EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト


03_katakome41.jpg


<兜町カタリスト>



「最後の微調整は人間」



米国株式市場は続落。

NYダウとS&P500は25日移動平均を割り込んだ。

ヘルスケア関連と消費消費関連セクターの下落が目立った。

いい加減に聞き飽きたジャクソンホールの話題。

カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁とダラス地区連銀のカプラン総裁がタカ派的な発言。

「もともと低金利では中央銀行の立場が薄くなることから本来の立ち位置に自分を戻したいだけ」。

そんな穿った見方も登場し始めた。

肝心のイエレン議長の講演は今夜11時からの予定。

株価が続落したのも7年債に対する需要が低減したのもジャクソンホールを待つ姿勢。

妙に変な状況になってきた。

7月の耐久財受注統計。

非国防資本財から航空機を除いたコア受注が前月比1.6%増と2カ月連続で増加。

20日までの週の新規失業保険週間申請件数は3週連続の減少。

少なくとも景気指標は悪くない。

数年前に耐久財受注が悪化したことを材料に株価が大幅安した。

そんなことなどすっかり忘れているのがマーケット。

ジャクソンホールも通過してしまえばあと1年また忘れ去られれるのだろう。

26日発表予定の第2四半期のGDP改定値を待つ姿勢もあろうか。



昨日後場は日銀のETF買い期待で一時プラス圏。

その後は期待が剥落して結局は小幅安。

しかし日銀はETFを707億円買っていた。

前場のTOPIXの下落率は0.32%、日経平均は0.25%安。

TOPIXの0.2%台の下落ではETFを買わなかった。

日経平均の0.2%台の下落は買うということになったのだろうか。

とはいえ上値を買わない買い手の存在は下支えでしかないのも現実。

過度の期待はしない方がよさそうだ。

気迷い商状は東証1部売買代金の4日連続2兆円割れに表現されているとおり。

「東証1部の値上がり銘柄数、値下がり銘柄数を見れば値上がりの方が多い。

業種別指数では22対11で圧倒的に値下がり業種の方が多い。

新高値銘柄と新安値銘柄は27で同数というチグハグな市況」という声が聞かれる。

25日移動平均(16573円)近辺でのもみ合いが続いて6日。

どちらかに放れる時期はそろそろ熟してきたと見ても良かろう。

7月21日高値(16938円)を起点とした揉み合い。

市場心理はこれにそろそろ飽きてきたころだろう。

ジャンプのためにすくみが必要なのかどうかのところ。

もっとも下では75日線(16342円)がサポートしていると考えたい。

225先物大証夜間取引終値は16510円。

まずは割り込んだ25日線の復活が待たれるところ。

8月第3週の東証投資主体別売買動向で外国人は2週ぶり売り越し(1667億円)。

個人は2週ぶり買い越し(766億円)。

信託銀行は5週連続買い越し(1079億円)。

東証マザーズ指数は3日ぶりに反落したものの日経ジャスダック平均は4日続伸。

東証2部指数は続伸。

個別優先の時期なのだろう。



ロボットが肉体労働を代替してAIが精神労働を代替してくれる世界。

きっとそんな世の中になるのだろう。

あるIT企業のトップは「AIがどんなに進化しても最後の微調整は人間作業」と言っていた。

創造的な仕事はたぶん人手に依存するのだろう。

しかし単純作業から解放された人間は何をするようになるのか。

空いた時間はゲームに没頭なんて笑えない時代が来るのかも知れない。



スケジュールを見てみると・・・



26日(金):米GDP改定値、英GDP改定値、ジャクソンホールでイエレン議長講演

週末:アフリカ開発会議(ナイロビ)

29日(月):米個人支出

30日(火):有効求人倍率、家計調査、米CB消費者信頼感

31日(水):鉱工業生産、米ADP雇用統計、シカゴ購買部協会景気指数

1日(木):法人企業統計、Fマートとユニーが経営統合、米ISM製造業景況感、

      中国製造業PMI

2日(金):マネタリーベース、消費動向調査、米雇用統計、貿易収支、製造業受注指数



◇━━━ カタリスト ━━━◇



デンソー(6902)・・・動兆



デンソーに注目する。

同社はトヨタ系の国内最大の自動車部品メーカー。

2020年までに全世界の工場にIoT導入の方向。

画像認識技術や産業用ドローン進出に期待感。

QRコードの世界標準化にも期待。




(兜町カタリスト櫻井)



大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 11月21日号 プレミアム版 先行配信! 9月稼足銘柄 無料公開中!10月31日終値で187%↑ 132%↑と驚異のパフォーマンス!
11月21日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

相場手控え 発売中

11月20日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2017年】
【10月】1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


■25(月)
【国内】
安部首相が会見 衆院解散表明の見通し
9月月例経済報告
《決算発表》
大光、あさひ

【海外】
米8月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米9月ダラス連銀製造業活動指数(23:30)
独9月Ifo景況感指数(17:00)
《米決算発表》
カーニバル・コーポレーション

■26(火)
【国内】
8月企業向けサービス価格指数(8:50)
7月19・20日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
40年国債入札
9月末権利付き最終日
《決算発表》
ライトオン

【海外】
イエレンFRB議長講演
米7月S&Pコアロジックケースシラー住宅価格指数(22:00)
米8月新築住宅販売件数(23:00)
米9月CB消費者信頼感指数(23:00)
米9月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米2年国債入札
《米決算発表》
マイクロン・テクノロジー、ナイキ


■27(水)
【国内】
《決算発表》
ニトリHD、西松屋チェーン

【海外】
米8月耐久財受注(21:30)
米8月中古住宅販売仮契約(23:00)
米5年国債入札

■28(木)
【国内】
臨時国会召集、冒頭に衆院解散の見通し
2年国債入札
《決算発表》
ハイディ日高、スター精密

【海外】
NZ準備銀行金融政策決定会合
米4-6月期GDP確定値(21:30)
米8月卸売在庫(21:30)
米9月カンザスシティ連銀製造業指数(9/29 0:00)
米7年国債入札
《米決算発表》
アクセンチュア、マコーミック、コナグラ・ブランズ

■29(金)
【国内】
8月消費者物価(8:30)
8月失業率・有効求人倍率(8:30)
8月家計調査(8:30)
8月鉱工業生産(8:50)
8月商業動態統計(8:50)
8月住宅着工件数(14:00)
9月20・21日開催の日銀金融政策決定会合「主な意見」
《決算発表》
アダストリア、ハローズ、DCM、ミルボン、ストライク、スギHD、ケーヨー

【海外】
日中国交正常化45周年
財新中国9月PMI製造業(10:45)
英4-6月期GDP確報値(17:30)
米8月個人所得(21:30)
米8月個人支出(21:30)
米9月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)

※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。