EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト

03_katakome41.jpg

<兜町カタリスト>
「ガウディ」

ECBで荒れ、FOMCで荒れ、日銀金融政策決定会合で荒れ。
アレコレ解釈は施されるが結局はイベントドリブンに振り回されただけの感がないでもない。
ECBは既定路線継続だったが不満足の売り。
FOMCは、瞬間米景気好調を好感したがなぜか原点に立ち戻っての「金利上昇懸念」台頭。
日銀金融政策決定会合は瞬間的な追加と補完の錯覚で湧いて沈んだ。
これは金融当局が悪いのではなかろう。
それを解釈する側=市場の頭の悪さが表れたと考えた方が良いかも知れない。
事を日銀に限ってみれば期待のしすぎでの失望とでも言えようか。
市場はこれ以上の金融緩和など本当に望んでいるのかどうか不明ながら誰かが望んでいるという観測。
主役の回りでワイワイ騒いで、事が過ぎれば黙る輩はデモ隊の群衆のようなものだろう。
そもそも・・・。
来年もETFを3兆円買い、従来の日銀持ち株売却年間3000億円の受け皿としての年間3000億円の買い。
しかもこの3000億円については「設備投資や賃上げに積極的企業のETF」とまで言っている。
ターゲットをJPX日経400の買いを拡大すると言っているのに他ならない。
そして差し引きすればETF3兆円買いが残る。
この計算すら出来ないとすれば市場は相当愚か者の集団になってしまおう。
またREITについても900億円買い継続とともに1銘柄の5%ルールを10%に拡大した。
それでも不満ならばこの上市場は何が欲しいのだろうか。
なんでも欲しがれば良いというものでもない。
洋の東西を問わず市場と言うのは頭の悪い世界なのかも知れない。
原油が安くて日本株が売られるのは円高で日本株が売られるよりも奇妙に映る。

日経平均株価は週間で243円の下落。
ただし3週間ぶりの週足陽線。
月足陽線基準の20012円ははるか遠いが、ボラの高さに期待は捨てたくないところ。
先週火曜に下げたところは18565円。
25日移動平均からはマイナス5.3%のかい離。
日経平均のPERは14.67倍だった。
そして水曜に反転し木曜は窓を空け金曜は2万円にもう一歩まで近づいた(18982円)。
あと少しで近づけるところで届かない訳はない。
ドラマの世界ではガウディだって最後に勝った。
とはいえ・・・。
金曜は一目均衡の雲の上限(18961円)で踏みとどまった。
今日はまた75日移動平均(18771円)攻防戦。
22日に勝手雲が黒くねじれているのはダマシであって欲しい。

ガウディ銘柄はいろいろある。
例えばインスペック(6656)。
細胞の病理診断などに使う顕微鏡画像処理システムの販売を開始。
撮影時間従来の半分に短縮。
画像処理高速化することで手術中に病変部以外の組織切除するリスク抑えられる。
弘前大発ベンチャー、医療用光学機器手掛けるクラーロ(青森県弘前市)と開発。
あるいは日経ヴェリタス発掘実力企業に載ったアイリッジ(3917)。
「オンライン・ツー・オフライン(O2O)」サービス展開。
長期で成長エンジンになりそうなのは金融とIT(情報技術)融合した「フィンテック」分野。
銀行向け導入やスマホによる決済サービスに期待感。
17日には暗号通貨技術テックビューロ(大阪市)と提携。
そして週末にIRを行ったリオン(6823)。
補聴器は国内トップシェア。
スーパーカミオカンデで水中生物粒子計数器が使われ宇宙ステーションには微粒子計が積まれいるという。
つまりノーベル賞関連で宇宙関連ということになる。

松井証券NISA口座で買い付け金額の多い銘柄。
1位みずほ(8411)2位三井物産(8031)、3位三菱UFJ(8306)、
4位イオン(8267)5位キャノン(7751)、6位ゆうちょ銀(7182)、
7位日本郵政(6178)、8位日経レバ(1570)。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄01月19日号 プレミアム版 先行配信! 11月稼足銘柄 無料公開中!12月30日終値で196%↑ 149%↑と驚異のパフォーマンス!
01月19日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2021年】
【1月】2週/1週
【2020年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】4週//3週//2週/1週
【10月】5週/4週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。