EIMEI.TV 配信拡大!!日本最大規模OCNのパソコンサイトにOPEN!! OCN ビジネスデータにアクセス!
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

《マーケットストラテジーメモ》 2月第2週


【推移】

8日(月):
FX業界が大好きな踊って騒ぐだけの雇用統計祭りは通過。米非農業部門雇用者数は15.1万人増(市場予想は19万人増)。11月、12月分は2000人の下方修正。解釈は「異例の暖冬による追い風が弱まった」とある。まあいまだに古典的な手紙での調査というのも奥ゆかしいが、それで踊るなら阿波踊りの方がよほど賢い。
因みに失業率は4.9%。統計数字や経済指標というものの不透明感を払しょくするほどの権威はないような気がする。コンピュータがどんどん進化して、国内の選挙では投票締め切りと同時に当選確実が出る。理由は出口調査とサンプルによる類推。結論は一緒であることが多いのだがそれこそ数本の木を見て森を図る世界。海のこちらで雇用統計をチマチマと論じている最中。当のアメリカでは日曜の夕方からのフットボールに夢中という因果な世界。
所詮東京市場と言うのはそういう立ち位置にあるということは忘れられない。今年のTVCMのスポンサーはコカ・コーラやペプシコ。食料品や清掃用品など日常消費財を扱う企業の株価は、昨年のスーパーボウル時から他のセクターをアウトパフォームした。だから今年もアメリカの内需系銘柄?なんて声も聞こえないではない。さらに登場するのがスポーツイラストレイテッドの水着特集号の表紙のモデルのアノマリー。SI誌の表紙をアメリカ人が制すれば、その年にS&P500は上昇。アメリカ人でなければ、下落する傾向が高く的中率は8割。東京では話題にならない事柄が、ウォールストリートでは結構真剣に論じられている。彼らは東京時間に騒ぎ遊んでアジア時間の株など蚊帳の外。飲んでいてもよその国の為替や株価が気になる東京市場人とは一味違う。

マイナス金利導入決定はかき消された。先週末まで日経平均株価は221円下げ、円相場は約2円上昇した。「元の黙阿弥ですぐ帳消しになった」との声。宰者の日銀総裁としては腹立たしい限りだろう。捲土重来という言葉はこういう時に使うのだろうし、振り返ってみたら誰もいなかったという喜劇チックな展開。責められた挙句の独り芝居はもう止めにしたいという気持ちも理解できる。何でも欲しがって結果が出なければ阿鼻叫喚。市場は我がままだし貪欲である。「過去2回に比べると、株価や円相場に与えた影響の小ささが際立つ」。そう言われたって本石砲だけでは戦えなくなってきたのも事実。
ここは永田町の決意と覚悟が欲しいというのが市場関係者の静かな声だろうか。
日経平均株価は184円高の17004円と5日ぶりの反発。ドコモ、カシオが上昇。鉄、DOWAが下落。

9日(火):
わかりやすいというか、単純というか・・・。
複雑怪奇に見えるような市場展開だが、売りで攻めようとする立場で考えてみることも重要だろう。例えば春節で中国市場は休場。これをダシにして材料として使えないならば、久しく市場の焦点から外れている欧州に目を向けさせるのが得策。ギリシャのアテネ総合指数は昨日7.9%の下落し464.23ポイント。2012年6月5日の安値476.36ポイントを下回った。2012年と言えば欧州債務危機が高まりを見せたころ。しかもあれだけギリシャの財政の帰趨が危ぶまれた昨年の今頃は700ポイント前後。それよりも今の方が安いということ。実態は何も変化していないのに解釈する方が見えたり見えなフリをすることが多いということでもある。見るものがなければ自然と欧州も目に入り、ドイツDAXも3.3%安で6日続落。
2014年10月27日以来1年3ヵ月ぶりの水準まで下落してきた。その2014年10月27日の日経平均株価は15338円。この時間軸の真似はして欲しくないもの。市場材料は所詮「もぐら叩き」の舞台みたいなものと考えるのが良いかも知れない。おまけにサンタクララで行われたプロフットボウルのスーパーボウルはAFCのブロンコスがNFCのパンサーズを破り3度目の勝利。アノマリー的にはNFCチームが勝てばNY株高ですから市場関係者の願いとは裏腹な結果となった。ちなみに昨年はAFCのペイトリオッツが勝って結局NYダウは7年ぶりの下落。

