EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

06月13日 相場概況(大引け)

march01_001.jpg 日経平均株価(大引け)=582円安、円高進行を横目に大幅続落.2カ月ぶり安値
25.png 【大引け概況】
13日の日経平均株価は大幅に3日続落した。前週末比582円18銭安の1万6019円18銭とこの日の安値で終えた。下げ幅は4月28日以来およそ1カ月半ぶりの大きさで、4月12日以来およそ2カ月ぶりの安値を付けた。

前週末の海外株安を受けてリスク回避ムードが強まり、大型、小型、業種を問わず広範囲に売りを浴びた。英国でEU離脱の是非を問う国民投票を控えるなか、事前の世論調査で離脱派が優位との観測が下げの背景にある。
また、WTI原油価格先物の大幅下落や為替の円高進行も嫌気された。ドル円相場は取引時間中も一貫して円高傾向に振れ、1ドル=105円台後半まで円が買われた。
円高進行を横目に、日経平均は引け際に一段安に売り込まれて安値引け。1万6000円大台割れ寸前で踏みとどまったが、先物9月物は1万6000円台を割り込んだ。

また、米南部フロリダ州で12日に起きたテロや、13日発表の小売売上高などの中国経済指標も市場心理に影を落とした。

JPX日経インデックス400は3日続落し、前週末比412.63ポイント安の1万1568.97、東証株価指数(TOPIX)も3日続落で46.18ポイント安の1284.54となった。

東証1部の売買代金は概算で1兆8518億円。売買高は18億7631万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1903と、QUICK端末でデータを遡れる1997年2月以降で最多だった2月9日(1904)に次ぐ多さ。全体の97%強を占めた。値上がりはわずか40、変わらずは15銘柄だった。

個別では、ソフトバンクグループが安く、三菱UFJフィナンシャル・グループなどメガバンクの下げも目立った。自動車株で欧州売上高比率の高いマツダが急落したほか、トヨタや日産自も大幅安となった。原油安を受けて国際石開帝石や石油資源の鉱業株への売りが膨らんだ。新日鉄住金やJFEの鉄鋼株の売りも目立った。
アコムが商いを伴い大幅安、ブイ・テクノロジーも大きく利食われた。

一方でカルソカンセやコジマ、gumiなどが散発的に買われた。
日東製網が逆行高、東京ドームが堅調、イーブックイニシアティブジャパンも買いを集めた。


東証2部株価指数は続落した。大引けの2部指数は、前週末比74.6歩イント安の4307.87となった。
個別銘柄では、ぷらっとやアートSHD、インターアク、ヒラノテクシードが下げ。一方、神島化学工業、カネミツがストップ高。ランドコンピュータ、サトウ食品、相模ゴム、イムラ封筒、マルコ<が上げた。



【指標一覧】
終値
日経平均株価 16,019.18 -582.18
日経平均先物 15,970.00 -560.00
TOPIX 1,284.54 -46.18
TOPIX先物 1,279.50 -45.50
東証2部指数 4,307.87 -74.60
JASDAQ 2,523.85 -36.31
マザーズ 1,115.04 -50.51
出来高
東証1部 1876310 1851875
東証2部 59110 14696




【市況】日経ジャスダック平均株価7日ぶり反落、時価総額の大きな銘柄に売りが優勢

1009ko.jpg 日経ジャスダック平均株価は7営業日ぶりに反落した。終値は前週末比36円31銭安い2523円85銭だった。
新興企業株も時価総額の大きな主力銘柄を中心に売りが優勢だった。ジャスダック平均株価は10日に5カ月ぶりの高値を付けていたため、目先の利益を確定する売りも出やすかった。
ジャスダック市場の売買代金は概算で415億円、売買高は7821万株だった。個別銘柄ではショーエイコーポ、FVC、アルファクスFS、セプテニHDやサン電子、カルナバイオが下げた。半面、日本ラッド、日本テレホンがストップ高。マクドナルド、クロスキャット、日本サードし、ソフトフロントノジマは上げた。



【市況】東証マザーズ指数は5日ぶり反落、ファーマFとDMPが一時ストップ安

topix3.jpg 東証マザーズ指数は5営業日ぶりに反落した。終値は前週末比50.51ポイント安い1115.04だった。
個別銘柄では、そーせいやアキュセラ、ファーマF、DMP、メドレック、モルフォ、アドウェイズ、フリービットの値下がりが目立った。一方、Hamee、ジェネパ、GMOテック、INSPECがストップ高。イトクロ、フィンテック、モブキャス、アカツキ、マイネットが上昇した。



大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月29日号 プレミアム版 先行配信! 7月稼足銘柄 無料公開中!8月31日終値で180%↑ 190%↑と驚異のパフォーマンス!
09月29日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

09月28日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。