EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト

03_katakome41.jpg
<兜町カタリスト>

「機が熟せば」

NY株式市場は小幅反発。
一時下落局面もあったが上昇材料は午後に公表された7月のFOMC議事要旨。
利上げの是非をめぐり意見が分かれていたことから早期利上げ観測が後退。
「市場はFOMCが利上げのタイミングを誤るのではないかと危惧している」という声も聞こえる。
しかし大統領選を前に利上げを行うほどFOMCも愚かではなかろう。
しかし常識論に立てば早くて12月。
利上げをめぐってああだこうだと床屋政談を繰り返すのは洋の東西を問わない。
結論のない不毛の議論を高等遊民のように反復するのが市場の特性でもある。
足元ではS&P500採用銘柄の9割が決算を通過。
78%で利益が予想を上回り、56%で売上高が予想を上回った。
利益は予想を上回って推移しているがアナリスト予想はなお2.5%減益見通し。
7~9月期については0.8%の減益予想。
「もしそうなればリーマンショック以降最長の6四半期連続減益」という指摘。
減益は続いても指数は市場最高値というパラドックの背景は、景気回復期待なのだろう。

3日ぶりに反発したのが昨日の東京株式市場。
99円台→101円の為替動向が好感されたとの解釈だった。
基調としては「買い戻しのリバウンド」だった印象。
興味深かったのは昨日朝方の非公式外資系動向。
売り1050万株/買い750万株。
金額ベースは48億円の売り越しで9日ぶりの売り越しだった。
しかし指数は反発しての動き。
もともとアテにならない数字とわかっていながら毎朝見る習慣は抜けないものである。
指数寄与度の高い銘柄の上昇も目立った。
一方東証1部の低位中小型銘柄や東証2部銘柄が乱舞しているところもあった。
日経レバの売買代金が低下してきた一方で個別銘柄の値幅取りの動きがでてきているのだろう。
先週末のSQ値16926円を終値で抜けない時間が4日連続。
8月がSQ高値で終わるかどうかの正念場となろうか。
もっとも昨日の動きを見ても25日線(16546円)が下値をサポートしているのが現実。
8月12日に75日線を上抜けゴールデンクロスした余力は残っている。
一目均衡の雲は30日に白くねじれているから月末期待となる可能性もある。
8月第2週の裁定買い残は1718億円減少しわずか4734億円。
7年5ヶ月ぶりの低水準となった。
東日本大新震災の時よりも少なくほぼリーマンショック直後の水準。
明らかに解消売りはもう出ない域だ。
それでも売りが増加するなら、マイナス金利の悪弊とでも言えるだろう。
225先物大証夜間取引終値は16670円。
小幅安の展開となりそうな気配。
となると後場の日銀ETF買いへの期待もまた出てこようか。

7月の訪日観光客は229万人で過去最多。
中国からは27%増、韓国からは30%増、
いずれも過去最高でこのままなら11月に2000万人を越えるとの見通し。
あとは海外マネーが市場に来てくれればいい。
そして「猛暑が潤す。飲料、めんつゆ、制汗剤販売好調」の見出し。
消費の不透明の中でも必要なものは売れている。
「夏は暑く冬が寒く」が相場の常識。
これは明治以降変わっていない筈。
月末金曜の早帰りイベントよりも効果は大きい。
そして特別会計の借入金利はゼロ%まで下げる方針。
財投の金利も引き下げ予定。
昨日、富士ゴルフコースで首相は麻生財務相と財務次官とプレイ。
財務省も味方につける動きをしている印象。

どんなに好材料があっても、どんなに好業績であっても機が熟さなければ株は上がらない。
要はタイミングということだろう。
「潮目をみる大切さ」とでもいうのだろう。
あるいはどんなにボロ株で悪材料ばかりでも、これも機が熟せば反発上昇する。
巧みな市場関係者の得意技はこの「機を見るに敏」な動き。
動き始めた列車に飛び乗る技術を会得することは必要だろう。
どんなに良い株も孤高で唱えては犬の遠吠え。
しかし遠吠えだっていつか集まれば歓声に変わる筈。

NYダウは21ドル高の18573ドルと反発。
NASDAQは1ポイント高の5228ポイント。
S&P500は4ポイント高の2182ポイント。
ダウ輸送株指数は31ポイント高の7882ポイント。
3市場の売買高は約64億株とやや増加。
CME円建ては大証比90円安の16660円。
ドル建ては大証比70ポイント安の16680ポイント。
大証夜間取引終値は16670円。
ドル円は100.24円。
10年国債利回りは1.549%。
非公式外資系動向は売り700万株/買い760万株。
金額ベースは28億円の売り越し(2日連続)。
売りは薬品・通信・陸運・精密セクターなど。
買いは非鉄・食品・サービス・機械・鉱業セクターなど。
売買交錯は銀行・不動産・電機セクターなど。


◇━━━ カタリスト ━━━◇

グリーンペプタイド(4594)・・・動兆

グリーンペプタイドに注目する。
同社は久留米大学発の創薬ベンチャー。
テーラーメイドのがん免疫治療用ペプチドワクチンを開発
がんペプチドワクチンITK1が欧州特許庁から特許査定を受けており好感。
治験負担等は重いが第1四半期の赤字幅は縮小。

(兜町カタリスト櫻井)
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月22日号 プレミアム版 先行配信! 7月稼足銘柄 無料公開中!8月31日終値で180%↑ 190%↑と驚異のパフォーマンス!
09月22日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

09月21日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【9月】3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。