株式市場よりもさらに大きいのが債券市場。米国10年国債利回りは1.753%。日本の10年国債は0.035%。これはこれで異常な低金利ですが、逆に利回りの急騰=債券価格の下落が起こった時の方が市場的には怖い動き。少なくとも株が下げても債券が買われているうちは危機のサインなどあり得ない。むしろ備えるべきは債券までもが売られること。債券安・株安そして強烈円安となればそれこそ一大事。しかし今はまだ債券高・円高・株安。どこかで暖かい春一番を待ち望む気持ちを持っても悪くはない。
日経平均株価は918円安の16085円と大幅反落。値下がり銘柄は1904、昨年来安値更新銘柄は1904となった。東急建設、OLCが逆行高。三菱UFJ、ユニプレスが下落。

10日(水):
首の皮一枚。板子一枚下は地獄。そんな言葉に象徴されるのは16017円という1月21日安値。前日の日経平均は918円安と今年一番の下落幅であったが、16015円でとどまった。16017円が三寸の船板ということになるのだろうか。夜が明けてみれば続落記録ばかり。NYダウとFT100指数は3日続落。ドイツDAXは7日続落。バルチック海運指数は変わらずを挟んで26日続落。原油はバレル27ドル台まで下がった。でもシカゴの225先物終値は16115円と大証比プラス。前日114円台まで沈んだ円も115円026円まで戻してきた。
そろそろ日本株も売り飽きたと考えたいところ。黒を売り白を買いとして盤面がほとんど黒く埋められてオセロみたいな相場。でも四隅は四つとも埋まっていない。この局面ではむしろ四隅の取り方で一気に形勢は逆転する。どうもそんな状態と思えてならない。相場はオセロ。オセロは最後の数手で逆転可能なゲームでもある。
日経平均株価は372円安の15713円と続落。681銘柄が昨年来安値を更新した。SUMCO、三井海洋が上昇。KDDI、信号が下落。

12日(金):
火曜日以降、3日間の立会いで日経平均は2000円超の下落。25日移動平均線との乖離率はマイナス11.86%で1月21日のマイナス11.66%を上回った。
昨年8月25日のマイナス12.23%の迫った。11日の欧州市場の大幅下落と一時110台となった円高を嫌気というより驚愕しての売り物。昼休みに「安倍首相と黒田日銀総裁、浅川財務官が会談」と伝わり、為替介入への期待感からドル円が113円台に急騰。しかし会談で具体的な材料は出ず、再び軟調な動きとなった。

日経平均株価は760円安の14952円と3日続落。東証1部の売買高は47億416万株、売買代金はオプションSQということもある4兆1833億円。年初来安値更新銘柄は1023。東日本大震災後の2011年3月15日の1048銘柄以来の多さとなった。昨年来高値更新銘柄はゼロとなった。日本紙、ライオンが上昇。野村、トヨタが下落。トヨタの時価総額は1年4カ月ぶりに20兆円を割れた。

(2) 欧米動向

北朝鮮がミサイルを発射。
国連安保理の制裁とアメリカ・中国の動向がクローズアップされるのだろう。
射程距離12000~13000キロというのは結構大きい。
しかし、より大きな問題と思われるのはイランが原油代金をユーロで決済する方向。
やさしいそぶりを見せたアメリカにとっては「え?」の話。
欧州はイラン最大の貿易相手地域の一つであり「請求書では、ユーロでの支払いを明記する」という。
ドル依存の低下が狙いというから世界というか地政学というのはわかりにくいもの。
中東が原油代金にユーロを持ち出してくると、再びユーロ危機が起こらないでもない。
ミサイルよりも何よりもこのマネーの地位の争奪戦こそ火種。
イランも何を考えているのかなかなか理解しにくい。
そして北朝鮮の行動黙認みたいな中国。
1月末時点の外貨準備高は3兆2300億ドルと、前月から995億ドル減少。
2012年5月以来の低水準となった。
昨年12月の1079億ドルに次ぐ規模の減少だったことになる。
外貨建て債務の返済や人民元安防御のためのドル売りなどが背景として継続している。
興味深いのは金の準備高の増加。
昨年末の601.9億ドル→635.7億ドル。
紙ではなくやはり実物こそ信用できるということなのかも知れない。


(3)アジア・新興国動向

中国の春節期間中の日本株は過去10年で8勝2敗と好成績。
昨年ですら2.12%の上昇だった。
だからといって所詮アノマリーはアノマリー。

【展望】
スケジュールを見てみると・・・
15日(月):10~12月GDP、米プレジデンツデーで休場、米ASEAN首脳会議
16日(火):首都圏新規マンション販売、NY連銀製造業景気指数、独ZEW景況感
17日(水):機械受注、訪日外国人数、米生産者物価、鉱工業生産
18日(木):貿易統計、米CB景気先行指数、中国消費者・生産者物価
19日(金):半導体BBレシオ、米消費者物価

