EIMEI.TV 配信拡大!!日本最大規模OCNのパソコンサイトにOPEN!! OCN ビジネスデータにアクセス!
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

07月19日 相場展望(寄り付き前)

march03_002.jpg 1009K.jpg
【オープニングコメント】
19日の東京株式市場は、続伸スタートで堅調な展開を想定する。
欧米市場は総じて小動き。急激な上昇こそ一服したものの、米国市場ではダウ平均およびS&P500の高値更新基調が続いている。米国株高や円安を受け、買いが先行しよう。

東京外国為替市場は、1ドル=106円台前半と円安・ドル高方向に傾き、政府・日銀による政策期待も根強く、相場の下支え要因となろう。
日経平均株価予想レンジは、1万6400円-1万6650円
日経平均は1万6500円台より上の水準での値固めが期待できそうだ。先週上抜けた26週線も一定のサポートになると考える。

ただ、直近5連騰で合計1390円の上昇を演じ、目先的な利益確定売りの動きも出やすく、買い一巡後は上値が重くなる可能性がある。また、英半導体設計大手ARM(アーム)ホールディングスを約240億ポンド(約3.3兆円)で買収すると発表したソフトバンクのADR(米国預託証券)が急落しており、指数寄与度の高い銘柄として重しになることも想定されよう。


主要外国証券経由の注文動向は、売り310万株、買い930万株で差し引き620万株の買い越し。買い越しは7営業日連続。金額も買い越し。
売りセクターに陸運、薬品、その他金融、情報通信、電機など。買いセクターに陸運、薬品、その他金融、情報通信、電機など。

【好材料銘柄】
■土木管理総合試験所 <6171>
株主優待制度を新設。毎年12月31日時点で100株以上500株未満を保有する株主にクオカード1000円分、500株以上保有の株主に同2000円分を贈呈する。

■アドバンスクリエイト <8798>
東証が22日付で市場1部に指定替え。

■システム情報 <3677>
株主優待制度を新設。毎年9月30日時点で100株以上1000株未満を保有する株主にクオカード500円分、1000株以上保有の株主に同1000円分を贈呈。また、抽選で20人に10万円旅行券を贈呈。

■ショーケース・ティービー <3909>
7月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施する。最低投資金額は現在の2分の1に低下。

【予定】
19(火)
【国内】
東証マザーズ指数先物の取引スタート

【海外】
独7月ZEW景況感指数(18:00)
米6月住宅着工件数(21:30)
米6月建設許可件数(21:30)
《米決算発表》
ユナイテッドヘルス・グループ、ロッキード・マーチン、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップモリスインターナショナル、マイクロソフト、ヤフーインク、ゴールドマン・サックス・グループ
休場:タイ

※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。



【市況】NYダウ7日続伸し過去最高値 好業績、業界再編の思惑

ny4.jpg 【NY概況】

18日のNYダウ平均は7日続伸し、前週末比16ドル50セント高の1万8533ドル05セントで終えた。7日続伸は、3月半ばに同じく7日続伸して以来の長さ。ダウ平均は5日連続で過去最高値を更新した。
原油相場の下落を嫌気し、トルコのクーデター未遂や度重なるテロなど地政学リスクも意識され売りが先行した。堅調な7月NAHB住宅市場指数が好感されたものの、その後は新たな株価動意材料に乏しく、利益確定の売りも広がったほか、今週から本格化する4-6月期決算発表の内容を見極めたいとの思惑から上値は重かった。

ソフトバンクが英半導体設計大手アーム・ホールディングスを買収すると発表し、半導体やIT業界を中心に大型M&Aの思惑が浮上したことも投資家心理を改善させた。

アップルが1%強上げ、相場上昇をけん引。化学のデュポンやホームセンター大手のホーム・デポの上げも目立った。
セクター別では、ソフトウェア・サービスやテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や食品・飲料・タバコが下落した。

ナスダック総合株価指数は反発。前週末比26.195ポイント高い5055.783と、昨年12月30日以来およそ7カ月ぶりの高水準で終えた。
S&P500種株価指数は2166.89と過去最高値を更新した

