EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト

03_katakome41.jpg

<兜町カタリスト>


「せめて4日くらいは」

NYダウは18ドル高の17926ドルと3日続伸。
NASDAQは1ポイント安の4945ポイントと3日ぶりの反落とマチマチの動き。
3月のCPIが前月比0.1%上昇と市場予想を下回ったことから
短絡的に「利上げに慎重」とのモードが広がってダウは小動きだった。
バンカメメリルの決算は18%の減益だったが株価は2.5%上昇。
一方同様に減益だったウェルズ・ファーゴが0.5%の下落。
NYダウは25日移動平均(17521ドル)と
200日移動平均(17110ドル)がサポートした形で上昇。
その途中の一休みというところだろうか。
週末のOPECと非加盟産油国の会合で原油の減産方向でも打ち出せれば
来週はまた明るくなりそうだが・・・。
21日(木)のECB理事会を控えて売り向かうのは結構難しそうだ。
NYでは4月15日は確定申告納税期日。
その4月15日のNYダウは昨年まで過去37回のうち下落は6回。
上昇しやすいアノマリーに期待したいもの。
日経平均株価は177円高、452円高そして昨日は529円高の高値引け。
3日間の上昇幅は1159円となった。
3月1日~4日の4日続伸は988円高だったからそれよりも大きい上昇となった。
今年は4日続伸が最大なのでこれに挑戦というマインドだろう。
上向きに転じた25日移動平均(16595円)を一気に抜いた。
そしてまだ下向きの75日移動平均(16844円)も抜いてきた。
市場心理(25日)と需給(75日)面での不安は払しょくされ、
あとは200移動平均(18399円)が表現する景気と業績に対する懸念を
払しょくできるかどうかとなろう。
シカゴ225先物の終値は16805円と昨日の大証終値よりも100円近くマイナス。
高値は16920円であったのでシカゴでは頭を押さえられた格好。
17000円回復に期待はあるがシカゴはこれを否定しており難解な局面。
中国の1~3月GDPの発表が予定されているが
わずか2週間で集計された数字などあてになるものではない。
計画地での着地であろうからサプライズは少なかろう。
週末要因もあり新興中小型のテーマ株物色に分があろうか。

その新興市場のマザーズ市場での外国人の売買動向。
3月以降外国人投資家は買い越し。
3月の月間買い越しは140億円。
週間ベースでは毎週30億円台の買い越しだった。
4月第1週の売買は170億で円、3月月間を上回る規模での買い越し。
「ETF組成に絡む買いの可能性」という指摘も聞かれるが・・・。
いずれにしても7月19日のマザーズ指数先物上場までの新興市場は目が離せない。
というか、日経レバ(1570)に代表される指数主役の市場展開もほぼ2年。
そろそろ飽きてくるタイミングでもあろうから、その意味では「木」や「草」に目が行こうか。
東証投資主体別売買動向で外国人は145億円の買い越し。
なんと14週ぶりの買い越しとなった。
個人は237億円の買い越しで2週連続。
落ち着いてきた印象。
4月SQ値15507円ははるか下に見えるようになった。
これは3月のSQ以降の動きと似ている。
SQ値決定後は〇〇〇〇〇で5勝0敗。
騰落レシオは115.01%。
松井証券信用評価損益率速報で売り方はマイナス9.379%。
買い方はマイナス7.740%。
空売り比率は35.9%と久々の水準まで低下。
日経VIは26.11でNYの13%台と比べるとまだ高い。
日経平均採用銘柄のPERは15.36倍でEPSは1100円。

興味深かったのはシャープの新製品であるロボット携帯「RoBoHon」。
AIとIoTを組み合わせた商品だという。
話した内容の記憶や学習が可能で家族の顔などを認識して名前を呼ぶことができるという。
価格は21万3840円とやや高め。
月産5000台で半年での黒字化計画。
ビデオでもコンピュータでも、携帯でも最小は遊び心からスタートしたのが歴史。
独創的なヒット商品が「シャープらしさ」とされる。
どうせならホンハイの傘下入りする前に発表して欲しかった。

水曜日経の神奈川・首都圏経済版では「再生・細胞医療最先端へ」の記事。
川崎市殿町地区での「ライフ・イノベーションセンター」の完成を報じている。
夏をめどに本格稼働する方向だが、これもバイオ関連の起爆剤だろう。
木曜日経1面では「インフラにゼロ金利融資」の見出し。
経済対策の柱にというサブ見出し。
当面は「新幹線・都市鉄道整備・保育介護施設整備・奨学金」などに使われる方向。
いずれにしてもインフラ整備も忘れてはならない存在。
「追加経済対策」、「選挙対策」、「増税延期」、「伊勢志摩サミット」。
スケジュール的には悪くない。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 10月27日号 プレミアム版 先行配信! 9月稼足銘柄 無料公開中!10月30日終値で229%↑ 180%↑と驚異のパフォーマンス!
10月27日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

10月26日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。