最近は忘れられているが数年前から「グレートローテーション」という言葉が出てきた。
低金利で債券運用ができなくなった資金が株に移動するだろうという読みを表現した言葉。
それが日本国債が史上初のマイナス金利になっても日経平均は1000円近くの下落。
どう考えても不自然と言うか変。
金利が上昇して崩壊する国家はあっても金利が下落して崩壊する国はなかろう。
これは通貨が売られて崩壊する国はあっても通貨が買われて崩壊しない国がないのと同じ。
「グレートローテーション」はマイナス金利という「パラダイムシフト」を伴って復活しようか。
一番怖いのはマイナス金利のトレンドが反転して弾みがつきリバウンドでの異常な高金利がくること。
その方がよほど怖い。
リスク回避で安全資産の円とか債券が買われるという解釈が横行するが、パラダイムは変わろう。
まともに考えれば債券がマイナス金利まで買われているのは異常な世界。
「安全資産を保有するためには多少の保険料を払ってもいい」との不安心理なんてどこかおかしい。
異常はどこかで元に戻る筈。
「世界経済の先行きに対する市場からの警戒シグナル」という活字が見られる。
あるいは「弱い鎖がどこで切れるのだろうか」という指摘もある。
みんなが揃って進む方向はたいていは時間がたてば誤ちに気がつくもの。
殺到はピークでいずれ離合集散するのがアメーバのような市場マネーの性格。
もし、今100兆円の運用資産のファンドマネージャーだとしたら・・・。
日本国債売りと配当利回り3~5%の現物株買いのポジションを取りたいものである。
分配金利回り3%台のREITは中途半端な利回りだがそれでもマイナス金利よりはマトモな運用になろう。
いよいよ債券市場に「宴のあとの悪魔」が来てもよいだろう。

以下はバンカメ・メリルの日本株投資戦略。
この解釈が正しいと思われる。
「日銀はまだ本気出してないだけ。政策金利マイナス1%時の日本株。

(1)日銀が政策金利をマイナス1%まで引き下げても現在の日本のイールドカーブの形状が維持される場合には2年物国債利回りはマイナス1.08%となる。
金利差拡大とインフレ期待上昇から7%程度円安が進行すれば日本の企業業績は5%程度増加すると試算される。
(2)日銀が政策金利をマイナス1%まで引き下げれば、リスクフリーレートの低下と株式リスクプレミアムの低下の両方からバリュエーションは上昇する可能性が高い。
日銀がマイナス金利を導入する前の1月28日の10年物国債利回りは0.2%。株式リスクプレミマムは7.6%、PERは12.8倍であった。
もし10年物国債利回りがマイナス0.8%まで低下し株式リスクプレミアムが7%ポイントまで低下すればPERは16倍となり、マイナス金利導入前から25.8%上昇すると計算される。
(3)日銀が政策金利をマイナス1%まで引き下げ、企業の預金にマイナス金利が課され、個人の銀行口座への手数料が強化されれば、企業による自社株買いが増加。
個人の預金が配当利回りの高い株式やREITに投資される可能性があろう。
東証一部上場企業(除く金融)と家計の現預金はそれぞれ122兆円、887兆円ある。
業績、バリュエーション、需要の変化を通じて政策金利マイナス1%は日本株にポジティブな影響をもたらそう。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 04月25日号 プレミアム版 先行配信! 2月稼足銘柄 無料公開中!3月31日終値で214%↑ 188%↑と驚異のパフォーマンス!
04月25日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

株式透視論2017 発売中

04月24日号[配信中]
07月19日号[配信中]

4月27日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
2016年08月09日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年05月19日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年04月28日 櫻井英明氏 株式講演会
2016年03月29日 櫻井英明氏 株式講演会
クレカ決済対応
■FREE アーカイブ

【3STEP 購入説明】
【手軽!コンビニ払い】

【2017年】
【4月】2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週

04月24日(月)
【国内】
景気一致指数 (14:00)
3月全国スーパー売上高
《決算発表》
イーブック、さくら、JSR、アンジェスMG、KABU.COM、センチュリー21、コクヨ

【海外】
独4月Ifo景況感指数(17:00)
米3月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米4月ダラス連銀製造業活動(23:30)
《米決算発表》
ハリバートン、キンバリー・クラーク、アメリプライズ・ファイナンシャル
休場:インドネシア

04月25日(火)
【国内】
【国内】
3月企業向けサービス価格指数(8:50)
《決算発表》
OBC、ユアテック、エムスリー、オービック、シマノ、キヤノン電、キヤノンMJ、日電産、中外薬、総合メディ、コメリ、蝶理

