EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

01月20日 相場概況(大引け)

winter_02.jpg 25.png 【大引け概況】
20日の日経平均株価は大幅に反落した。終値は前日比632円18銭安の1万6416円19銭だった。昨年来安値を更新し、日銀が追加の金融緩和を決めた2014年10月31日以来およそ1年3カ月ぶりの安値を付けた。下げ幅は今年最大の大きさ。原油価格の下落が止まらず、先進国を含む世界経済への悪影響に警戒感が強まった。
運用リスクを回避する動きが一段と広がり、東証1部全体の97%に相当する1886銘柄が下落する全面安の展開となった。

東証株価指数(TOPIX)は反落し、前日比51.44ポイント安の1338.97と14年10月31日以来の安値に下落。
JPX日経インデックス400の終値は前日比458.75ポイント安い1万2065.32だった。

日経平均は下げ幅が一時650円を超え、1万6300円台後半に下落した。WTI原油が日本時間20日の時間外取引で1バレル27ドル台に下落し、産油国の政府系ファンドの売りなどを警戒する動きが改めて強まった。為替の円高も逆風材料となり、日経平均は先物主導で後場終盤に一段安となった。

このところ米国で低調な経済指標の発表が相次いでいるほか、前日には国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを下方修正。ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)悪化への懸念で、目先1万6000円前後まで下落することへの警戒が強まった。
半面、市場では「足元の水準は日本企業の減益まで織り込んだ水準で、実際の企業業績からみて売られすぎ感が強い」との声も聞かれた。

東証1部の売買代金は概算で2兆6725億円、売買高は25億6622万株。東証1部の値上がり銘柄数は40、変わらずは9だった。

個別では、ソフトバンクとソニーがともに7%超下げた。ファストリやファナック、ダイキンといった値がさ株が軒並み下げ、指数を下押しした。公開価格を下回ったゆうちょ銀は個人投資家の投げ売りも加わって下げ幅を広げた。クックパッドはストップ安。コア、アクリーティブ、日本通信なども大きく値を下げた。
日経平均構成銘柄では日水と花王の2銘柄が上げた。
さくらインターネットが買われ、サイバネットシステムはストップ高。津田駒工業、タカキタも上昇した。

東証2部株価指数は反落した。大引けの2部指数は、前日比112.25ポイント安の4258.33となった。
個別銘柄ではアートSHDがストップ安。ぷらっと、土木管理試験所、くろがね工作所、朝日インテク、象印が下落。一方、旭コンクリ、カーチスHD、ハイレックスは上昇した。

1009ko.jpg 日経ジャスダック平均株価は反落した。終値は前日比61円10銭安い2408円98銭だった。
新興企業銘柄にもリスク資産を処分する目的の売り圧力が強まった。「2016年に入り株価指数が下落する日が増えて先安観が強まり、PER(株価収益率)などに割安感が出ても個人投資家の押し目買いは鈍い」という。
ジャスダック市場の売買代金は概算で654億円、売買高は1億9874万株だった。
個別銘柄ではSシャワー、FVCがストップ安。アイサンテクやクルーズ、ノジマ、ガーラ、ミナトHD、ミが下落した。半面、ドーン、ビーマップがストップ高。イメージワン、ワールドHD、フロイント、マクドナルドやイリソ電子、メッセージは上昇した。

東証マザーズ指数は大幅反落した。終値は前日比45.99ポイント安い751.19。個別銘柄ではエンバイオHDがストップ安。フルスピード、エイジア、ミクシィやそーせい、グリンペプが下落した。一方、Hamee、ジグソーがストップ高。モルフォやジグソー、ファストロジが上昇した。


【指標一覧】
終値
日経平均株価 16,416.19 -632.18
日経平均先物 16,320.00 -740.00
TOPIX 1,338.97 -51.44
TOPIX先物 1,334.50 -55.50
東証2部指数 4,258.33 -112.25
JASDAQ 2,408.98 -61.10
マザーズ 751.19 -45.99
出来高
東証1部 2566220 2672596
東証2部 88660 19825

大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月22日号 プレミアム版 先行配信! 7月稼足銘柄 無料公開中!8月31日終値で180%↑ 190%↑と驚異のパフォーマンス!
09月22日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

09月14日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【9月】1週
【8月】5週4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。