにとどまり2009年(8.5%増)以来の低水準。議会民主党は1兆9000億ドルの経済対策を単独で採決の方向。「新型コロナ新規感染者が3週連続で減少したことで投資家心理は改善」との見方だ。

日経平均株価は284円高の28646円と3日続伸。新安値は今年初のゼロ、東証一部の売買代金は2兆7863億円。丸紅、郵船が上昇、エムスリー、スクリーンが下落。

4日(木):
水曜のNY株式市場で主要3指数は小動き。好決算のアルファベットが7.3%高と上昇をけん引。アマゾンは2%下落しNASDAQの下落要因。ゲームストップは2.7%高。ISM非製造業総合指数は58.7と2019年2月以来、1年11カ月ぶりの高水準。「新規規受注と雇用の伸びが加速。落ち込んでいるサービス部門が危機を脱した」という解釈。市場予想は56.8だった。

日経1面見出しは「ソニー、純利益初の1兆円」と並んで「トヨタ世界生産最高へ」。今年の日経アンケートのトップ2が並んだ。
日経平均株価は304円安の28341円と4日ぶりに反落。NY株の先物夜間取引の下落を嫌気した格好。上向きに転じた5日線(28221円)は上回った。
東証1部の売買代金は2兆8045億円。京セラ、アルプスが上昇。エムスリー、ZHDが下落。東証1部時価総額は701兆円(前日692兆円)。

5日(金):
木曜のNY株式市場で主要3指数は1%超の上昇。NYダウとS&P500は4日続伸。S&P500とNASDAQ、ラッセル2000は終値ベースの過去最高値を更新した。新型コロナウイルス経済対策の進展に対する期待感が拡大。週間新規失業保険申請件数(季節調整済み)は77万9000件。前週の81万2000件から改善。

日経平均株価は437円24銭高野28779円19銭と大幅に反発。1月25日以来の高水準を回復した。「米景気の回復期待が高まり、投資家が運用リスクを取る姿勢が強まった」との解釈だ。アジア株高や円安トレンドも追い風。決算発表で今3月期見通しを上方修正するケースが相次いでいることも好材料。
東証1部の売買代金は3兆1898億円と増加。TOPIXは終値ベースで昨年来高値を更新。リコー、マツダが上昇。古河電、パナが下落。


(2) 欧米動向

空売りレポートのシトロンは20年前に設立された。
「当時は個人投資家をウォール街や不正行為、株式販促から守るという意図があった。
その後、シトロンは目標を見失いエスタブリッシュメント(既存勢力になってしまった」とのコメント。
今後は「投資意欲の旺盛な全く新しい世代の株主による支援を活用できる企業についてアイデアを発信していく予定」。
今後はロングの調査に集中するという。
空売り推奨レポートはSNS(交流サイト)「レディット」に代表される個人投資家の行動に負けたということだ。


(3)新興国動向

中国国家統計局が発表した1月の製造業購買担当者指数(PMI)は51.3に低下。
市場予想中央値は51.6。
昨年3月以来の低水準となった。
非製造業PMIは52.4に低下。
市場予想中央値は55だった。

【展望】

スケジュールを見てみると・・・。

【2月】6勝4敗、(勝率60%)
    気学では「押し目買い、弱気配ゆえ早めに利食いするのが賢明」

 7日(日)緊急事態宣言期日、米スーパーボウル
 8日(月)景気ウォッチャー調査、朝鮮人民軍創建日
 9日(火)毎月勤労統計 
10日(水)国内企業物価指数、都心オフィス空室率、米消費者物価、財政収支、中国消費者・生産者物価、変化日
11日(木)建国記念の日で休場、中国春節(→17日)
12日(金)オプションSQ、東京eスポーツフェスタ、ミシガン大学消費者信頼感、新月、株高の日
13日(土)NISAの日

例年話題になるアメリカの個人への税還付の時期。
平時ならば30兆円程度が春先までに還付されるので株高要因となっていた。
しかし昨年はコロナ禍という乱世。
「今年もあるのか」という疑問があったが朝のストボでは「今年は期待薄」との話。
なぜなら昨年は予定納税(源泉徴収みたいなもの)が少なかったから。
当然ながら払っていないものは返してくれない。
だとすると・・・。
一人2000ドルの還付金(合計50兆円)プラス還付金(想定30兆円)への期待は少し萎む。
それでも株が上がる経験をした投資家という初心者の誕生は悪くはない。

【プレミアムコンテンツ】櫻井英明袋とじ 稼足銘柄02月09日号

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄02月23日号 プレミアム版 先行配信! 01月稼足銘柄 無料公開中!02月26日終値で154%↑ 135%↑と驚異のパフォーマンス!
02月23日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2021年】
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2020年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】4週//3週//2週/1週
【10月】5週/4週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。