【海外】
朝鮮人民軍創軍85周年
米2月FHFA住宅価格指数
米2月S&Pコアロジックケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米3月新築住宅販売件数
米4月CB消費者信頼感指数(23:00)
米4月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米2年国債入札
《米決算発表》
ラボラトリー・コープ・オブ・アメリカHldg、マクドナルド、コーニング、コカ・コーラ、バイオジェン、キャタピラー、3M、AT&T、テキサス・インスツルメンツ・インコーポレーテッド、イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール、イーライリリー・アンド・カンパニー、ゼロックス、S&Pグローバル、ロッキード・マーチン、レイノルズ・アメリカン
休場:豪、NZ


04月26日(水)
【国内】
日銀金融政策決定会合(~4/27)
2月全産業活動指数(13:30)
《決算発表》
トーメンデバ、SMK、積水樹、JFE-SI、JFEコンテナ、アイカ工、VOYAGE、LINE、花 王、ヤフー、日立建、アマノ、航空電、スタンレ電、GMOクリック、キヤノン、SHOEI、北陸電、メタウォーター、日車輌、東エレデバ、日立ハイテク、ソフトバンテク、日立工、富通ゼネ、日立国際、小糸製、大ガス、日信工業

【海外】
ASEAN首脳会議・関連会合(~4/29マニラ)
米5年国債入札
《米決算発表》
シーゲイト・テクノロジー、P&G、ボーイング、ペイパル・ホールディングス、オライリー・オートモーティブ、アムジェン、アンセム、ペプシコ、ユナイテッド・テクノロジーズ、ナスダック

04月27日(木)
【国内】
日銀政策金利発表
日銀4月「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)
黒田日銀総裁会見
《決算発表》
松井証、ヒューリック、川重、大特鋼、アステラス薬、キッコーマン、積水化、大阪製鉄、日立キャピ、新明和、NSD、東海理化、きんでん、不二家、カワチ薬品、野村不HD、GMOペパ、協和キリン、NRI、栄研化、鳥居薬、サイバエージ、富士フイルム、ファンケル、デクセリアルス、JFEHD、邦チタニウム、GMOメディア、コマツ、アイチコーポ、富士電機、マキタ、東光高岳、JVCKW、NEC、アンリツ、アルプス、日立マクセル、アドバンテ、ファナック、日野自、信越ポリ、日ガス、野村HD、NECキャピ、JR東海、日立物、沖縄セルラー、NTTドコモ、東北電、北海電、カプコン、オムロン、イビデン、太平洋、パナホーム、コーエーテクモ、三菱総研、enish、OLC、キーエンス、任天堂、平和不、フタバ

【海外】
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)
安倍首相、ロシアや英国訪問(~4/30)
米3月耐久財受注
米3月製造業受注(21:30)
米3月中古住宅販売仮契約(23:00)
米7年国債入札
《米決算発表》
ダウ・ケミカル、フォード・モーター、ユナイテッド・パーセル・サービス、インテル、アルファベット、スターバックス、マイクロソフト、エクセル・エナジー、CMEグループ、アメリカン・エレクトリック・パワー、サウスウェスト航空、インベスコ、アンダーアーマー、コムキャスト、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、アメリカン航空グループ、ウエスタン・デジタル、アマゾン・ドット・コム、エクスペディア、ベリサイン、アフラック、プリンシパル・ファイナンシャル・グループ、イーストマン・ケミカル
休場:南ア

04月28日(金)
【国内】
3月失業率・有効求人倍率、家計調査、消費者物価指数(8:30)
3月商業動態統計、鉱工業生産(8:50)
3月住宅着工件数(14:00)
2年国債入札
《決算発表》
大東建、NSSOL、川崎船、デンソー、豊田織機、ゼオン、JPX、郵船、商船三井、トクヤマ、日新製鋼、三菱電、アイシン精、三菱倉、ジェイテクト、ガイシ、豊通商、トヨタ紡織、東亜合成、シャープ、東武、京王、東ガス、豊田合、関電工、M&A、山崎パン、キリンHD、サントリーBF、MonotaRO、セーレン、ガンホー、Aiming、信越化、大塚商、コーセー、日電硝、新日鉄住、神戸鋼、日立金、栗田工、富士通、エプソン、ソニー、村田製、マツダ、ホンダ、大和証G、JR東日本、JR西日本、ヤマトHD、JAL、ANA、東京電、関西電、中国電、九州電、SCSK、TOTO、リコー、東エレク、ヒロセ電、日東電、中部電、Jパワー、小林製薬、スタートトゥ、マブチ、SBI

【海外】
英1-3月期GDP(17:30)
米1-3月期GDP速報値(21:30)
米4月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
米国政府の暫定予算案の採択の期限
《米決算発表》
ゼネラル・モーターズ、エクソンモービル、シェブロン、ホスト・ホテル・アンド・リゾート、グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー、キャボット・オイル&ガス
>
※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。