EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応

Entries

《マーケットストラテジーメモ》 3月第2週


6日(月):
週末のNY株式市場で主要3指数は揃って1%超の大幅高。NASDAQは2%近く上昇した。FRBが金利高政策を予想以上に長期的に維持するとの見方が後退。国債利回りの低下が追い風になった。週間では3指数とも上昇。S&P総合500が4週間ぶりの上昇。50日移動平均線と200日移動平均線を上抜けた。NYダウは週間で1月下旬以来の上昇。ISM非製造業総合指数(NMI)は55.1と1月の55.2からわずかに低下。新規受注と雇用が1年超ぶりの高水準となった。

日経平均株価は310円高の28237円と続伸。前週末の米株式相場昇を受けて、グロース(成長)株をはじめとして幅広く買い物優勢の展開。昨年12月15日以来約2カ月半ぶりに28000円台を回復した。東証プライムの売買代金は2兆7449億円。ソニー、SBGが上昇。出光興産、コンコルディアが下落。ボリンジャーのプラス3σ(28180円)を上抜けた。

7日(火):
週明けのNY株式市場で主要3指数はマチマチの動き。NYダウは4日続伸。S&P500は小幅続伸。GSが「買い」としたアップルが一時3%超上昇し相場を支えた。ただパウエルFRB議長の議会証言を控えて様子見ムードが強かった。NASDAQ総合株価指数は3日ぶりに反落。1月の製造業新規受注は前月比1.6%減少。

日経平均株価は71円高の28309と3日続伸。先高観を背景にした断続的な買いが株価指数先物に入り、相場を押し上げた。TOPIXも上昇。2022年1月5日に付けた昨年来高値(2039)を上回った。東証プライムの売買代金は2兆7872億円。神戸鋼、オークマが上昇。日清粉G、三菱重が下落。

8日(水):
火曜のNY株式市場で主要3指数は揃って1%超の下落。NYダウが1.7%安、S&P500が1.5%安、NASDAQが1.3%下落。背景はパウエルFRB議長の議会証言。「インフレ抑制に向けてより強い措置が必要であることがデータで示されれば、利上げのペースを加速する用意がある」。

これを受けて今月のFOMCで0.5%利上げ観測が高まった。短期金利先物市場が織り込む0.50%利上げ確率は70%超。前日の約31%から上昇した。2年債利回りが10年債利回りを上回る「逆イールド」が加速。マイナス幅は一時0.105%と1981年以来40年超ぶりの水準に拡大。10年国債利回りは3.969%。2年国債利回りは5.014%。2007年7月以降初めて5%台に上昇した。ドル円は137円台前半。

日経平均株価は136円高の28444円と4日続伸。前日の米株安を引き継ぎ、朝方は売りが先行。円安・ドル高が進んでいることが背景のほどなく上昇に転じた。東証プライムの売買代金は2兆7202億円。ファストリテ、高島屋が上昇。住友鉱、日産自が下落。

9日(木):
水曜のNY株式市場で主要3指数はマチマチの動きながら下げ止まり。テスラが下落。バークシャー・ハザウェイ株式保有比率を22.2%に引き上げたことが材料。地区連銀経済報告(ベージュブック)は「2023年初に全体的な経済活動はわずかに増加した」。「インフレ圧力は引き続き広範囲に及んでいるが、多くの地区で緩やかになった」と指摘。2年国債と10年国債のイールドギャップはマイナス0.109%。1981年以来最も大きくなった。

日経平均株価178円高の28623円と5日続伸。2022年8月26日以来約6カ月半ぶりの高値水準を回復した。TOPIXは5日続伸。21年9月28日以来、およそ1年5カ月ぶりの高値で終えた。東証プライムの売買代金は2兆8807億円。アドテスト、信越化が上昇。ファストリ、東レが下落。

10日(金):
木曜のNY株式市場で主要3指数は揃って大幅下落。NASDAQ総合が2%超、S&P500とNYダウも2%近い下落。「雇用統計発表を翌日に控え、大幅な賃金上昇でインフレ懸念が高まるとの警戒感が強かった」との解釈。バイデン米大統領東部ペンシルベニア州を訪問し2024会計年度の予算教書を発表した。歳出総額は6兆8000億ドルに増加する見込み。中国に対抗するためインド太平洋地域の経済強化やパートナー国支援に向け20億ドルの支出要求が盛り込まれた。ロシアによるウクライナ侵攻などを踏まえ、国防費も増額。年収40万ドル以上の富裕層に対する増税。

