EIMEI.TV 配信拡大!!日本最大規模OCNのパソコンサイトにOPEN!! OCN ビジネスデータにアクセス!
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト

03_katakome41.jpg
<兜町カタリスト>

「木を追う時期」

NYダウは90ドル安の18313ドルと7日続落。
NASDAQは46ポイント安の5137ポイントと6日ぶりの反落。
S&P500は13ポイント安の2157ポイントと約1カ月ぶりの大幅な下げとなった。
「バレル40ドル台を割れ込んだ原油安。
予想を下回る自動車販売からの景気懸念」との解釈。
自動車販売減はおまけみたいな印象が残る。
個人所得が予想よりも低い伸びだったことも悪材料視された。
ただ個人消費支出が市場予想をやや上回る伸びだったことは見えないフリ。
「S&P500の予想PERは18.3倍と約10年ぶりの高水準」という高値警戒感が背景にあることは否めない。
欧州株の下落を受けたというのが素直な解釈だろう。
ドラッグストアのCVSヘルス、医薬品のバイオジェンが上昇。
自動車セクター、医薬品のファイザーが下落。
アップルがハイテクセクターの足を引っ張った。

10年国債入札に絡んだ債券相場の急落。
債券離れよりも金融市場の混乱を警戒した形での安値引けとなった昨日の東京株式市場。
原油安まで悪材料視されての全面安となった。
麻生財務相・黒田日銀総裁会談は政府と日銀の連携を演出するのが目的だったが不発の印象だった。
引け後に発表された日銀のETF購入額は347億円。
「従来のレベルから増えておらず疑心」との声が聞かれるが、財務省と金融庁の増額認可がおりたのは昨日。
6兆円への増額適用は3日からだから今日の動きに注目というところだろうか。
IMFは日本経済に関する年次審査スタッフ報告書を発表。
「日本政府は財政刺激策と日銀による追加金融緩和策を連携させるべき」との見解を示した。
ただ、あとの祭りみたいな印象。
日経平均株価の25日移動平均からのカイ離はプラス1.72%。
75日線16392円は割れ込んでおり25日線攻防戦となろう。
「7月8日安値と同月21日高値の半値押しの水準となる1万6022円近辺までの調整」
という可能性も指摘される。
大証225先物夜間取引終値は16120円。
シカゴ終値の16095円からはやや戻してはいるが大幅なマイナス水準。
空売り比率は42.0%で8日連続40%超。
これは気にかかるところ。
救いは日経平均採用銘柄のEPSが1202.60円と増加したこと。
ポイントは債券動向。
マイナス0.025%まで上昇した10年国債利回りはさらに上昇するのかどうか。
基本はマイナス金利拡大→株高、マイナス金利縮小→株安なのだろう。
しかし応用編は金利上昇→株高という路線。
結構微妙な均衡となる。
東証マザーズ、日経ジャスダック平均は昨日まで3日続伸。
また森でなく木を追う時期だろうか。

IMFのチームリーダー氏(外国人)のコメント。
政府の新たな経済対策について、国内景気見通しを「やや改善」させる。
ただ、全面的な効果を評価するには時期尚早。
政策オプションの一環として景気刺激策を位置づける必要がある。
日本政府は、消費税率を段階的に引き上げ、社会保障支出に明確な上限を設け、財政規律を回復する姿勢を示す必要がある。
これらの政策が完全に実行されなければ、成長やインフレが鈍化し、今後の政策余地も狭まることになる。
政府があらゆる政策手段を講じる必要がある。
例えば資産買い入れ、追加的な預金金利の小幅引き下げなど。
需要下支えに向け、一段と持続的で、バランスが取れた協調策を打ち出すべき。
賃金引き上げを促し、縮小しつつある労働力供給の押し上げに向けた措置を講じるべき。
財務相の代弁のようでもあり、そうでもないような・・・。
大規模緩和について「長期化すれば金融システムへのリスクが増加」というのが公式見解。
代替策をとるべきだとも公式には指摘している。
でもチームリーダー氏は追加利下げまで要求しているのはどこか不可解。
利下げで儲かるのは財務相そのものとの印象が残る。
相変わらず消費税は15%まで段階的に引き上げるベきともしている。

7月末のNY株式市場の時価総額ランキング。

アップル:5691億ドル
アルファベット(グーグル):5390億ドル)
マイクロソフト:4457億ドル
エクソン:3660億ドル
アマゾン:3658億ドル
フェイスブック:3594億ドル
エクソン以外はハイテク関連銘柄。
そしてものをつくるのではなくものを使ったソフトを提供している企業。
これがNY市場の現実だし、いずれ日本にも訪れる事態だろうか。
いつまでもトヨタ、三菱UFJの時代ではないような気がする。
この新陳代謝力がNY市場の強さでもある。

◇━━━ カタリスト ━━━◇

レオパレス21(8848)・・・動兆

レオパレス21に注目する。
同社は単身者向けアパートの建築請負と転貸が中核。
法人需要の拡大で業績は好調。
復配増配は好材料。
リバウンド期待。

(兜町カタリスト櫻井)
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月19日号 プレミアム版 先行配信! 5月稼足銘柄 無料公開中!6月30日終値で335%↑ 242%↑と驚異のパフォーマンス!
09月19日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

株式透視論2017 発売中

09月19日号[配信中]
07月19日号[配信中]

4月27日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
2016年08月09日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年05月19日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年04月28日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年03月29日 櫻井英明氏 株式講演会
クレカ決済対応
■FREE アーカイブ

【3STEP 購入説明】
【手軽!コンビニ払い】

【2017年】
【9月】3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


18日(月)
●国内
敬老の日
■海外
米9月NAHB住宅市場指数(23:00)

19日(火)
●国内
《決算発表》
ツルハHD、アークランド
■海外
独9月ZEW景況感指数(18:00)
FOMC(~9/20)
米8月住宅着工件数(21:30)
米4-6月期経常収支(21:30)
米8月輸出入物価(21:30)
米8月建設許可件数(21:30)

20日(水)
●国内
日銀金融政策決定会合(~9/21)
8月貿易統計(8:50)
8月訪日外客数(16:00)
《決算発表》
クスリのアオキ
■海外
イエレンFRB議長会見(景気見通し改定)
米8月中古住宅販売件数(23:00)
《米決算発表》
フェデックス、アビドシステムズ

21日(木)
●国内
黒田日銀総裁会見
7月全産業活動指数(13:30)
東京ゲームショウ2017(~9/24)
■海外
米9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)
米7月FHFA住宅価格指数(22:00)
米8月CB景気先行総合指数(23:00)
米10年インフレ連動国債入札
休場:インドネシア

22日(金)
●国内

■海外
《米決算発表》
カーマックス
休場:マレーシア


※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。