EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト

03_katakome41.jpg

<兜町カタリスト>


「4日続伸の権利はあるが」

NYダウは113ドル安の17982ドルと4日ぶりの反落。
S&P500指数もあと1%で昨年5月の最高値に迫る水準まできていた。
過去最高値を前にしての足踏みといったところ。
原油動向よりも決算を気にする傾向になってきたが、5四半期ぶりに増収のアメックスは上昇。
減益のトラベラースや売上高が減少した玩具のマテルなどが下落。
「決算はそこそこアウトパフォームしている。
しかし劇的に下振れした予想を上回っているだけ」という声も聞かれる。
引け後に発表のアルファベット(グーグルの親会社)の第1四半期は17.4%の増収で着地。
背景はモバイル端末の広告の好調。
明日の株価への影響に期待したいところ。
それにしてもS&P500指数採用銘柄の第1四半期予想は7.2%減益、
第2四半期は2.6%減益の見通しながら株価は史上最高値水準。
NY株式は業績動向に神経質に支配されているように見えるが、
実は業績以外のファクターに影響されて動いているということが良くわかる。
来週のFOMCでは利上げなしがコンセンサス。
原油先物価格の堅調やギリシャの財政収支の黒字化などを背景に
10年国債利回りは1.87%水準まで上昇。
リスクオンの傍証ともなろう。

昨日寄り前に書いたのは・・・。
「25日移動平均からプラス5%かい離の17372円程度までの上昇は想定しても良さそう」。
日経平均株価の昨日終値は457円高の17363円。
高値は17381円とほぼその水準まで上昇した。
明けてNY株は反落。
シカゴ225先物終値は大証比175円安の17235円。
大証比はマイナスと見えるが、シカゴ225先物としての終値は昨日と全く一緒。
つまり昨日持ち上げた分の剥落はあろうが、そこから売り崩す動きにはならないとみたい。
安値の17225円割れに注意といったところだろうか。
もっとも「3月14日の終値17233円(ザラバ高値17291円)を上抜いたことで、
相場の風景が一変した」という声も聞かれる。
また「一つ前の谷(2月12日の14865円)を下回ることなく、
一つ前の山(3月14日の17291円を上回ったのは下げ局面が始まってから今回が初めて。
明確な底打ちが示唆された」という指摘もある。
今年の連騰は4日まで。
条件的には4日続伸までは許されている。
ただ17000円台台の定着路線は変わらないものの、さすがに週末は一服というところか。
主力が休憩したときのマザーズに期待したいところ。
先週の個人は3週ぶりの売り越しだったが外国人は3848億円と大幅買い越し。
前々週にわずか326億円の買い越しに転じた数字からはだいぶ飛躍した。
過去3か月売り越しだった外国人、過去3か月買い越しだった個人。
この構図は4月に変化する可能性がある。
もしそうなればオイルマネーの執拗な現物売りが止まった証拠になろう。

日経では「マイナス金利、影響拡大」の見出し。
個人の資金需要が2年ぶりの高水準になったという。
1~3月の個人資金需要DIはマイナス1→プラス9に上昇。
上昇は3四半期ぶり。
プラス9という水準は消費増税の駆け込み需要のあった2014年4月以来。
今回の背景はマイナス金利導入での住宅ローンの急回復。
これはいずれ効いてくるのだろう。
そしてゆうちょ銀は外債や株投資に積極的姿勢に転じた。
リスク資産残高は15年度末で60兆円の目標に達したという。
日本郵政の長門社長のコメント。
「目標額は必然的に増えてくる」。
5月の決算発表時に新たな目標が提示されるというから期待感。
REIT投資も視野に入っており楽しみなこと。

興味深かったのはハウステンボスのロボット王国。
「世界の企業を巻き込んでロボット開発を進める」とHISの澤田社長。
サービス業の生産性の低さや人出不足はロボットが課題を解決してくれるという。
スターウォーズみたいな未来写真が現実のものとなる日は遠くない気がする。
ハウステンボスも企業研究会のターゲットになってきた。

ソニー(6758)が前期連結営業利益を従来予想から300億円下方修正。
前期比4.2倍に回復したがスマホ市場の減速が響いた。
スマホ向けカメラ部品事業で596億円の減損損失計上。
もっとも最終損益は1450億円の黒字(前期1259億円の赤字)。
従来予想を50億円上回ることになる。
そして豊田通商(8015)の前期連結最終損益は440億円の赤字(前期は675億円の黒字)。
従来予想は350億円の黒字だったが16年ぶりの赤字。
背景は資源関連で450億円、関係会社処理で110億円損失。
臭いものは前期に詰め込んでしまえは丸紅や商事、物産だけではないようである。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月22日号 プレミアム版 先行配信! 7月稼足銘柄 無料公開中!8月31日終値で180%↑ 190%↑と驚異のパフォーマンス!
09月22日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

09月21日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【9月】3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。