EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応

Entries

《マーケットストラテジーメモ》 3月第2週


4日(月):
週末のNY株式市場で主要3指数は揃って続伸。S&P500とナスダック総合は前日に続き終値ベースで過去最高値を更新。ナスダック総合はザラ場ベースでも過去最高値を更新した。背景は「人工知能(AI)への期待からテクノロジー株への買いの継続」。国債利回りの低下も好感した格好。日経平均株価は198円高の4万0109円23銭と続伸。上昇幅は400円を超えた場面があった。終始4万円台をキープし大引けベースでも史上初の4万円台に乗せ。東証プライムの売買代金は5兆3879億円。ルネサス、三井E&Sが上昇。川崎汽、東電が下落。日経平均採用銘柄のEPSは2387円と過去最高を更新。

5日(火):
週明けのNY株式市場で主要3指数は揃って反落。もっともAI関連製品への需要拡大期待からエヌビディアなど半導体銘柄が買われた。S&P500は取引時間中の最高値を更新。ただ、全体的には経済指標発表を控えて慎重ムードが強かった。「株価が最高値を更新する中で、機関投資家も個人投資家も乗り遅れの恐怖を幾分感じている」。そんな声もある。

日経平均株価は11円安の4万97円と反落。前日のNY株式相場が下落した流れで日本株も利益確定売りに押された。一時270円ほど下げる場面があったが一時プラスに転じ120円ほど上昇した場面もあった。東証プライムの売買代金は5兆1039億円。デンソー、ニトリが上昇。ダイキン、アステラスが下落。

6日(水):
火曜のNY株式市場で主要3指数は揃って1%超の続落。アップルが2.8%下落。今年第1─6週の中国でのiPhone販売が前年比24%減少したとの調査リポートを嫌気した。ィラデルフィア半導体指数(SOX)は約2%安。テスラが3.9%安。一方、小売大手ターゲットは通期の既存店売上高見通しを好感して12%急伸。

日経平均株価は6円安の4万90円と続落。ただ、後場はブラスに転じた時間帯が多かった。TOPIXは続伸。東証プライムの売買代金は5兆1232億円。トヨタ、東エレが上昇。ファストリ、TDKが下落。

7日(木):
水曜のNY株式市場で主要3指数は反発。2月のADP全米雇用報告で民間部門雇用者数の増加数が14万人。市場予想(15万人)を下回った。 1月雇用動態調査(JOLTS)の求人件数は2万6000件減の886万3000件。

日経平均株価は492円安の3万9598円と続落。4日ぶりに終値で4万円を下回った。下落幅は一時500円を超え今年最大。米国株高を受けて寄り付きは反発。一時終値ベースの史上最高値の40109円を上抜けた場面もあった。ただ日銀の金融政策への警戒感から売り物優勢の展開となった。1ドル148円台も逆風。東証プライムの売買代金は5兆9212億円。川重、安川が上昇。スクリン、レゾナックが下落。

8日(金):
木曜のNY株式市場で主要3指数は大幅反発。1月の貿易収支の赤字額は前月比5.1%増の674億ドル。財(モノ)の輸入増が赤字幅拡大につながった。週間新規失業保険申請件数(季節調整済み)は横ばいの21万7000件。市場予想は21万5000件だった。

日経平均株価は90円高の3万9688円と4日ぶりに反発。一時下げるなど方向感に欠く展開。午後に日経平均の上げ幅は400円に迫った。 東証プライムの売買代金は概算で6兆3949億円と2月16日以来の高水準。売買高は22億3578万株。メジャーSQで膨らんだ。SBG、信越化が上昇。ダイキン、トヨタはが下落。

(2)欧米動向

2月の雇用統計で非農業部門雇用者数は前月比27万5000人増加。
市場予想(20万人増)を上回った。
ただ、過去2カ月分の雇用の増加数が合計16万7000人下方修正。
失業率は約2年ぶりの水準に上昇。

(3)新興国動向

中国の2月の消費者物価指数(CPI)は前年比0.7%上昇。
CPIの前年比上昇率は市場予想の0.3%を上回り、11カ月ぶり高水準を記録。
豚肉、生鮮野菜など主要な食料品のほか、春節前後の需要増に伴い旅行の価格が上昇した。
一方、生産者物価指数(PPI)は前年比2.7%下落。
下落率は1月(2.5%)から拡大した。
PPIの下落は1年半以上続いている。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄04月16日号 プレミアム版 先行配信! 02月稼足銘柄 無料公開中!03月29日終値で155%↑ 153%↑と驚異のパフォーマンス!
04月16日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2024年】
【04月】2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【01月】4週/3週/2週/1週
【2023年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2022年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】5週/4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。