EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト

03_katakome41.jpg

「0.095%」

日銀がマイナス金利の導入を決定。
2014年10月の黒田バズーカ砲ほどではないだろうが速射砲くらいの影響はあろうか。
結果発表直後に急騰→急落→急騰のと大変動はそれぞれの解釈の相違。
銀行が貸し出しを増やすかどうかに対する疑問もあるということだろうか。
バブルで委縮し、リーマンで小さくなったバンカー精神が発揮できるかどうか。
それがここからの問題ではある。
とはいえ・・・。
市場は変化を求める場所。
しかも月末にはきっちり1月SQ値17420円を抜いたという事実。
2014年10月水準を下回れば日銀のメンツが経たないという読みは当たったことになる。
だからこそ東証1部売買代金は8月25日以来の4兆4317億円だった。
この1ヶ月で分かったことは、「やはり押してもダメなら引いてみな」の心理。
換言すれば「買ってもダメなら売ってみな」の簡単な手法。
上に限界があるのなら、一度引いて飼い葉を与える常套手段が発揮されたということだろうか。
因みに・・・。
日経平均は週間では559円高となり今年初の週間上昇。
週足では2週連続陽線となった。

日銀のマイナス金利導入を受けての市場の声。
「多くの国が成長支援のために通貨安を望んでいる。
FRBが、非常に慎重にアクセルから足を踏み外そうとし続けるなか、ECB、日銀、 中国人民銀行は、
さらに力強く景気刺激のアクセルを踏もうとしている」。
興味深いのは「各国は、システムが対応可能な緩やかな成長を創出する政策を模索するのではなく、
わずかな成長を目指すにとどまっている。
これは大きな悲劇だ。
より高い成長ができるのに、勢いが抑えられている」という指摘。
まさに官僚的動きが世界の常識ということなのかも知れない。

また変になってきたのがアメリカのGDPと金融引き締めの解釈の関係。
10~12月のGDPが年率換算前期比0.7%増で着地。
7~9月は2.0%増だっったから悪化した。
ところが市場の解釈は「早期利上げ観測後退」。
これを受けてNY株式市場は上昇。
景気が悪いのに金利面から株価が上昇するのはどこは不自然な展開。
次のポイントはここになろうか。
因みに2015年通年の実質GDPは2.4%増。
第4四半期の在庫投資は686億ドルで第3四半期の855億ドルからは減少。
個人消費は2.2%増で前期の3.0%増と比べて鈍化。
税金や物価変動を調整した家計の可処分所得は3.2%増。
貯蓄は第3四半期の7006億ドルから7393億ドルに増加。

ドル円は日銀のゼロ金利導入を背景に121円台。
円売りドル買いの格好。
しかし同時に米10年国債利回りは1.922%と低下。
日本の10年国債が前日比0.1215%低下し0.095%になったことへの追随かも知れない。
史上初の0.1%割れである。
しかし、米国債利回りの低下がどうも不自然なのが気にかかる。
この先、FRBの追加利上げがないという読みだとしたら、リスクを取らない一方での株高傾向。
リスク重視とノンリスク重視のどちらかが間違っていると言わざるを得ない。
如月の進展とともにどちらが正しいのかが明らかになるのだろう。
少なくとも空売り比率が37%台まで低下したことだけは好感できる。
日銀のマイナス金利の導入という劇薬の副作用のレベル次第ということなのだろう。

個別では日経朝刊トップが「遺伝子治療薬国内発売へ」の見出し。
2020年に400億ドル市場が見込まれる遺伝子治療薬の市場。
ただ製品化に至っていない現実だが、ようやく日本のチカラが発揮されるときが来た印象。
一昨年の改正薬事法による遺伝子治療の規制緩和は日本を世界のトップランナーに押し上げた。
ようやくそれが現実化してきたということだろう。
第1号は田辺三菱だが、実体は重症虚血肢の薬を開発したアンジェスMG(4563)の成果。
じっと見てきただけに「ようやく」の感ひとしおである。
アステラスも米バイオベンチャーのベリカムと組んだ進行がん治療薬を開発中との紹介もあった。
がんを攻撃する遺伝子を挿入した細胞を培養して患者さんに注射するという。
ナノキャリのドラッグデリバリーシステムが脳裏に浮かんできた。

2014年6月に4兆ドル近くまで膨らんだ中国の外貨準備。
2015年末には3兆3300億ドルと2割減少した。
「外貨がさらに減り、投機筋の標的になった時、中国政府や世界経済は耐えられるのか」との賢い声もある。
中国1月購買担当者景気指数(PMI)が邪魔してくれないことだけを願いたいところ。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 11月24日号 プレミアム版 先行配信! 10月稼足銘柄 無料公開中!11月30日終値で143%↑ 129%↑と驚異のパフォーマンス!
11月24日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【11月】4週//3週//2週/1週
【10月】5週/4週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。