EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト

03_katakome41.jpg

<兜町カタリスト>

「宴のあと」

首の皮一枚。
板子一枚下は地獄。
そんな言葉に象徴されるのは16017円という1月21日安値。
昨日の日経平均は918円安と今年一番の下落幅であったが、16015円でとどまった。
16017円が三寸の船板ということになるのだろうか。
夜が明けてみれば続落記録ばかり。
NYダウとFT100指数は3日続落。
ドイツDAXは7日続落。
バルチック海運指数は変わらずを挟んで26日続落。
原油はバレル27ドル台まで下がった。
でもシカゴの225先物終値は16115円と大証比プラス。
昨日114円台まで沈んだ円も115円026円まで戻してきた。
そろそろ日本株も売り飽きたと考えたいところ。

最近は忘れられているが数年前から「グレートローテーション」という言葉が出てきた。
低金利で債券運用ができなくなった資金が株に移動するだろうという読みを表現した言葉。
それが日本国債が史上初のマイナス金利になっても日経平均は1000円近くの下落。
どう考えても不自然と言うか変。
金利が上昇して崩壊する国家はあっても金利が下落して崩壊する国はなかろう。
これは通貨が売られて崩壊する国はあっても通貨が買われて崩壊しない国がないのと同じ。
「グレートローテーション」はマイナス金利という「パラダイムシフト」を伴って復活しようか。
一番怖いのはマイナス金利のトレンドが反転して弾みがつきリバウンドでの異常な高金利がくること。
その方がよほど怖い。
リスク回避で安全資産の円とか債券が買われるという解釈が横行するが、パラダイムは変わろう。
まともに考えれば債券がマイナス金利まで買われているのは異常な世界。
「安全資産を保有するためには多少の保険料を払ってもいい」との不安心理なんてどこかおかしい。
異常はどこかで元に戻る筈。
「世界経済の先行きに対する市場からの警戒シグナル」という活字が見られる。
あるいは「弱い鎖がどこで切れるのだろうか」という指摘もある。
みんなが揃って進む方向はたいていは時間がたてば誤ちに気がつくもの。
殺到はピークでいずれ離合集散するのがアメーバのような市場マネーの性格。
もし、今100兆円の運用資産のファンドマネージャーだとしたら・・・。
日本国債売りと配当利回り3~5%の現物株買いのポジションを取りたいものである。
分配金利回り3%台のREITは中途半端な利回りだがそれでもマイナス金利よりはマトモな運用になろう。
いよいよ債券市場に「宴のあとの悪魔」が来てもよいだろう。

以下はバンカメ・メリルの日本株投資戦略。
この解釈が正しいと思われる。
「日銀はまだ本気出してないだけ。政策金利マイナス1%時の日本株。

(1)日銀が政策金利をマイナス1%まで引き下げても現在の日本のイールドカーブの形状が維持される場合には、
2年物国債利回りはマイナス1.08%となる。
金利差拡大とインフレ期待上昇から7%程度円安が進行すれば日本の企業業績は5%程度増加すると試算される。

(2)日銀が政策金利をマイナス1%まで引き下げれば、
リスクフリーレートの低下と株式リスクプレミアムの低下の両方からバリュエーションは上昇する可能性が高い。
日銀がマイナス金利を導入する前の1月28日の10年物国債利回りは0.2%。
株式リスクプレミマムは7.6%、PERは12.8倍であった。
もし10年物国債利回りがマイナス0.8%まで低下し株式リスクプレミアムが7%ポイントまで低下すれば
PERは16倍となり、マイナス金利導入前から25.8%上昇すると計算される。

(3)日銀が政策金利をマイナス1%まで引き下げ、企業の預金にマイナス金利が課され、
個人の銀行口座への手数料が強化されれば、企業による自社株買いが増加。
個人の預金が配当利回りの高い株式やREITに投資される可能性があろう。
東証一部上場企業(除く金融)と家計の現預金はそれぞれ122兆円、887兆円ある。
業績、バリュエーション、需要の変化を通じて政策金利マイナス1%は日本株にポジティブな影響をもたらそう。

週末に名古屋で頂戴したのが「おみくじチョコ」。
昨夜、今日の相場を占って引いてみたら「大吉」。
「ずっと欲しがっていた物が手に入るチャンス。
見逃さないように回りをしっかりチェック。
ラッキーアイテムは鏡。ラッキーナンバーは1」。
鏡の向こうに踏み込んだマイナス金利はラッキーなのだろうか。
おみくじ上は今日の相場展開はよさそうな気になる。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 10月20日号 プレミアム版 先行配信! 8月稼足銘柄 無料公開中!9月30日終値で275%↑ 184%↑と驚異のパフォーマンス!
10月20日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

10月19日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【10月】3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。