EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

兜町カタリスト

03_katakome41.jpg
「哨戒」

ようやく来たかというのが米海軍の南シナ海での哨戒活動。
中国との完全友好の動きを英国が示し人民元のSDRも支持したのが21日。
優柔なオバマ氏もあそこまでの蜜月を見せられては動かざるを得なかったのだろう。
安部首相は遠くカザフスタンの地から「国際法に則った行動と理解」と支持の動き。
英中VS日米の構図が色濃くなってきた。
新聞論調は「米中の対立の新たな段階」。
軍事パワーからすればまだまだ米国に軍配があがる。
ただ今回は中国も面子があるだろうからにらみあいは継続観測。
穿って考えれば・・・。
90年代の軍事バブル→ITバブル→2000年代の不動産バブル→2010年代の資源バブル。
これがアメリカ経済繁栄の背景。
資源バブルの象徴であるシェールバブル崩壊の受け皿が、再び軍事バブルを想定しているのだろうか。
一方では揉めると思っていた債務上限引き上げ問題は共和党のベイナー下院議長が大筋合意。
2017年3月まで引き上げ歳出額も増加の方向。
国防費の強制削減の緩和などで800億ドル増加させるという。
アメリカの財政はまた傷むのだろうが、どうも動きは軍需バブリーな時代を迎えそうな雰囲気となってきた。
別々の記事を読み合わせえるとこういうシナリオになる。
結論は目先株高で良いのだろう。
それも軽薄短小ではなく重厚長大産業で。
因みに渦中の南シナ海南沙諸島は1945年の敗戦までは日本の占領地。
人ごとではないということもある。
今更東インド会社やジャーディン・マジソン商会の世界の話でもなかろうが・・・。

場況というのは時として奇妙さを提供してくれるもの。
10月23日時点の信用買い残が1035億円減少し3兆820億円。
「この週の日経平均株価は533円(2.9%)上昇し、8月31日以来の水準を回復した」。
逆張り行動の個人が株の上昇で利益確定売りが出たのだろうという観測は理解できる。
面白いのは引用されたコメント。
「郵政株の抽選に応募する個人が購入資金を確保するために売りを出した」。
信用買い残の減少の話題の中での売りは当然信用買いの手じまいを想像させる。
しかし信用の枠を空けたところで、郵政の公募を信用で買えるわけではない。
信用取引の益金を確保して郵政に応募するということあるかも知れない。
あるいは信用担保を売却して現金を捻出するために建て玉を売却することもあろう。
しかし信用買い残の減少が「郵政応募資金確保」というのは相当無理筋なシナリオ。
話題と市場をこじつけようとするからこういうコメントにすがってしまうのだろうか。
単に「上ったから売った」の方がよほどスッキリする。

泣きっ面に蜂というのがエルニーニョによる北米の暖冬予想。
10月になってもTシャツで過ごせる米北東部というのは確かに暖かい。
暖冬→発電需要減衰→天然ガス需要減→価格下落の構図。
ただでさえシェールが余ってどうしようもないのに天気も予報も敵となってきた。
そのうえ車が水素で走るようになったら、産油国と消費国の構図も大きく変わろうか。
その意味では従来的地政学、従来的市場論理は通じなくなる可能性は大きい。

一応懸念されていたアップルの決算は通過。
9月26日までの第4四半期は、純売上高が22%増の515億ドル。
新型スマホ「iPhone6S」、「6Sプラス」の発売を追い風。
iPhone全体の売り上げは36%伸びた。
純利益は111億2000万ドルで、前年同期の84億7000万ドルから増加。
アナリスト予想平均である売上高511億1000万ドルを上回って着地した。
iPhone販売台数は約4805万台(前期比24%増)でアナリスト平均4872万台よりやや少なめ。
た中国売上高は倍増の125億2000万ドルで売上高全体の約4分の1。
もっとも第4四半期がよいというのは10~12月のベストシーズンの先食いと言う声もある。
いつものように「保守的」な数字であれば問題はないのだろう。
アップル株は時間外取引で2.6%高となった。
通過すればよいだけのことではあるが、市場の関心はiPhone7に移ろうか。

リズムは「上昇→上昇→下落」の3拍子。
順番からいくと昨日は下落の順番。
今日は上昇の順番。
リズム感が身に着くと拍子が変わることが多いから市場はやりにくいのだが・・・。
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月22日号 プレミアム版 先行配信! 7月稼足銘柄 無料公開中!8月31日終値で180%↑ 190%↑と驚異のパフォーマンス!
09月22日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

09月14日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【9月】1週
【8月】5週4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。