EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

04月04日 個別銘柄情報 [3031]ラクーン

[4月04日更新]

ラクーンは戻り歩調で1月高値を目指す、16年4月期増収増益基調

 ラクーン<3031>(東1)(3月29日付で東証1部に市場変更)はアパレル・雑貨分野の企業間電子商取引サイト「スーパーデリバリー」運営を主力としている。越境ECサービス、クラウド受発注ツールの「COREC」、BtoB掛売り・請求書決済代行サービスのPaid事業など周辺領域も順調に伸長している。ストック型収益構造で16年4月期増収増益基調だ。株価はフィンテック関連で人気化した1月高値から一旦反落したが2月の直近安値から切り返し、16年4月期配当予想の増額や東証1部への市場変更なども好感して戻り歩調だ。1月高値を目指す展開だろう。

■アパレル・雑貨分野の企業間ECサイト「スーパーデリバリー」運営が主力

 アパレル・雑貨分野の企業間(BtoB)電子商取引(EC)サイト「スーパーデリバリー」運営を主力として、クラウド受発注ツールの「COREC(コレック)」事業、BtoB掛売り・請求書決済代行サービスのPaid(ペイド)事業、売掛債権保証事業など周辺事業領域への拡大戦略を加速している。

 15年4月期から事業セグメント区分を「スーパーデリバリー」と「COREC」のEC事業、およびPaid事業、売掛債権保証事業の3区分とした。

■「スーパーデリバリー」越境ECサービス(海外販売)も開始

 15年4月期末「スーパーデリバリー」経営指標は、会員小売店数が14年4月末期比3929店舗増加の4万4370店舗、出展企業数が同117社増加の1065社、商材掲載数が同3234点増加の45万6349点だった。

 有名アパレル関連企業の出展が加速している。14年12月にはアパレル大手のワールド、15年5月には有名スポーツブランドアイテムを扱うゼット、15年9月には老舗繊維専門商社ヤギ<7460>がテレビショッピングで人気のミセス向けレディースアパレル商品、15年10月には本革を使ったレディースバッグブランド「Beaure(ビュレ)」を扱うキューズ、紙製品メーカーの山櫻、有名文具メーカー商品を扱う東京エコール、11月にはリリーが出展して高品質な革バッグなど服飾雑貨の販売を開始した。

 15年8月にはスーパーデリバリーにおける越境ECサービス(海外販売)を開始した。商品を販売するメーカー側の配送業務を簡潔にするため、ディーエムエス(DMS)の物流代行サービスを利用し、日本最大級の輸出販売サービス「SD export」としてサービスを提供する。約134ヶ国以上の小売店・企業への卸販売が可能となる。サービス開始に先立って販売側のメーカー約500社、仕入側の海外小売店および企業約1000社の集客を行い、取扱商品数約7万点でスタートした。

 15年11月には国内生産インフラサービス「SD factory」の開始を発表した。日本国内のアパレル関連工場やパタンナーと、アパレルメーカーやデザイナーをマッチングするサービスで、出展企業に対する生産面での新たな付加価値サービスとしている。取引が成立した際の代金回収についてはBtoB掛売り・請求書決済代行サービスのPaidを利用できる。

 15年12月には、偕成社(東京都)とほるぷ出版(東京都)がスーパーデリバリーで絵本の販売を開始した。スーパーデリバリーを利用する小売店は出版社から本を仕入れ、出版社は書店以外の小売店に本を販売することが可能になる。まずは絵本の取り扱いを増やし、小売店の反応を見ながら絵本以外のジャンルに関しても取り扱いを広げる方針だ。3月4日には徳間書店など新たに8社の出版社が出展したと発表した。合計10社の約3000冊の出版物も仕入が可能となる。今後は年内に1万冊の掲載を目指すとしている。

 また15年12月に日本未上陸ブランドを含むイタリアのメンズファッションブランドへの共同発注を実施すると発表し、16年2月15日に開始(2月16日発表)した。スーパーデリバリーの会員小売店向けの新しい販売企画「SD Selection」の第一弾として実施した。国内外を問わず販路が厳選された商品や差別化に繋がる商品など、付加価値のある商品を提案する企画としている。小売店は通常のスーパーデリバリーでの仕入と同じようにウェブ上から注文すると、スーパーデリバリーが会員小売店のオーダーをまとめ、輸入手続から決済、メーカーとのやり取りを全て代行する。

