EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト

03_katakome41.jpg

<兜町カタリスト>
「動機」

日経平均株価は営業日数6日で1000円近くの下落。
世界の株価も下落しているが、その理由はECBの金融緩和への過度な期待、原油安、中国景気不安。
そして米利上げ問題などだが、これは世界の話。
日本株が一番売られる要素でもなかろう。
でも実感は日本株への過度な売り圧迫の継続感。
しいて言えば121円台になった円高ドル安の嫌気なのだろう。
いじけた視点ではないがどうもそう見える。
日経朝刊ではとってつけたように「サウジ系、日本株運用縮小」の見出し。
サブは「原油安、資金引き上げ」。
原油価格の下落でサウジアラビア通貨庁(SAMA)が日本株を売っているという記事。
既に秋口から報じられたいたことだが検証した結果。
9月末時点でサウジの対日投資の時価総額が3分の1に減少していた。
夏から秋にかけて外国人投資家は現物株を4兆円売っていたから、つじつまはあう。
しかし最近の外国人は買い越し基調で感覚にタイムラグがあるような気もする。

とはいえ・・・。
昨日の日経平均は続落だったし、今日のシカゴ222の終値が19000円台を割り込んだのも事実。
昨日段階で日経平均の25日線は19650円で1.78%のマイナスかい離。
75日線は18770円で2.83%のプラスかい離。
200日線は19479円で0.95%のマイナスかい離。
25日線と200日線を割れ込んだ。
ただ、これはNYダウも一緒。
25日線からは1.17%のマイナスかい離、75日線からは2.40%のプラスかい離。
そして200日線からは0.45%のマイナスかい離。
25日マイナスかい離、75日プラスかい離、200日マイナスかい離は結局一緒の動きに過ぎない。
20012円から7日目。
19000円を割れ込んできた日経平均を紙芝居チックに見れば・・・。
26週線(19407円)が期待感の第一弾。
一方、下は13週線(18903円)、75日線(18770円)が下の微かな支え。
力強さに欠ける紙芝居に見える。
一目均衡の雲が12月15日に白くねじれているのは救い。
勝手雲の上限は19755円、下限は19336円で昨日は雲の中に入った。
22日には黒くねじれているというのが懸念。
週足の一目均衡の雲の上限は19290円で一応昨日は雲入りをこらえたが・・・。
週足の雲の下限は17592円。
10月の16901円は週足の雲の下限にタッチしてリバウンドしたが、
あの時ほどの覚悟はまだ市場にはなさそうだ。

俯瞰してみれば株価は陽気な右肩あがり。
しかし微分してしまうと株価は陰気な右肩下がり。
この相場観の時間軸の対立が相場をわかりにくくする。
さらに買いも売りもその動機は一つではない。
例えば買いは、上っているから買う、下がり切ったように見えるから買う、利益がでたから買う。
すくなくとも3つの動機が存在している。
逆に売りは、下がっているから売る、上がり切ったように見えるから売る、利益が出たから売る。
こちらも少なくとも3通りの背景が存在する。
つまり正解は9個のうちから1個を選ぶという作業。
正当確率は約1割だから複雑な連立方程式にならざるを得ない。
アナリストやFPなどが考えるように単純な買い手や売り手だけの世界なら困惑もないのだろうが・・・。
理想と現実はあまりにも食い違っている。
それをないものとして相場を考えると間違わざるを得ない。

明日はメジャーSQ。
11月のSQ値は19496.87円(9月メジャーSQ値は18119円)。
SQ値決定後の6日間は〇●〇〇〇〇で5勝1敗。
アノマリー的には勝ち越しで翌月SQはそれよりも高い。
しかし現実は勝ち越しでも前月SQ値よりも安い。
ここはやや理不尽感。
メジャーSQの渡り鳥は9月SQ値18119円を意識しているのだろうか。
騰落レシオは110.79%。
サイコロは5勝7敗で41.7%。
松井証券信用評価損益率速報で売り方はマイナス9.403%。
買い方は7.509%。
Quick調査の信用評価損率(12月4日現在)はマイナス7.74%で4週連続の改善。
裁定買い残は929億円増加し3丁6306億円で10週連続増加。
空売り比率は39.6%と上昇。
日経VIも21.91と上昇傾向。

個別ではインフォテリア(3853)が昨日逆行ストップ高。
FFRI(3692)の戻りにしてもしかり。
日経を見ればオプティム(3694)が佐賀県、佐賀大と共同で、ドローン使った農業振興で連携協定締結。
昨日2部上場したPALTEKは12月期の期末一括配当予想を従来の8円から記念配当3円を含む15円に増額。

昨日公開されて買い気配値付かずだったラクス(3923=Thank You NISA)。
中小企業を「楽」にするという理念は共鳴感が多いし、IPO後の落ち着きには注目したいところ。
昨日夕刻の取材した補聴器大手のリオン(6823)。
日本の補聴器市場は装用率が先進国では低い上に団塊世代の高齢化で市場拡大傾向。
加えて騒音検査機器や微粒子計器が中核。
タブレット型騒音振動系や半導体用クリーンルーム関連の微粒子計測器は拡大基調。
「ニッチな市場のトップシェア」であり成長性は高い。
新幹線線路や発電所などの地震計も同社製。
生物粒子計数機は国内の浄水場で使われており環境インフラ関連でもある。
しかも宇宙での活用も想定されており「武蔵野ロケット」銘柄でもある。
業績は好調で4期連続増収増益見通し、6期連続増配。
欲得利がぶつかり合うのが株式市場だが、訴えたいメッセージを持った企業は動じてないような気がする。
これが株式市場の救いでもあり清涼剤やホカロンやホッカイロでもある。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月22日号 プレミアム版 先行配信! 7月稼足銘柄 無料公開中!8月31日終値で180%↑ 190%↑と驚異のパフォーマンス!
09月22日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

09月21日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【9月】3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。