日経平均株価は479円安の28143円と6日ぶりに反落。SQ値28377万円は一時上回った場面があった。東証プライムの売買代金は4兆1566億円。積水ハウス、大日印昇が上昇。セブンアイ、ソニーが下落。

(2) 欧米動向

BofAセキュリティーズの7付の顧客フローリポート.
同社の顧客は先週(2月17日〜3月3日)の1週間に米株を7億1000万ドル買い越した。
4週ぶりに買い越しに転じた。
主体別動向ではヘッジファンドが10億5800万ドル買い越し。
4週ぶりに買い越しに転じた。
機関投資家は8億8600万ドル買い越。
週ぶりに買い越しとなった。
個人投資家は15億7600万ドルの売り越し。
2週続けて売り越しだった。
企業の自社株買いは11億4100万ドル。
S&P500の時価総額に占める自社株買い額は年初来で0.444%。
昨年同時点(0.049%)に引き続き肉薄。
「自社株買いは過去5週間、典型的な季節的傾向を下回っている。
新たな自社株買いの発表は少ない」という。

(3)新興国動向

週末の中国・香港株式市場は大幅続落。
上海総合指数終値は46.0171ポイント(1.40%)安の3230.0766。
週間では2.95%下落し2カ月超ぶりの下げ幅となった。
ハンセン指数終値は605.82ポイント(3.04%)安の19319.92。
11週間ぶりの安値を記録した。
週間では6%安と約4カ月ぶりの大幅な下落。


【展望】

【3月】(5勝5敗:勝率50%:7位)《後半高》
戻りはただちに売り直せ。月末小高い。

12日(日)米夏時間入り
13日(月)法人企業景気予測調査、マスクは個人の判断に方針変更、中国全人代閉幕株安の日、変化日
14日(火)米消費者物価
15日(水)訪日外客数、春闘集中回答日、米小売売上高、生産者物価、NY連銀製造業景気指数、対米証券投資、NAHB住宅価格、国際貿易委員会(対中追加関税による影響報告書、中国各種経済指標、株高の日、3月最強の日
16日(木)貿易収支、機械受注、首都圏マンション販売、日韓首脳会談、米輸出入物価、住宅着工件数、NY連銀ビジネスリーダーズサーベイ、フィラデルフィア連銀製造業景況感、ECB理事会、3月最弱の日
17日(金)第三次産業活動指数、米クァドラプル・ウィッチング、鉱工業生産、
ミシガン大学消費者信頼感、FTSE日本指数指半期リバランス発表
18日(土)東急・相鉄が新横浜駅開業、オフピーク定期券導入
20日(月)日銀副総裁就任予定、上げの特異日、FTSE半期リバランス実施
21日(火)春分の日で休場、米FOMC(→22日)、中古住宅販売、独ZEW景況感、
22日(水)パウエルFRB議長会見、フィギアスケート世界選手権(さいたまス─パーアリーナ→26日)、バンコク国際モーターショー、ラマダン入り(→4月21日頃)、株高の日L
23日(木)熊本空港新ターミナル開業、EU首脳会議(ブリュッセル→24日)、変化日
24日(金)消費者物価、米耐久財受注
26日(日)欧州が夏時間入り
27日(月)企業向けサービス価格指数、文化庁京都へ移転、パスポート更新の電子化開始、独IFO景況感、3月最弱の日
28日(火)米CB消費者信頼感、S&P住宅価格指数、FHFA住宅価格指数
29日(水)3月権利付き最終日、米中古住宅販売仮契約、株安の日L
30日(木)プロ野球開幕、米GDP確定値、変化日
31日(金)東京都区部消費者物価、失業率、鉱工業生産、商業動態統計、米個人所得、中国各種PMI、株安の日
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄04月16日号 プレミアム版 先行配信! 02月稼足銘柄 無料公開中!03月29日終値で155%↑ 153%↑と驚異のパフォーマンス!
04月16日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2024年】
【04月】3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【01月】4週/3週/2週/1週
【2023年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2022年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】5週/4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。