 3月2日には越境ECサービス「SD export」の新たな海外輸送手段として日本郵便が提供する航空便と船便を導入したと発表している。また3月9日には越境ECサービス「SD export」の新たな決済手段として、PayPalが提供する決済サービス「ペイパル」の対応開始を発表した。クレジットカード、T/T(電信送金決済)にペイパルを加えることで、海外小売店の利便性やサービスに対する安心感を高め、さらなる海外小売店の集客と取引拡大を目指す。

 3月17日には、日本から韓国への海外配送代行サービス「Malltail(モールテール)」を展開するgroowbits(東京都)との業務提携を発表した。韓国の小売店にとって「SD export」や他社サービスを利用するよりも配送料を抑えて仕入れを行うことが可能になる。スーパーデリバリーを利用する韓国小売店の獲得ち売上アップに繋げる。

■「Paid」加盟企業数も増加基調、Fintech協会に加入

 11年10月サービス開始したBtoB掛売り・請求書決済代行サービスPaid事業の加盟企業数は15年3月に1200社を突破、15年10月6日に1500社を突破した。スタート当初はアパレルや雑貨の卸メーカーが中心だったが、サービス改良によって業種・業態を問わず、あらゆるBtoB向けサービスに導入できるようになった。

 グラフィックの「印刷の通販グラフィック」、GMOコマースのO2O事業、三菱自動車工業の「三菱自動車 電動車両サポート」、Pharmaket社の医療用医薬品卸売サイト「ファルマーケット」、ietty社のお部屋探しサイト「ietty」などにも導入されている。

 15年12月にはBtoB掛売り・請求書決済代行サービス「Paid」が一般社団法人Fintech協会に加入したと発表している。同協会の目的に賛同し、Fintech市場活性化の一躍を担うとしている。また15年12月には、コミュニケーションアプリ「LINE」の公開型アカウント「LINE@」対応を開始した。

 なお2月25日には、SBIインベストメントが設立・運営するFinTechファンド(FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合)に対して1億円出資すると発表している。

■M&A・アライアンスも積極活用

 M&Aやアライアンスも積極活用している。14年10月にSquare社と業務提携して「スーパーデリバリー」および「COREC」とPOSレジアプリ「Squareレジ」がシステム連携した。

 14年11月には子会社トラスト&グロースがスタンドファームと業務提携した。スタンドファームのクラウド請求書管理サービス「Misoca」登録業者に対して売掛保証サービスを提供する。14年12月にはトラスト&グロースがトラボックスと業務提携した。荷物を運んで欲しい人とトラック運送業者を結ぶオンライン物流サービス「トラボックス」登録会員に対して運賃全額保証サービスを提供する。

 15年6月にはロックオンと業務提携した。ロックオンのECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」のユーザー向け決済ツールとして、Paidが標準搭載される。15年7月にはトラスト&グロースが信用交換所大阪本社に対して、同社と商品設計した同社会員向け専用の売掛保証サービス「シンコー保証」の提供を開始した。これによってクライアント増加による保証残高の拡大、および売上高の増加を狙うとしている。

 15年9月にはフライトホールディングス<3753>のグループ会社イーシー・ライダーと業務した。当社のBtoB掛売り・請求書決済代行サービス「Paid」と、イーシー・ライダーが運営するBtoB向けEC構築サイト「EC-Rider B2B」と連携する。

■クラウド受発注ツール「COREC」のユーザー数も増加基調

 15年4月にはクラウド受発注ツール「COREC」が「Yahoo!ショッピング」と連携した。発注にかかる作業時間や手間が大きく改善されるため「Yahoo!ショッピング」出店者のショップ運営業務が効率化される。またCOREC利用頻度向上にも繋がるとしている。

 15年4月には「COREC」ユーザー数が2000社(バイヤー1191社、サプライヤー809社)を突破した。会員ユーザーの業種別構成比は雑貨20%、アパレル13%、飲食料14%、IT12%、建築・設備3%、その他38%だった。

