EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト

03_katakome41.jpg

<兜町カタリスト>


「臨機応変?」

マーケットで一番悪い存在は心配そうな顔をしてほくそ笑んでいる人種だろうか。
あるいは笑いながら「下げると大変ですから注意が必要です」という解説。
注意だけしていれば相場の下落を避けられる訳はない。
あるいは下がって弱気上がって強気の臨機応変的解釈。
むしろこの臨機応変にはそれこそ注意が必要かも知れない。
昨日のラジオNIKKEI「株とびら」の書き込み。
「相場は値動きがとても荒く一方通行ですね。
アルゴトレード全盛期で仕方ないのかもしれませんが。
ドライな相場、人の温かみを感じない相場は疲れます。
あと新規の投資家も入りづらいですよね。
何とかならないものなのか、そう思う今日この頃です」。
前場にストボでカブコムの山田さんと全く同じことを嘆いたばかり。
無機質な機械売買に相場観などないことが今の相場を無機質にしている。
ヒトの存在感が薄くなり、相場も薄っぺらな展開と言えるのかも知れない。

結局相場は材料ではなく動機なのだろうか。
上げたい動機、下げたい動機。
それは欲望とタイミング、あるいはリズムとハーモニーの世界にも思えてくる。
興味深かったのは日経朝刊の見出しの組み合わせ。
「上海株、6%超急落」の下に「NY株反発。一時250ドル高」の見出し。
夕刻の上海をしり目に「あ、そう」とばかりに原油価格の上昇をはやしてのNY株高。
市場で言われる中国懸念など全くお構いなしで原油が反発すれば株価は上昇。
SMAPのShanhaiの「S」はあまり意味がないのかも知れない。
そもそも上海株式市場は外国人投資家の参入制限がバリバリで思うようには売買できない市場。
所詮中国国内の事情を反映した相場であり、機械の大好きな売買はぼ不可能な筈。
だったら隣の国で同じ時間帯の東京株式市場は流動性や参入障壁の少なさでは格好の代替市場。
鎖国こそ金融市場独立の早道というパラドックスはあながち無理筋でもない。
先物手口をみればアムロやニューエッジなどの乱舞。
43%まで上昇した空売り比率。
そして7か月ぶりに3兆円を割り込んだ信用買い残。
勝ち負けのコントラストを濃くした主役は残念ながら鮮明になった。
「日銀追加緩和がなければ上に行く力はない」とまで解釈された東京市場。
NYのおまけで前場は上昇は既定路線。
日銀追加緩和がなくても自助努力で上がれることを証明するには後場の展開が重要になる。

原油市場ではイラクとロシアが減産方向で歩み寄りの姿勢。
雪が解ければ花が咲くのは自然も相場も一緒。
SMSPの「S」と「P」が消えれば残るは「M」と「A」。
その「M」はFOMCでは何も起こらず日銀は悪いことはしないポジティブサプライズ期待。
「A」のアップルの第1四半期決算。
iPhone販売が予想を下回り出荷の伸びが過去最低で着地。
販売台数は7480万台(市場予想7550万台)。
出荷の伸びは0.4%で2007年以降で最低。
しかし純利益は1.9%増の183.6億ドル、売上高は1.7%増の758.7億ドルで過去最高。
中国関連の売上高は14%だったがこの解釈は結構難しい。

面白かったのはその原油価格の下落がエコカーの未来を狭く下と言う日経スクランブルの指摘。
確かにガソリン価格は下落を継続し沖縄では1リッター90円台。
こうなると敢えてエコカーでなくても、あるいは新燃料でなくても問題はない。
環境面の問題は別にして石油ジャブジャブの世界は、新たな材料を求めなくなる。
原油ジャブジャブの幻想におぼれて迎えたのは70年代のオイルショックだったが・・・。

今週号の週刊現代の見出しは「最悪の事態を想定せよ 激震! 株価1万4000円割れへ」。
これを底打ちサインのアノマリーと読みたいところ。
しかし同時に発売された週刊ポストは「わずか半年で株価23000円大反騰」。
こいつが邪魔なような気もする。
要は週刊誌ベースも気迷っているのだろうか。
兜町の相場も不毛だが、永田町の不毛も一緒。
昨日の国会での野党の代表質問は「累進課税の強化」。
本気で推進すればマネーは逃げ出し、消費は停滞する。
どうしてこの単純な論理が理解できないのだろうか。
分配では消費は増えないし景気はよくならない。
切実性のないお金こそ景気けん引の機関車。
「成長によって格差は解消する」の方が正論に聞こえる。
ただ前自民党総務会長の野田聖子氏は「2020年まで安部首相」とのコメント。
石破地方創生相の勉強会は50名参加。
どうも選挙の匂いがしてきた印象。

大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 11月17日号 プレミアム版 先行配信! 9月稼足銘柄 無料公開中!10月30日終値で229%↑ 180%↑と驚異のパフォーマンス!
11月17日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【11月】/2週//2週/1週
【10月】5週/4週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。