EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

07月04日 相場概況(大引け)

march01_001.jpg 日経平均株価(大引け)=93円高、閑散相場も今年初の6日続伸
25.png 【大引け概況】
4日の日経平均株価は6日続伸し、前週末比93円32銭高の1万5775円80銭で終えた。6日続伸は2015年11月12日までの7日続伸以来の長さだった。

前週末の欧米株市場は高かったものの上値が重かったことや、為替の円高懸念がくすぶるなか、朝方は目先利益確定の動きが先行した。
しかしその後は、為替が一段の円高には振れなかったことや、原油や非鉄など商品市況が回復歩調にあること、中国・上海株が堅調な値動きを示していることなどを横目に売り方の買い戻しが優勢となった。
後場後半は伸び悩んだものの日経平均株価は一時1万5800円台に乗せる場面もあった。

6月24日に英国のEU離脱を受けて1286円の暴落をみた日経平均だったが、その後は終値ベースで安い日がなく、下げ幅のほぼ3分の2を取り戻した格好だ。
週末に日米のイベントを控え売買は今年3番目の低水準だった。

8日に6月の米雇用統計、国内では10日に参院選の投開票を控え様子見姿勢が強まった。米利上げの動向に影響を与えると言われる米雇用統計は5月が市場予想を大幅に下回っただけに、前月が異常値だったのかを見極めようと注目が集まっている。

JPX日経インデックス400も続伸した。終値は前週末比76.04ポイント高の1万1396.69だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、7.53ポイント高の1261.97で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆6021億円と今年最低だった5月30日の1兆5604億円に近い水準だった。売買高は15億7950万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1117と全体の57%を占めた。値下がりは715、変わらずは135銘柄だった。

topix3.jpg 個別では、NTT、JT、KDDIが上昇し日産自やマツダも上げた。16年4~6月期の連結営業利益が同時期として過去最高と伝わった東レも買われた。資源関連の住友鉱や東邦鉛、三菱商や三井物などが上昇した。
ソフトバンクグループもしっかり。ソフトブレーンは連日のストップ高に買われたほか、発行済み6%強の自社株買いを発表した小森コーポレーションも値を飛ばした。ネクスト、イーレックスが物色人気となった。

一方、金融の三菱UFJやみずほFGが下落した。前週末に16年3~5月期の連結決算を発表した良品計画が売られた。16年3~5月期の連結営業利益が前年同期と比較して横ばいと伝わったセブン&アイは下落した。出光興産と昭和シェルも下げた。
東京エレクトロンも売りに押された。ブイキューブはストップ安で売り物を残した。日本電産が軟調、日本ゼオンも大きく下げた。日立国際電気も値を下げた。

東証2部株価指数は6日続伸した。大引けの2部指数は、前週末比23.66ポイント高の4188.47となった。個別銘柄ではマルコ、ラオックス、ヨネックス、アルチザ、アピクヤマダが上げた。半面、ランドコンピュータ、JIEC、帝国ホテル、システムソフトやベネ・ワンが下げた。



【市況】日経ジャスダック平均6日続伸、内需株が買われる

1009ko.jpg 日経ジャスダック平均株価は6日続伸した。終値は前週末比22円90銭高い2477円56銭だった。マンション開発のアスコットや介護サービスのシダーといった内需株が買われ、指数を押し上げた。
ジャスダック市場の売買代金は概算で356億円、売買高は1億株だった。
個別銘柄ではイナリサーチ、内外テック、ニューテックがストップ高。KTK、ネクスウェア、セプテニHD、EAJ、アイレックス、アスコット、アズジェンが高い。
半面、ソフトフロントや平田機工、DAC、アクサスHD、フジタコーポ、ピクセル、ガーラは下落した。



【市況】東証マザーズ指数は6日続伸、セラクなどがストップ高

topix3.jpg 東証マザーズ指数も6日続伸した。終値は前週末比28.69ポイント高い1056.57だった。個別銘柄ではメディアS、アトラエ、バーチャレクス・コンサルティング、グリーンペプタイ、アクトコール、ストライクなどがストップ高。そーせい、Career、農業総研、トランスG、AWSHD、ホープ、アンジェスが上昇した。
一方、Iスペース、BBT、sMedio、アキュセラやアカツキ、サイバダインは下落した。

 上場2営業日目のセラクは公開価格(1500円)の2.6倍となる3900円の初値を付けた。その後は初値を基準とする制限値幅の上限(ストップ高水準)にあたる4600円まで上昇した。午後はストップ高買い気配で終えた。

大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月22日号 プレミアム版 先行配信! 7月稼足銘柄 無料公開中!8月31日終値で180%↑ 190%↑と驚異のパフォーマンス!
09月22日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

09月21日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【9月】3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。