EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

05月25日 相場概況(大引け)

march01_001.jpg 日経平均株価(大引け)=258円高、主力株中心に買い戻され急反発、日中値幅は今年最小
25.png 【大引け概況】
25日の日経平均株価は3営業日ぶりに大幅に反発し、前日比258円59銭高の1万6757円35銭と4月27日以来ほぼ1カ月ぶりの高値で終えた。
終始買いが優勢の展開。日経平均株価は大幅に買い先行で始まった後はもみ合いに転じ、高値圏で売り物を吸収した。

欧米株高に加え、外国為替市場でのドル高円安傾向、WTI原油先物価格も5日ぶりに上昇するなど、リスクオンのムードに包まれ、主力株中心に買い戻される展開となった。

あすから始まる伊勢志摩サミットでの合意内容を見極めたいとの思惑はあるが、サミット後の財政を伴う政策発動に対する期待が、買いを後押ししている。
前日に2017年3月期の連結業績(米国会計基準)見通しを発表したソニーが6%高と急伸。
また、ファストリやファナックなど値がさ株に裁定取引に絡んだ買いが入り、指数を押し上げた。

日経平均の取引時間中の高値と安値の差(値幅)は74円91銭と2015年11月26日以来、約半年ぶりの小ささだった。

東証1部の売買代金は1兆7826億円と、5日続けて活況の目安とされる2兆円を下回り昨年末にかけての6日連続以来の長さとなった。市場では「円相場が110円台で定着しないうえ、サミットなどを控えて積極的な売買が手控えられている」との指摘があった。
東証1部の売買高は16億1834万株だった。値上がり銘柄は1333と全体の7割弱を占めた。値下がりは474、変わらずは146だった。

JPX日経インデックス400も3日ぶりに反発し、前日比143.84ポイント高の1万2118.43で終えた。
東証株価指数(TOPIX)も3日ぶりに反発した。
業種別TOPIXは33業種中31業種が上昇した。「保険業」や「鉄鋼業」「情報通信業」などが上昇した。半面、「医薬品」と「その他金融」が下げた。

個別では、ソニーが17年3月期業績予想の発表を受け、売買代金トップで大幅高に買われた。トヨタやホンダ、富士重などの自動車株がそろって買われた。アドテストや東エレク、スクリンといった半導体関連株は年初来高値を相次いで更新。三菱UFJや三井住友FGの銀行株も買われた。NTTやKDDIといった通信株も上昇した。

半面、投資判断引き下げのあった小野薬やアステラス、武田など医薬品株が安い。村田製が売られ、花王やOLCも下げた。ネクシィーズグループが朝高後安くなり、日清紡ホールディングス、ダブル・スコープも値を下げた。

東証2部株価指数は反発した。大引けの2部指数は、前日比19.93ポイント高の4362.86となった。
個別銘柄ではアートSHD、朝日インテク、RVH、ヨネックス、インターアク、ケミプロ化成、アルチザが上げた。半面、システムソフ、ぷらっと、フマキラー、アイスタディ、イムラ封筒、が下げた。


【指標一覧】
終値
日経平均株価 16,757.35 258.59
日経平均先物 16,770.00 290.00
TOPIX 1,342.88 16.38
TOPIX先物 1,345.00 19.00
東証2部指数 4,362.86 19.93
JASDAQ 2,526.44 0.81
マザーズ 1,098.99 -6.55
出来高
東証1部 1618340 1782617
東証2部 61780 19656



【市況】日経ジャスダック平均株価は反発、野村マイクロなどが一時ストップ高

1009ko.jpg
日経ジャスダック平均株価は小幅に反発した。終値は前日比81銭高の2526円44銭だった。買いが先行したが、新興市場では高値警戒感による利益確定売りも目立ち、上値は重かった。
ジャスダック市場の売買代金は概算で445億円、売買高は1億755万株だった。

個別銘柄では野村マイクロ、アルファクスFS、アバール、ハビックス、ネクストジェン、フィスコが上昇した。
新薬で特許査定を受けたと発表したラクオリアが上げた。一方、トレイダーズやアスコットが下落した。半面、プロパティA、夢の街創造委員会、アエリア、ドーンやマクドナルドも下げた。



【市況】マザーズ指数は続落、ブランジスタなどが売られる

topix3.jpg 東証マザーズ指数は続落した。終値は前日比6.55ポイント安い1098.99だった。
主力のそーせいやアキュセラが下落した。ブランジスタは朝方上昇したものの後場は急落した。アカツキやJIGSAW、デザインワン、中村超硬、CRIミドルも下げた。
半面、エクストリームがストップ高。グリンペプやオンコリスが上昇した。改正銀行法の成立を受けてセレスなど「フィンテック」関連とされる銘柄が買われた。
前日にエムスリーとの資本業務提携を発表したHMTは制限値幅の上限(ストップ高)で終えた。

大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 10月27日号 プレミアム版 先行配信! 9月稼足銘柄 無料公開中!10月30日終値で229%↑ 180%↑と驚異のパフォーマンス!
10月27日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

10月26日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。