EIMEI.TV 配信拡大!!日本最大規模OCNのパソコンサイトにOPEN!! OCN ビジネスデータにアクセス!
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

08月23日 相場展望(寄り付き前)

march03_002.jpg 1009K.jpg
【オープニングコメント】
23日の東京株式市場は、引き続き模様眺め気分が広がりそうだ。
日経平均株価の予想レンジは、1万6400円-1万6700円を想定する。
手掛かり材料に乏しいなか、NYダウは26日のイエレンFRB議長の講演を控え高値圏でのもみ合いが続き、外部要因からの後押しは期待しづらい。上値を追う投資家もみられず、個別株への物色で幕間をつなぐ展開となりそう。
下値不安が小さくなっている出遅れ銘柄の押し目買いに妙味があると考える。
一方で、日銀が追加金融緩和で、上場投資信託(ETF)買い入れ額の倍増を決めて以降は、毎日買い入れ思惑を考慮することになり、思い切った売りも出しづらい地合いとなっている。

主要外国証券経由の注文動向は、売り1080万株、買い1030万株で、差し引き50万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額は買い越し。
売りセクターに、通信、自動車、銀行、証券、不動産、建設、食品、ゴム、電機、保険、情報通信、精密、その他製品など。買いセクターに、保険、非鉄、建設、自動車、食品、薬品、金属など。

【好材料銘柄】
■チエル <3933>
9月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施する。最低投資金額は現在の2分の1に低下する。

■ガーラ <4777>
ゲームアプリ「Arcane(アーケイン)」英語版がカナダでApp store RPG(無料)部門の1位を獲得。

■イード <6038>
提携先のレイ・フロンティアと資本業務提携し、AI技術を活用した自動車ビッグデータ解析サービス「モビリティ・フロンティア」を共同開発する。

【予定】
23(火)
【国内】
黒田日銀総裁講演(13:00:第1回フィンテックフォーラム)
20年国債入札

【海外】
米8月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米7月新築住宅販売件数(23:00)
7月北米半導体製造装置BBレシオ
米2年国債入札
《米決算発表》
ベストバイ、インチュイト、JMスマッカー


※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。


【市況】ダウ小幅続落 23ドル安 利上げ観測が重荷

ny4.jpg 【NY概況】
22日の米株式市場ではNYダウ平均が小幅に続落し、前週末比23ドル15セント安の1万8529ドル42セントで終えた。

昨日、フィッシャーFRB副議長がインフレ目標の達成に楽観的な姿勢を示したほか、米経済の改善に言及したことで利上げ観測が拡大し売りが先行。原油安も嫌気されたものの、週後半に開催される金融・経済シンポジウムでのイエレン議長(FRB)の講演内容を見極めたいとの思惑もあり、売り買いの交錯する展開となった。

ダウ平均は取引開始後まもなく85ドル安まで下げ幅を広げる場面があった。
様子見ムードが強かったこともあり、午後にかけては売りの勢いが鈍った。利上げ観測が意識されても米長期金利が上昇しなかったこともあって市場心理の悪化に歯止めがかかった。夏季休暇シーズンで市場参加者が少なかったとの指摘もあり、商いが盛り上がらなかった。

ナスダック総合株価指数は小反発し同6.225ポイント高の5244.603で終えた。

セクター別では、消費者・サービスや不動産が上昇する一方でエネルギーや運輸が下落した。

身売りを発表したコンビニのCSTブランズも下げた。ダウ平均ではアップルや日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が安い。

バイオ医薬品のメディベーション(MDVN)は医薬品のファイザー(PFE)による140億ドルの買収で合意し、大幅上昇、製薬のファイザー(PFE)は小幅安。日本の半導体ルネサスエレクトロニクスへの身売り交渉が明らかになった同業のインターシルも大幅上昇。ダウ平均ではクレジットカードのビザや航空機のボーイングが上げた。

NYダウ工業株30種(ドル)
18,529.42 -23.15
S&P500種
2,182.64 -1.23
ナスダック
5,244.603 +6.225



98b7326e8b408c4aa688419c03539c0c_s.jpg 【シカゴ日本株先物概況】

シカゴ日経平均先物は小反発した。9月物は前週末比70円高の1万6545円で取引を終えた。22日の大取終値を25円下回った。
日銀の黒田東彦総裁の発言などが伝わり、円が小幅続落して買いを支えた。一方で近いうちの米利上げの思惑は根強く、米株とともに相場の下押し材料になった。26日にイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を控え、市場には様子見ムードが強い。
この日の9月物高値は1万6615円、安値は1万6480円だった。

シカゴ日経225先物9月限 (円建て)
16545 ( -25 )
シカゴ日経225先物9月限 (ドル建て)
16550 ( -20 )
( )は大阪取引所終値比


【19日の欧州株式市場】

イギリス・ロンドン株価指数
FTSE100 6828.54(-30.41)
FTSE100種総合株価指数は続落。前週末終値に比べ30.41ポイント安の6828.54で引けた。資源株が指数の下落を主導し、構成銘柄の半数以上が下落した。金属、原油相場が下落し、資源株の売りにつながった。

ドイツ・フランクフルト株価指数
DAX 10494.35(-50.01)
ドイツ株式指数(DAX)は続落。終値は前週末比50.01ポイント(0.47%)安の10494.35だった。鉄鋼のティッセン・クルップ、ドイツ取引所が安かった。一方、透析器大手のフレゼニウス・メディカル・ケアと電力株が上昇した

フランス・パリ株価指数
CAC40 4389.94(-10.58)

大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月19日号 プレミアム版 先行配信! 5月稼足銘柄 無料公開中!6月30日終値で335%↑ 242%↑と驚異のパフォーマンス!
09月19日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

株式透視論2017 発売中

09月19日号[配信中]
07月19日号[配信中]

4月27日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
2016年08月09日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年05月19日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年04月28日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年03月29日 櫻井英明氏 株式講演会
クレカ決済対応
■FREE アーカイブ

【3STEP 購入説明】
【手軽!コンビニ払い】

【2017年】
【9月】3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


18日(月)
●国内
敬老の日
■海外
米9月NAHB住宅市場指数(23:00)

19日(火)
●国内
《決算発表》
ツルハHD、アークランド
■海外
独9月ZEW景況感指数(18:00)
FOMC(~9/20)
米8月住宅着工件数(21:30)
米4-6月期経常収支(21:30)
米8月輸出入物価(21:30)
米8月建設許可件数(21:30)

20日(水)
●国内
日銀金融政策決定会合(~9/21)
8月貿易統計(8:50)
8月訪日外客数(16:00)
《決算発表》
クスリのアオキ
■海外
イエレンFRB議長会見(景気見通し改定)
米8月中古住宅販売件数(23:00)
《米決算発表》
フェデックス、アビドシステムズ

21日(木)
●国内
黒田日銀総裁会見
7月全産業活動指数(13:30)
東京ゲームショウ2017(~9/24)
■海外
米9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)
米7月FHFA住宅価格指数(22:00)
米8月CB景気先行総合指数(23:00)
米10年インフレ連動国債入札
休場:インドネシア

22日(金)
●国内

■海外
《米決算発表》
カーマックス
休場:マレーシア


※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。