EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

03月10日 相場概況(大引け)

03月10日 相場概況(大引け)
march01_001.jpg 日経平均株価(大引け)=210円高、4日ぶり反発。原油上昇で主力株高、電力は下げ 25.png 【大引け概況】
10日の日経平均株価は4営業日ぶりに反発した。前日比210円15銭高の1万6852円35銭で終えた。
きょうの東京市場はリスク選好ムードのなか終始買いが優勢だった。前日の欧米株市場が総じて堅調だったことに加え、WTI原油価格が今年に入って初めて38ドル台に乗せ、為替も円安方向に振れるなど安心材料が揃った。
年初から下げていた原油先物価格に回復傾向が見られたのも追い風になり、主力株を中心に幅広い銘柄に買いが入った。また、資源株に見直し買いが入り相場を押し上げた。

日本時間今晩に予定されるECB理事会の結果を見たいとの思惑も反映された。日経平均の上昇が一巡した後は様子見ムードも台頭し、後場中盤を過ぎると徐々に上値も重くなった。

大津地裁は9日、関西電の高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)運転差し止めを命じる決定をした。原発事業の先行き不透明感が広がり、関西電が大幅安となった。他の電力株にも売りが波及し、業種別東証株価指数(TOPIX)で「電気・ガス業」は前日比3%下落し、33業種で最も下落率が大きい逆行安となった。

JPX日経インデックス400も4営業日ぶりに反発した。終値は前日比177.77ポイント高の1万2235.49。東証株価指数(TOPIX)も4営業日ぶりに反発し、19.84ポイント高の1352.17で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆431億円だった。売買高は19億8326万株。東証1部の値上がり銘柄数は1680と全体の86%を占めた。値下がりは198、変わらずは65銘柄だった。

個別では、トヨタやスズキが上昇した。国際石開帝石や三菱商も高い。三菱UFJやみずほFGが買われた。台湾のスマートフォン(スマホ)大手と業務提携すると発表したグリーの上げが目立った。セブン&アイ・ホールディングスも買いを集めている。菱洋エレクトロが大幅高、リンクアンドモチベーションも高い。
一方、関西電力が急落したほか他の電力株も軒並み大幅安。NTTやKDDIが下落。三井不や菱地所も下げた。仮想通貨の普及期待から上げ基調が続いていたマネパGが連日で下落した。VOYAGE GROUP、ザッパラスなどの下げもきつい。

東証2部株価指数は3日ぶりに反発した。大引けの2部指数は、前日比42.42ポイント高の4295.28となった。個別銘柄ではサイオス、ソマールがストップ高。RVH、神島化学工業、富士通コン、ラオックスが上げた。一方、ぷらっと、東亜バル、インタートレやアートSHDが下げた


kabu14.jpg 【新興株大引け】
日経ジャスダック平均株価は3日ぶりに反発した。終値は前日比13円44銭高い2416円8銭だった。日経平均株価が4日ぶりに上昇し、新興企業市場でも買い意欲が回復した。バイオ銘柄、民泊銘柄を中心に買いが広がった。
ジャスダック市場の売買代金は概算で763億円と1月26日以来、約1カ月半ぶりの高水準になった。売買高は3億3555万株と1月15日以来、約2カ月ぶりの大商い。
個別銘柄ではシンワアート、イメージ情、フィスコ、ネクスグループがストップ高。セリアやクルーズ、アパマンショが上昇した。半面、ミナトHD、プロルート、アイサンテクや平田機工、トレイダーズは下落した。


東証マザーズ指数は3日ぶりに反発した。終値は前日比11.63ポイント高い920.11だった。マーケットエンタ、ロゼッタ、ミクシィやサイバダイン、ジグソーが上昇した。半面、ブラス、サイジニア、アドウェイズやインフォテリ、アンジェスは下落した。
年度末にかけて相次ぐ新規株式公開(IPO)銘柄の公募株を買い付けるために換金売りが出やすく、7日に約7カ月ぶり高値を付けたマザーズ銘柄にはやや息切れ感が出て、上昇相場をけん引したそーせいが続落した。一方で、米社との契約といった新たな材料が出たバイオ企業のトランスGが買われるなどの動きも目立った。
「マザーズに昨年12月上場したインベスCをはじめとするIPO銘柄が堅調に推移しているため、個人投資家の投資余力が膨らんでおりIPOに絡んだ換金売りの影響を弱めている」という。

【指標一覧】
終値
日経平均株価 16,852.35 210.15
日経平均先物 16,850.00 220.00
TOPIX 1,352.17 19.84
TOPIX先物 1,349.50 18.50
東証2部指数 4,295.28 42.42
JASDAQ 2,416.08 13.44
マザーズ 920.11 11.63
出来高
東証1部 1983260 2043132
東証2部 81150 19668

大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 11月24日号 プレミアム版 先行配信! 9月稼足銘柄 無料公開中!10月30日終値で229%↑ 180%↑と驚異のパフォーマンス!
11月24日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【11月】/2週//2週/1週
【10月】5週/4週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。