EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

12月14日 相場概況(大引け)

winter_02.jpg 日経平均株価(大引け)=リスク回避の売りで大幅反落 347円安 市場心理が悪化 25.png 【大引け概況】
14日の日経平均株価は大幅に反落し、前週末比347円06銭安の1万8883円42銭で終えた。11月2日以来、ほぼ1カ月半ぶりの安値を付けた。

世界的な株安の連鎖で主力株中心に大幅な下げに見舞われた。
前週末の欧米株市場では総じて波乱含みの下げとなり、NYダウが300ドル超の下げをみせた。原油市況が下げ止まらず、WTI原油、アジア指標のドバイ原油ともに終値で1バレル=35ドル台に下落、これがリスク回避の流れを増幅させている。

一時は前週末比の下げ幅を619円まで広げた。15~16日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)では米連邦準備理事会(FRB)が9年半ぶりの利上げに踏み切るとみられている。「決定後の金融・資本市場の反応を見極めたい」との声は多く、積極的な買いが見送られた。

8時50分に日銀が発表した全国企業短期経済観測調査(短観)によると、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)は前回9月調査から横ばいと、市場予想を上回った。一方、3カ月後の先行きについては前回調査から悪化し、市場予想も下回った。短観は強弱まちまちの内容で、市場での目立った反応は限られた。
一方、足元で人民元安が進むなか、市場の関心が高い中国株が堅調に推移したのは相場の下支え要因となった。

JPX日経インデックス400も反落。終値は前日比196.71ポイント安の1万3746.26だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、21.63ポイント安の1527.88で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆3882億円。売買高は20億3912万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1531と全体の8割を占めた。値上がりは334、変わらずは60だった。

個別では、自動車のトヨタやホンダが下落した。値がさ株のファストリやファナック、ソフトバンク、日立製作所、ダイキン工業も下げた。国際石開帝石や富士石油、新日鉄住金の下げも目立った。一方、オリエントコーポレーションが商いを伴い上昇、神栄も物色人気。JT、味の素は上昇。大林組や清水建も買われた。セブン&アイやローソンも買われた。

東証2部株価指数は反落だった。大引けの2部指数は、前週末比26.6ポイント安の4709.52となった。
個別銘柄ではマーチャント、ランドコンピュータ、カワタ、ラオックスが下げ、一方、サイオス、宮入バル、寺岡製、日精機とSFJが上げた。

1009ko.jpg 日経ジャスダック平均株価は反落した。大引けは前週末比19円15銭安の2657円89銭だった。東証1部の主力銘柄が大幅安となり、投資家心理が悪化。新興企業向け市場でも時価総額の大きな銘柄を中心に売りが広がった。半面、好材料の出た銘柄や値動きの良い中小型株には個人の消去法的な買いが入り、相場を下支えした。

ジャスダック市場の売買代金は概算で652億円、売買高は1億4931万株。
クルーズやSEHI、テリロジーが下落した。一方で倉元は個人投資家の買いが集まったことで、大幅高となった。11時30分に米家電見本市で車載関連システム向け伝送技術を展示すると発表したザインも午後に上げた。アイサンテクも高い。

東証マザーズ指数は3営業日ぶりに反落した。大引けは前週末比4.49ポイント安の898.97だった。個別銘柄では夢展望、INSPEC、Aiming、ミクシィやサイバダイン、FFRIが下落した。半面、インベスターズC、フルスピード、モルフォ、インフォテリがストップ高。そーせいやカイオム、ネオジャパンが上昇した。

【指標一覧】
終値
日経平均株価 18,883.42 -347.06
日経平均先物 18,840.00 -370.00
TOPIX 1,527.88 -21.63
TOPIX先物 1,525.50 -22.50
東証2部指数 4,709.52 -26.60
JASDAQ 2,657.89 -19.15
マザーズ 898.97 -4.49
出来高
東証1部 2039120 2388257
東証2部 141020 23406


大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 11月24日号 プレミアム版 先行配信! 9月稼足銘柄 無料公開中!10月30日終値で229%↑ 180%↑と驚異のパフォーマンス!
11月24日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【11月】/2週//2週/1週
【10月】5週/4週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。