EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

01月08日 相場概況(寄り付き後)

winter_02.jpg 日経平均株価=10時、下げ一服 自動車など輸出株を中心に買い戻し 1009K.jpg
【寄り付き概況】
8日寄り付きの日経平均株価は5日続落して始まった。
下げ幅を一時260円程度まで拡大し、1万7500円ちょうど近辺まで下落。
取引時間中としては2015年10月1日以来、およそ3カ月ぶりの安値に水準を切り下げた。不安定な値動きを続ける中国株や人民元相場への警戒感から、前日の欧米株式相場が軒並み下落。東京市場でも運用リスクを避ける動きが広がった。

【10時の概況】
日経平均株価は前日比142円34銭安の1万7625円00銭で推移。
日経平均株価は下げが一服した。下げ幅を50円程度まで縮め、1万7700円台前半まで持ち直す場面があった。
これまで軟調だった機械や電気機器、自動車など輸出株を中心に買い戻しが入った。
JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も下げ渋っている。

中国株の動向や人民元の基準値を見極めたいとの雰囲気が強い。市場では「欧米市場での人民元がやや落ち着きつつあり、人民元安にはいったん歯止めがかかるとの見方が広がってきた」との指摘もある。

中国当局が7日、株式相場の急変時に取引を停止する「サーキットブレーカー」制度を停止すると発表。「中国株を売り急ぐ動きは抑えられる」との思惑が、日本株の短期的な買い戻しにつながっている面もある。

■日経平均  17,625.00(-142.34)
■日経平均先物 17,640(-20)
■TOPIX先物  1,448.00(-5.50)
■騰落  上昇287/下落1,525
■日経JQ  2,576.71(-21.42)
■マザーズ指数 859.07(-20.74)

日経平均マイナス寄与度は82.77円の押し下げでファストリがトップ。以下、セブン&アイが5.34円、塩野義が4.12円、花王が3.84円と続いている。

プラス寄与度トップは東エレクが日経平均を8.04円押し上げている。次いで京セラが3.77円、アドテストが3.14円、ブリヂストンが2.20円と続く。


10時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆428億円、売買高は8億1545万株。東証1部の値下がり銘柄数は1525と、全体の8割弱を占めた。値上がり銘柄数は287、変わらずは112銘柄だった。業種別では33業種中31業種が下落し、上昇はゴム製品、機械の2業種のみ。値下がり1位は電気・ガスで、以下、海運、小売、サービス、その他金融、医薬品と並ぶ。

前日に割安な新料金プランを発表したソフトバンクが下落。業績予想を引き下げたファストリの値下がりが目立つ。塩野義や第一三共など医薬品が軒並み安い。一方、業績予想を引き上げた良品計画は大幅高。スクリンや東エレクの値上がりが目立つ。

東証2部株価指数は下落。ラオックスやアートSHDが下げ、RVHとタカトリが上げた。

1009ko.jpg ■リプロセル(4978)
ゴールドマン・サックス証券が投資判断「買い」、目標株価690円でカバレッジを開始している。現在の主力事業は研究開発試薬であり、また再生医療関連銘柄として注目されることの多い同社だが、今後5-10年の成長ドライバーは製薬企業向け創薬支援事業と考えている

■グリーンペプタイド (4594)
久留米大学と同社、富士フイルムが共同開発した免疫治療薬「がんペプチドワクチン」について、18年にも医薬品医療機器総合機構(PMDA)に薬事承認申請する方針を明らかにしたと一部地方紙で報じられて

■東京個別 (4745)
決算を発表。16年2月期第3四半期累計(3-11月)の経常利益(非連結)が前年同期比32.5%増の6.8億円に拡大して着地したことが買い材料。

225先物は三菱・メリル・ニューエッジ・バークレイズ・クレディ・パリバが買い越し。
野村・シティ・JP・アムロ・みずほ・GS・UBSが売り越し。
TOPIX先物はメリル・クレディ・ニューエッジ・JP・三菱が買い越し。
バークレイズ・野村・パリバ・日興・ドイツ・GSが売り越し。

外資系等はレオパレス(8848)、朝日インテック(7747)、東北電(9506)に注目。

テクニカル的にはあさひ(3333)、セ硝(4044)、東京個別(4745)、古河電(5801)、萩原工(7856)、ユニー(8270)、ボルテージ(3639)、ソースネク(4344)、Nフィールド(6077)、タダノ(6395)、任天堂(7974)が動兆。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 10月20日号 プレミアム版 先行配信! 8月稼足銘柄 無料公開中!9月30日終値で275%↑ 184%↑と驚異のパフォーマンス!
10月20日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

10月19日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【10月】3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。