米銀大手のバンク・オブ・アメリカは朝方発表した4~6月期決算が市場予想ほど落ち込まなかったことを手掛かりにした買いが優勢だった。半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)やクアルコムは業界再編への思惑が買いにつながった。
クーポン共同購入サイトのグルーポン(GRPN)は一部アナリストによる投資判断引き上げを受け、大幅上昇した。
ネットフリックス(NFLX)はマーケット終了後に4-6月期決算を発表、売上高は予想に一致し、一株利益は下振れた。時間外取引で下落して推移している。
ソフトバンク傘下で米携帯電話のスプリントは急落した。英アームの買収で業績再建への期待が後退した。ダウ銘柄では、製薬のメルクや保険のトラベラーズが下げた。

NYダウ工業株30種(ドル)
18,533.05 +16.50
S&P500種
2,166.89
ナスダック
5,055.783 +26.195




98b7326e8b408c4aa688419c03539c0c_s.jpg 【シカゴ日本株先物概況】
シカゴ日経平均先物は反発した。9月物は前週末比125円高の1万6610円で取引を終えた。15日の大阪取引所の終値を50円上回った。
円安や米株高を手がかりに買いが優勢になった。トルコのクーデター未遂の市場への影響は限られ、NYダウ平均は5日続けて過去最高値を更新した。この日の9月物高値は1万6655円、安値は1万6480円だった。
日本市場が休場とあって取引は低調だった。

シカゴ日経225先物9月限 (円建て)  
16610 ( +50 )
シカゴ日経225先物9月限 (ドル建て) 
16680 ( +120 )
( )は大阪取引所終値比

【15日の欧州株式市場】

フランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は小動き。終値は前週末比3.77ポイント(0.04%)安の10063.13だった。
医薬・農薬大手のバイエルが安い。ドイツテレコムはアナリストによる目標株価引き下げを手掛かりに売られた。

ロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続伸。前週末終値に比べ26.18ポイント高の6695.42と、2015年8月以来約11カ月ぶりの高値で引けた。構成銘柄の約6割が上昇した。
半導体設計大手のアーム・ホールディングスが急騰。ソフトバンクグループによるアーム買収発表を受けて約4割上昇し、相場を押し上げた


大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月19日号 プレミアム版 先行配信! 5月稼足銘柄 無料公開中!6月30日終値で335%↑ 242%↑と驚異のパフォーマンス!
09月19日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

株式透視論2017 発売中

09月19日号[配信中]
07月19日号[配信中]

4月27日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
2016年08月09日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年05月19日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年04月28日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年03月29日 櫻井英明氏 株式講演会
クレカ決済対応
■FREE アーカイブ

【3STEP 購入説明】
【手軽!コンビニ払い】

【2017年】
【9月】3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


18日(月)
●国内
敬老の日
■海外
米9月NAHB住宅市場指数(23:00)

19日(火)
●国内
《決算発表》
ツルハHD、アークランド
■海外
独9月ZEW景況感指数(18:00)
FOMC(~9/20)
米8月住宅着工件数(21:30)
米4-6月期経常収支(21:30)
米8月輸出入物価(21:30)
米8月建設許可件数(21:30)

20日(水)
●国内
日銀金融政策決定会合(~9/21)
8月貿易統計(8:50)
8月訪日外客数(16:00)
《決算発表》
クスリのアオキ
■海外
イエレンFRB議長会見(景気見通し改定)
米8月中古住宅販売件数(23:00)
《米決算発表》
フェデックス、アビドシステムズ

21日(木)
●国内
黒田日銀総裁会見
7月全産業活動指数(13:30)
東京ゲームショウ2017(~9/24)
■海外
米9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)
米7月FHFA住宅価格指数(22:00)
米8月CB景気先行総合指数(23:00)
米10年インフレ連動国債入札
休場:インドネシア

22日(金)
●国内

■海外
《米決算発表》
カーマックス
休場:マレーシア


※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。