EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

12月21日 個別銘柄情報 [9090]丸和運輸機関

[12月21日更新]

丸和運輸機関は年初来最高値3050円を意識した動きを予想

■11月16日の2011円を底にほぼ一直線に2760円まで切り返す

 丸和運輸機関<9090>(東1)の株価は、11月16日の2011円を底にほぼ一直線に12月3日の2760円まで切り返した後、一服している状況であるが、今期も最高益更新を見込むことから、年初来の最高値3050円を意識した動きが予想される。

 11月2日に発表された今期16年3月期第2四半期連結業績は、売上高290億66百万円(前年同期比10.1%増)、営業利益17億94百万円(同66.3%増)、経常利益18億03百万円(同51.1%増)、純利益12億57百万円(同143.5%増)と2ケタ増収大幅増益であった。ところが、通期業績予想を当初予想通りに据え置いたことから、株価は、2日の引け値2588円から急落し、11月16日のザラ場最安値2011円まで、ほぼ一方通行で下げた。

 通期連結業績予想の前期に対する増減率は、売上高5.5%増、営業利益10.4%増、経常利益5.4%増、純利益13.6%増と第2四半期の大幅増益に比較すると物足りなかったことが要因と思われる。

■増収効果と燃料調達価格の下落に加え、物流センターの効率化により大幅増益となる

 当社は、当四半期において新たに2拠点の物流センターが稼働し、今期合計3センターの新規稼働となったことに加え、訪日外国人観光客によるインバウンド消費を背景に、既存取引先の小売業における物量が好調に推移したことから、売上高は10%を超える伸びとなった。

 利益面については、増収効果と燃料調達価格の下落に加え、現場改善活動の一環として物流センターの効率化を積極的に推進したことから、大幅増益となった。

 当社の成長キーワードとして、高度物流センターの構築(全国50カ所)、人材の確保(6年間で1,200人以上の新卒社員採用)、人財育成(丸和ロジスティックス大学を中心とした教育体制)を挙げている。

 新規顧客開拓を推進するために、7PL戦略を展開している。具体的には、コアビジネスへの集中、新物流システムで利益の拡大(プロフィットセンター化)、商流利益の創新(バリューチェーン確立)、集客力の向上(生鮮品の調達)、コスト削減(業務改善)、人手不足に対応、顧客(消費者)満足度向上(新販売チャネル構築)の7つの戦略を掲げている。

■今期稼働した食品物流センターは3か所

 その成果として、2012年から2015年までの新規食品流通センターは、東北・北陸エリア6カ所、関東エリア8カ所、関西・中部エリア4カ所、中四国エリア2カ所と順調に増えている。

 今期稼働した食品物流センターは、山形食品物流センター、所沢食品物流センター、アズコム仙台食品物流センターの3センター。
 山形食品物流センターの従業員は、社員35名、パート約180名。稼働車輛は、1日当たり43台。
 所沢食品物流センターは、従業員数、社員15名、パート約50名が働いている。稼働車輛は、1日当たり約100台。
 アズコム仙台食品物流センターは、社員22名、パート約500名から600名と大規模。稼働車輛は、1日当たり約100台。

 最近の傾向としては、IT機器の普及に伴い、Eコマース事業が増加し、ネット注文が増えたことで、「お届けビジネス」であるネットスーパー事業が順調に成長している。契約店舗数は、13年3月期172店舗、14年3月期196店舗、15年3月期267店舗、15年11月現在292店舗と伸びている。

 当社が運営するパートナー企業向け支援サービスであるAZ-COMネットの加入会員数は順調に増加し、今年4月の会員数は139社であったが、11月30日現在では222社まで増加している。そのため、人財・車輛不足についても対応済みといえる。

 配当については、記念配25円、普通配当38円50銭の年間63円50銭を予定している。

 会社四季報によると、当社の今期業績予想を上回る強気の数字を出していることから、上方修正も期待できる。

 株価は、急反発後の調整局面を迎えているが、事業規模が順調に拡大していることから、再反発が期待できる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月22日号 プレミアム版 先行配信! 7月稼足銘柄 無料公開中!8月31日終値で180%↑ 190%↑と驚異のパフォーマンス!
09月22日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

09月14日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【9月】1週
【8月】5週4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。