EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

07月22日 相場概況(大引け)

march01_001.jpg 日経平均株価(大引け)=182円安、円高など嫌気して反落
25.png 【大引け概況】
22日の日経平均株価は反落し、前日比182円97銭安の1万6627円25銭で終えた。
前日の米国株市場でNYダウが10日ぶりに反落、これまで東京市場は米国株の強さに引っ張られてきた部分もあり、米株安を受けて主力株をはじめ総じて上昇ムードが一服した。

円相場が1ドル=105円台に上昇し、輸出企業の採算改善期待がいったん後退した。後場は下げ幅を240円強まで拡大する場面があった。
日銀の黒田東彦総裁が21日夕、英国放送協会(BBC)のラジオ番組で日銀が財政資金を直接手当てする「ヘリコプターマネー」に否定的に見方を示した。
これを受けて円高が進行し、自動車など輸出関連株への売りを促した。週末とあって、午後は持ち高調整を目的とした売りも出やすかった。
半面、一部の投資家の間では政府や日銀の政策対応への期待が根強いといい、下値では買いが入った。

JPX日経インデックス400は9営業日ぶりに反落し、終値は前日比118.57ポイント安の1万1914.59、東証株価指数(TOPIX)は反落し、終値は同11.88ポイント安の1327.51だった。

東証1部の売買代金は概算で2兆4289億円。売買高は15億9104万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1322と全体の7割弱を占めた。値上がりは515、変わらずは131銘柄だった。

topix3.jpg 個別では、トヨタや日産自、富士重など自動車株への売りが目立った。大和や野村など証券株、三菱UFJや三井住友FGなどメガバンク株も下げた。ファーストリテイリングが売られ、ソニーや村田製、日電産なども安い。サイバーエージェントが急落、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、コロプラが大幅安、アルプス電気、SUMCOも下落した。

世界的な人気となっているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の日本配信を22日に始めた任天堂は後半伸び悩んだものの過去最高記録に迫る7260億円の売買代金をこなし小幅続伸で終えた。東証1部全体の約3割を占めた。
ポケモン関連とされるハピネット、サノヤスホールディングス、エスケイジャパンがストップ高、イマジカ・ロボットホールディングスが9日続伸したほか、小野薬の上げが目立った。シー・ヴイ・エス・ベイエリア、リンクアンドモチベーションなども値を飛ばした

東証2部株価指数は小幅ながら4日ぶりに反落した。大引けの2部指数は、前日比1.86ポイント安の4208.01となった。
個別銘柄ではDNA研、ゼニス羽田、神島化学工業、スガイ化学工業、象印、ラオックスが下げ、一方、FDK、くろがね工作所がストップ高。イトーヨーギョー、郷鉄工所、リテールパートナーズ、MCJ、朝日インテクが上げた。





【市況】日経ジャスダック平均4日ぶり反落、マクドナルド株の取引活況

1009ko.jpg 日経ジャスダック平均株価は4日ぶりに反落した。終値は前日比3円88銭安い2470円73銭だった。
日経平均株価の下落が嫌気され、新興企業向け市場でも利益確定売りが優勢だった。ただ、マクドナルド株の取引が活況化し、市場全体の売買代金が引けにかけて増加。資金の回転が効いているため個人投資家の心理悪化が和らぎ、高値引けとなった。
ジャスダック市場の売買代金は概算で791億円、売買高は8501万株だった。

個別銘柄では、ユニバーサルやアビックス、セプテニHD、ピクセル、IGポート、ユビテックが下落した。半面、テックファームHD、デジタルデザイン、シライ電子がストップ高。日本テレホン、フロイント、スパンクリート、マクドナルド、セリアは上昇した。



【市況】東証マザーズ指数は反落

topix3.jpg 東証マザーズ指数は反落した。終値は前日比9.67ポイント安い925.80だった。
個別銘柄ではBEENOS、ITM、アライドアーキ、そーせい、ミクシィ、サイバダインが下落した。
一方、Trends、インソース、PSSがストップ高。Hameeやアップバンク、シリコンスタジオ、カヤック、UNITED、CRIミドル、フリービットが上昇した。

ジャスダック市場に新規上場したデュアルT(3469)は、13時59分に公開価格(1110円)の2.3倍となる2520円で初値を付けた。その後は利益確定売りが進み、終値は初値比で制限値幅の下限(ストップ安水準)となる2020円だった。


大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 11月14日号 プレミアム版 先行配信! 9月稼足銘柄 無料公開中!10月31日終値で187%↑ 132%↑と驚異のパフォーマンス!
11月14日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

相場手控え 発売中

11月13日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2017年】
【10月】1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


■25(月)
【国内】
安部首相が会見 衆院解散表明の見通し
9月月例経済報告
《決算発表》
大光、あさひ

【海外】
米8月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米9月ダラス連銀製造業活動指数(23:30)
独9月Ifo景況感指数(17:00)
《米決算発表》
カーニバル・コーポレーション

■26(火)
【国内】
8月企業向けサービス価格指数(8:50)
7月19・20日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
40年国債入札
9月末権利付き最終日
《決算発表》
ライトオン

【海外】
イエレンFRB議長講演
米7月S&Pコアロジックケースシラー住宅価格指数(22:00)
米8月新築住宅販売件数(23:00)
米9月CB消費者信頼感指数(23:00)
米9月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米2年国債入札
《米決算発表》
マイクロン・テクノロジー、ナイキ


■27(水)
【国内】
《決算発表》
ニトリHD、西松屋チェーン

【海外】
米8月耐久財受注(21:30)
米8月中古住宅販売仮契約(23:00)
米5年国債入札

■28(木)
【国内】
臨時国会召集、冒頭に衆院解散の見通し
2年国債入札
《決算発表》
ハイディ日高、スター精密

【海外】
NZ準備銀行金融政策決定会合
米4-6月期GDP確定値(21:30)
米8月卸売在庫(21:30)
米9月カンザスシティ連銀製造業指数(9/29 0:00)
米7年国債入札
《米決算発表》
アクセンチュア、マコーミック、コナグラ・ブランズ

■29(金)
【国内】
8月消費者物価(8:30)
8月失業率・有効求人倍率(8:30)
8月家計調査(8:30)
8月鉱工業生産(8:50)
8月商業動態統計(8:50)
8月住宅着工件数(14:00)
9月20・21日開催の日銀金融政策決定会合「主な意見」
《決算発表》
アダストリア、ハローズ、DCM、ミルボン、ストライク、スギHD、ケーヨー

【海外】
日中国交正常化45周年
財新中国9月PMI製造業(10:45)
英4-6月期GDP確報値(17:30)
米8月個人所得(21:30)
米8月個人支出(21:30)
米9月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)

※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。