EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応

Entries

《マーケットストラテジーメモ》 3月第4週



18日(月):

週末のNY株式市場で主要3指数は揃って続落。6月利下げ観測の後退が継続。アドビが13.7%下落。マイクロソフトが2.1%下落した。フィラデルフィア半導体指数(SOX)も0.5%安。週間ではNYダウが0.02%安、S&P500が0.1%安、ナスダック総合が0.7%安。小型株で構成されるラッセル2000は週間で2.1%安。先物決済のクアドラプル・ウィッチングとFTSEの見直しが重なり売買高は増加。3市場の合算出来高は187.6億株と今年最多。直近20営業日の平均は124億株。



日経平均株価は1032円高の3万9740円と大幅反発。日銀のマイナス金利解除の方向との報道を悪材料出尽くしと解釈。為替の1499円台も好感。TOPIXは3日続伸。東証プライムの売買代金は4兆6092億円。ファーストリテ、東エレが上昇。東電、帝人が下落。



19日(火):

週明けのNY株式市場で主要3指数は揃って反発。先物決済のクアドラプル・ウィッチングとFTSEの見直し通過で堅調展開。「ハイテク株を中心に買いが広がった。前週末までの2営業日で300ドルあまり下げた後での押し目買い」との解釈。



日経平均株価は263円高の40003円と反発。前日に1032円高と急伸したため、当面の利益を確定する売りが優勢。下落幅は一時300円を超えたが前引けにかけては急速に下げ渋った。後場は日銀の政策修正を受けたが、当面の修正は織り込み済みとしてブラスに。東証プライムの売買代金は5兆2007億円。デンソー、トヨタが上昇。リクルート、中外薬が下落。



21日(木):

火曜のNY株式市場で主要3指数は揃って続伸。エヌビディアが序盤の下げから切り返し、1%高。従来製品より最大30倍高速という人工知能(AI)向け旗艦チップ「ブラックウェルB200」を発表。これが好感された。ホーム・デポが2%、マクドナルド、アップルが1%超上昇。水曜のNY株式市場で主要3指数は揃って大幅続伸。FRBが金利据え置きを決定すると同時に、引き続き年内に少なくとも0.75%ポイントの利下げを想定していることを示したことを好感した。



日経平均株価は812円高の40815円と続伸。FOMC通過で買い物優勢の展開。TOPIXは5日続伸。東証プライムの売買代金は5兆9014億円。東電、コンコルディアが上昇。郵船.サッポロが下落。日経平均採用銘柄のPERは17.29倍。



22日(金):

木曜のNY株式市場で主要3指数は揃って4日続伸。揃って終値ベースの過去最高値を更新した。年内の0.25%の利下げが3回との見方が追い風。マイクロンテクノロジーが14%超上昇。ブロードコムが5.6%高。エヌビディアが1%超上昇。フィラデルフィア半導体指数(SOX)は2.3%上昇。



日経平均株価は72円高の40888円と4日続伸。連日の過去最高値更新となった。主力株に買いが先行。一時は41000円台に乗せ、史上最高値を連日で上回った。ただ過去3営業日で2100円以上上昇しており次第に利益確定売りに押され伸び悩んだ。東証プライムの売買代金は5兆2480億円。シャープ、住友不が上昇。中外薬、アドテスト下落。信託銀行は10週連続で売り越し3月配当落ちは昨年で日経平均270円程度、TOPIX26ポイント程度。



(2)欧米動向



米議会上院は1兆2000億ドル規模の2024会計年度(23年10月─24年9月)予算案を賛成多数で可決。これにより、政府機関の一部閉鎖は回避される。

半年かけて不毛のつなぎ予算採決はなくなる。



(3)新興国動向



中国商務省は1─2月の海外からの直接投資が前年比19.9%減の2151億元(300億ドル)だったと明らかにした。2023年のFDIは前年比8%減少した。

商務省によると1─2月のFDIは、ハイテク産業向けが714億4000万元と全体の3分の1。建設業への投資は前年比43.6%増加。卸売・小売業は14.5%増加した。


大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄04月16日号 プレミアム版 先行配信! 02月稼足銘柄 無料公開中!03月29日終値で155%↑ 153%↑と驚異のパフォーマンス!
04月16日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2024年】
【04月】2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【01月】4週/3週/2週/1週
【2023年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2022年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】5週/4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。