 15年7月には「COREC」ユーザー数が3000社(バイヤー1836社、サプライヤー1164社)を突破した。アパレル企業(サプライヤー)による取引先(バイヤー)の積極的な誘致で、数十店規模でチェーン展開している企業のチェーン全店舗が登録する事例や、農園(サプライヤー)による取引先(バイヤー)の誘致で、レストランが数十店舗まとめてユーザー登録する事例もあるようだ。

 15年8月には「COREC」が、リクルートライフスタイルが運営する飲食・美容・小売店舗運営に役立つサービス提案サイト「Airマーケット」と連携した。また16年2月には「COREC」が、ホットスタートアップが運営する誰でもカンタンに1枚のホームページが作れるサービス「ペライチ」と提携した。

 2月26日には「COREC」ユーザー数が5000社(バイヤー3094社、サプライヤー1923社)を突破したと発表している。連携サービスの増加、受注登録やレポート作成など機能の追加、サプライヤーによるバイヤーの誘致件数増加などが増加の主たる要因としている。業種別に見ると最も多いのが飲食関連で全体の23%を占めている。農業の6次産業化を進める農家・農園などの生産者と飲食店で受注・発注に利用するケースが増加しているようだ。

 3月15日には「COREC API」の提供開始を発表した。「COREC」ユーザー各社が導入している販売管理、倉庫管理、会計管理などのシステムに自動でデータを取り込むことが可能になる。

■月額課金のシステム利用料が積み上がるストック型収益構造

 企業間ECサイト・スーパーデリバリー流通に係る売上高に関して、従来は出展企業と会員小売店がスーパーデリバリーを通じて取引した金額を売上高計上(総額表示)し、商品仕入高も売上原価に計上していたが、15年4月期から商品仕入高を売上高と相殺して表示する方法(純額表示)に変更した。この変更によってスーパーデリバリー流通に係る売上高は出展企業から徴収するシステム利用料売上となっている。従来の総額表示に比べて見掛け上の売上高は減少するが利益に変更はない。

 15年4月期の四半期別の推移を見ると、売上高は第1四半期(5月~7月)4億90百万円、第2四半期(8月~10月)5億06百万円、第3四半期(11月~1月)5億22百万円、第4四半期(2月~4月)5億38百万円で、営業利益は第1四半期57百万円、第2四半期93百万円、第3四半期1億04百万円、第4四半期82百万円だった。

 出展企業と会員小売店の増加に伴って月額課金のシステム利用料売上が積み上がるストック型収益構造である。なお15年4月期の売上総利益率は84.7%で14年4月期比0.5ポイント上昇、販管費比率は68.4%で同3.0ポイント低下、ROEは13.1%で同4.5ポイント上昇、自己資本比率は35.6%で同12.2ポイント低下した。配当性向は19.7%だった。

■16年4月期第3四半期累計は増収増益

 今期(16年4月期)第3四半期累計(5月~1月)の連結業績は、売上高が前年同期比8.1%増の16億41百万円で、営業利益が同10.4%増の2億80百万円、経常利益が同8.0%増の2億77百万円、純利益が同11.8%増の1億77百万円だった。

 暖冬の影響でスーパーデリバリーにおけるアパレル商品の国内流通額が減少したため、EC事業の売上高と利益がやや伸び悩んだが、第2四半期累計に黒字転換したPaid事業の順調に拡大した。人件費の増加、15年8月開始の「スーパーデリバリー」越境ECサービス「SDexport」の準備費用などを吸収して2桁営業増益だった。売上総利益は4.8%増加し、売上総利益率は82.8%で同2.6ポイント低下した。販管費3.4%増加し、販管費比率は65.7%で同3.0ポイント低下した。営業外費用では債権流動化費用5百万円を計上した。特別損失では前期計上の事務所移転費用5百万円が一巡した。

 セグメント別(連結調整前)に見ると、EC事業は売上高が同1.7%増の11億71百万円、営業利益が同3.4%増の1億66百万円だった。暖冬の影響を受けて国内流通額が減少したが、海外流通額は大幅伸長した。スーパーデリバリー流通額は同1.0%減の70億27百万円だった。

