EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト

03_katakome41.jpg

<兜町カタリスト>


「マイ変だ」

あれこれ詮索する向きも少なかったがFOMCは通過。
常識的には何もなくての着地が当然の帰着。
なのに市場関係者が騒ぐからムードだけは「FOMC待ち」になる。
12月16日にようやく重い腰を上げて利上げした次のFOMCに何があるというのだろう。
雇用統計とFOMCに終始する経済スケジュール投資の弱点でもあろうか。
とはいえ・・・。
米利上げ以降の下落率はNYダウ9%、NASDAQ10%とキツイ。
利上げ決定時のNYダウは224ドル高、S&P500は29ポイント高。
利上げ好感だったが、結論は従来通りの利上げ後株安。
フツーは3週間程度で落ち着くのが常識的だが、今回はここに原油とチャイナが加わったのが余計だった。

今朝の不可解は二つ。
一つはボラティリティインデックスの日米の違い。
NY株は下落しているもののVIX(恐怖)指数は23.42とフツーの水準。
しかし日経VIは38.11と高止まりして下がってこない。
昨日の日経平均400円高でもVIは若干上昇。
これが20ポイントレベルまで下げてこないと落ち着かない。
二つ目は空売り比率の高どまり。
日経平均大幅上昇にもかかわらず空売り比率は41.8%。
昨日の上げを信じなかったのか、自動的な空売りが減らないのか。
あるいは今日の相場は下げと見たのか、理由は定かではない。
しかし目の前を「変だ」という事柄が通り過ぎている。
大きく反落したNY株だったが、シカゴの戻りはそれほどの下げでもない。
円ベースでは昨日CME終値と同じ水準。
ということは、続伸の可能性もあるということになろうか。
続伸記録の点ではNY先行だったが昨日の反落で東京にアドバンテージとなった。
今日続伸できれば、明日3日続伸記録更新へのエントリー。
日銀金融決定会合に期待する訳ではないが、ボラの低下と投資心理の復活は求めたい。
未来へタスキをつなぐ希望の日となって欲しいところ。

そのボラだが、今年に入っての225先物の日中値幅は200円以上となっている。
大納会が130円だったが、大発会580円、5日が240円。
7日510円、15日570円、20日710円、21日790円。
26日は210円と低下し昨日が300円。
17営業日のうち500円超の下落5回、上昇2回。
短期に暴れる向きは日々存在しているし、この回数が売り買い逆転すれば売り方も安穏ではない。
因みに松井証券経由の信用評価損率速報の売り方はマイナス7.209%。
1週間前はマイナス0.233で我が世の春だったが一転含み損もでてきた。
信用評価損率ゼロ近辺で株価反転のアノマリーは今回も生きた。
一方買い方はマイナス14.267%。
1週間前のマイナス21.138%からは好転した。
売り方のマイナス率との逆転が株価上昇加速のサインとなろう。
目標がなければ動けないのが市場心理であるならば・・・。
そのシルシの第一関門は1月SQ値17420円だろうか。
「大変だ」という市場関係者の声には何の権威も正統性もない。
むしろ「マイ変だ」に気が付き、着目することが株式投資のだいご味の一つ。
無条件に市場関係者の声を信じるのではなく、おかしな部分に気がつくことが重要。
ただ、性格は相当悪くなるだろう。
最近は中島敦の山月記の隴西の「性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く」が理解できてきたような気がする。

日経平均の25日移動平均は17816円で3.66%のマイナスかい離。
75日線は18691円で8.17%のマイナスかい離。
200日線は19336円で11.24%のマイナスかい離。
一目均衡の雲も勝手雲もまだ何も示唆しては見えない。
騰落レシオは63.12と低水準なまま。
サイコロは5勝7敗で41.7%と復活感。
Quick調査の信用評価損率(1月22日現在)はマイナス16.62%で3週連続悪化。
裁定買い残は2252億円減少し2兆1123億円で3週連続の減少。
因みに売り残は565億円増の4390億円。
15年9月4日の過去最高水準6260円までまだ間があるがそれ以来の水準。
日経平均採用銘柄のPERは14.31倍(EPSは1199円)。

グーグルは予想より10年早く囲碁最強の可能性のあるAIを開発。
中古マンション価格は上昇継続。
国内乗用車8社の2015年の世界生産台数は4年連続で過去最高更新。
銅の国際価格も上昇し始めた。
そろそろ啓蟄を迎えてもよかろう。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 10月27日号 プレミアム版 先行配信! 9月稼足銘柄 無料公開中!10月30日終値で229%↑ 180%↑と驚異のパフォーマンス!
10月27日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

10月26日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。