EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

11月06日 相場概況(寄り付き後)

日経平均10時、2カ月半ぶり高値圏で推移 その後米雇用統計控えもみ合い  1009K.jpg 【寄付き概況】
6日の日経平均株価は続伸して始まった。始値は前日比77円82銭高の1万9194円23銭。円相場が対ドルで2カ月ぶりの安値圏で推移し、日本株相場を支えている。前日に2015年4~9月期の増収増益と自社株買いを発表したトヨタに買いが先行。マツダやホンダなど自動車を中心に輸出関連株は総じて高い。

■日経平均株価 19,214.07(+97.66)
■日経平均先物 19,230(+90)
■TOPIX先物 1,562.50(+4.00)
■騰落 上昇1,095/下落658
■日経JQ 2,548.53(+1.12)
■マザーズ指数 780.77(+0.69)
10時時点の日経平均は前日比97円66銭高の1万9214円07銭で推移している。米国株は小幅マイナスだったものの、ドル買いなどを材料に東京市場は買い優勢で取引を開始。連日で上昇していた郵政グループ3社はそろって反落と利益確定売りが優勢となっているが、全体相場への影響は限定的となっている。
取引時間中として8月21日以来2カ月半ぶりの高値圏で推移している。一時は1万9200円台後半に上昇したが、日本時間今夜発表の10月の米雇用統計を控えて、上値を追う動きは限られた。利益確定売りも出ており、指数の上値を抑えている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は高値圏でもみ合っている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で7493億円、売買高は6億4246万株。東証1部の値上がり銘柄数は1095、値下がり銘柄数は658、変わらずは150。
業種別では、陸運、電気・ガス、精密機器、小売、空運、ガラス・土石が上昇している一方、パルプ・紙、ゴム製品、石油・石炭、その他製品がさえない。

個別では、三菱UFJや日立が小幅高。15年12月期の業績見通しを上方修正したクボタが高い。一方、SUMCOとミツミが急落。ミツミは16年3月期の業績見通しを下方修正したことが嫌気されている。トヨタは小幅安の水準で取引されている。日産自も下げている。郵政3社株は利益確定売りに押され、そろって下げている。

東証2部株価指数は続伸。日本プラストやカネミツ、朝日インテクが高く、戸上電や象印が下げている。

三菱商事は下方修正・配当予想引き下げ発表はネガティブサプライズ
5日に16/3期上期決算を発表。上期純利益は1,549億円(前年同期比39.3%減)とQUICKコンセンサス1,600億円程度の着地となった。

伊藤忠商事は、上期実績・会社計画据え置きともにサプライズは乏しい
5日に16/3期上期決算を発表。上期純利益は2,127億円(前年同期比39.8%増)とQUICKコンセンサス1,900億円程度を大きく上回った。

郵政グループ3銘柄(11月4日上場)はそろって小反落の始まりとなり、日本郵政(6178)(公開価格1400円、初値1631円)は40円安の1780円で売買開始。かんぽ生命保険(7181)(東1・売買単位100株)(公開価格2200円、初値2929円)は140円安の3750円で売買開始となり、ゆうちょ銀行(7182)(東1・売買単位100株)(公開価格1450円、初値1680円)は40円安の1735円で売買開始となった。

 各銘柄の昨日までの高値を見ると、日本郵政(6178)は一時1854円まで上げて公開価格(売り出し価格)から32%の値上がりとなり、かんぽ生命保険(7181)は4120円まで上げて同じく87%高、ゆうちょ銀行(7182)は1823円まで上げて同じく26%高。

当初言われた割安さの面では、かんぽ生命保険(7181)の場合、1株純資産の何倍まで買われているかを示すPBR(株価純資産倍率)が公開価格での0.7倍から5日は1倍台に乗り、たとえば第一生命保険(8750)の同0.7倍台との比較では逆に割高になっている。

225先物はドイツ・みずほ・野村・JP・GS・マネが売り越し。
アムロ・UBS・SBI・メリル・三菱・大和・クレディが売り越し。
TOPIX先物はバークレイズ・ドイツ・ニューエッジ・アムロが買い越し。
JP・みずほ・パリバ・メリル・クレディ・UBSが売り越し。

外資系等はテルモ(4543)、カカクコム(2371)、千代建(6366)、きんでん(1944)、セーレン(3569)、ユニプレス(5949)、アクシアル(8255)に注目。

テクニカル的には、三晃金(1972)、カルビー(2229)、味(2802)、ダイワボウ(3107)、ニッケ(3201)、トーモク(3946)、クレハ(4023)、大阪曹達(4046)、田辺三菱(4508)、ロート(4527)、MARUWA(5344)、タツタ(5809)、リンナイ(5947)、ユニプレス(5949)、日東精(5957)、ツガミ(6101)、豊田織(6201)、津田駒(6217)、グローリー(6457)、新晃工(6458)、マブチ(6592)、ホシデン(6804)、新日無(6911)、カシオ(6952)、エンプラス(6961)、ニチコン(6996)、トピー(7231)、大同メ(7245)、カルカン(7248)、小糸(7276)、サンゲツ(8130)、モス(8153)、加賀電(8154)、ANA(9202)、テレ東(9413)、ドコモ(9437)、邦ガス(9533)、空港ビル(9706)、イエロハ(9882)が動兆。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月22日号 プレミアム版 先行配信! 7月稼足銘柄 無料公開中!8月31日終値で180%↑ 190%↑と驚異のパフォーマンス!
09月22日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

09月14日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【9月】1週
【8月】5週4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。