 なお16年1月末スーパーデリバリー会員小売店数は15年4月末比5263店舗増加の4万9633店舗、出展企業数は同39社増加の1104社、商材掲載数は同8万6759点増加の54万3108点だった。CORECユーザー数は4736社だった。

 Paid事業は売上高が同30.6%増の2億54百万円、営業利益が9百万円の黒字(前年同期は14百万円の赤字)だった。増収効果で営業損益が改善した。Paid加盟企業数は1600社を超え、グループ内を含む取引高は同27.2%増加して96億46百万円となった。大手企業の加盟獲得も増加しているようだ。

 売掛債権保証事業は、売上高が同18.0%増の4億92百万円で、営業利益が同3.3%増の79百万円だった。事業用家賃保証サービスや提携案件も寄与して、グループ内を含む保証残高は同23.7%増加の80億05百万円となった。

 なお四半期別の推移を見ると、売上高は第1四半期(5月~7月)5億33百万円、第2四半期(8月~10月)5億44百万円、第3四半期(11月~1月)5億64百万円、営業利益は第1四半期87百万円、第2四半期96百万円、第3四半期97百万円だった。

■16年4月期増収増益基調

 今期(16年4月期)通期の連結業績予想(6月10日公表)は、売上高が前期比10.4%増の22億70百万円、営業利益が同23.5%増の4億15百万円、経常利益が同25.4%増の4億10百万円、純利益が同29.4%増の2億60百万円としている。

 スーパーデリバリーの国内流通額伸び悩みの改善、越境ECサービス「SDexport」の規模拡大に取り組む。スーパーデリバリー運営におけるコスト構造見直しも進める。また「COREC」の収益寄与本格化、Paid事業と売掛債権保証事業の一段の収益改善も期待される。

 配当予想は2月25日に増額修正した。前回予想(10月15日公表)に対して期末1円50銭増額して年間4円50銭(期末一括)とした。15年8月1日付株式3分割を考慮して前期の年間6円80銭(期末一括)を年間2円27銭に換算すると実質的に2円23銭増配となる。配当性向は16.9%となる。なお配当の基本方針については、将来の事業展開と経営体質の強化に備えるための内部留保の充実等を勘案しながら、業績を反映した水準で利益還元を実施するとしている。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が72.3%、営業利益が67.5%、経常利益が67.6%、純利益が68.1%である。やや低水準の形だが期後半に向けて収益が積み上がるストック型構造のため、通期ベースでも増収増益基調が予想される。そして中期的にも収益拡大基調だろう。

■株価は戻り歩調で1月高値目指す

 株価の動き(15年8月1日付で株式3分割、16年3月29日付で東証1部に市場変更)を見ると、フィンテック関連で人気化した1月高値879円から一旦反落したが、2月12日の直近安値393円から切り返し、16年4月期配当予想の増額や東証1部への市場変更なども好感して3月28日の727円まで上伸した。1月高値を目指す展開だ。

 4月1日の終値610円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS15円04銭で算出)は40~41倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間4円50銭で算出)は0.7%近辺、前期実績連結PBR(前期実績に株式3分割を考慮した連結BPS90円29銭で算出)は6.8倍近辺である。なお時価総額は約111億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線を回復して戻り歩調の形だ。1月高値を目指す展開だろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
「後出しじゃんけん」の心配がない電力小売完全自由化関連株は新年度にイベント相場の第2幕目を期待=浅妻昭治(2016/03/22)
【編集長の視点】ブラスは上場来安値から急反発、15店目の新店舗オープンで割安直近IPO株買いが再燃(2016/03/22)
【話題】人工知能が囲碁で連勝しロゼッタなど「AI」関連株が活況高(2016/03/11)
【編集長の視点】フィットは上場来安値から続伸、独自ビジネスモデルを再評価して下げ過ぎ直近IPO株買いが増勢(2016/03/23)
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 11月24日号 プレミアム版 先行配信! 9月稼足銘柄 無料公開中!10月30日終値で229%↑ 180%↑と驚異のパフォーマンス!
11月24日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【11月】/2週//2週/1週
【10月】5週/4週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。