EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

10月19日 相場概況(大引け)

gaikyouoct_02.jpg 日経平均株価(大引け)=全般商い薄のなか3日ぶりに反落 中国GDP通過も上値の重さ意識 25.png 【大引け概況】  
19日の日経平均株価は3営業日ぶりに反落し、前週末比160円57銭安の1万8131円23銭で終えた。きょうの東京市場は、前週末の欧米株が総じて堅調だったものの、国内に手掛かり材料が乏しく利益確定売りに押される展開。
日経平均株価は一時1万8100円を割り込んだが、その後は持ち直し後場寄りプラス圏に浮上する場面もあった。
前場に発表された中国7~9月のGDPは、前年同期比6.9%増と市場コンセンサスをわずかに上回ったことから先物主導で買い戻しが入ったものの、水準的には6年ぶりに7%台を下回ったこともあり実需買いは盛り上がりを欠いた。しかし買いは続かず、上値の重さが意識されるとともに、再び売りに押される展開となった。

JPX日経インデックス400は前週末比119.47ポイント安の1万3374.59、東証株価指数(TOPIX)は11.09ポイント安の1494.75とともに3日ぶりに反落した。

東証1部の売買代金は概算で1兆9952億円と8月17日以来約2カ月ぶりに2兆円を割った。売買高は18億7544万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1156と全体の6割を超えた。値上がりは636、変わらずは109だった。

個別では、新日鉄住金は反落し2%安、JFEは先週末まで続伸した分を失い3%安、非鉄株で住友鉱やDOWAに売りが目立った。ファナックも反落し日経平均を約22円押し下げた。旭化成は子会社によるマンションの不良施工問題を嫌気した売りがとまらず、年初来安値を更新。トヨタも冴えない、サンケン電、日本精、NTN、日本電産も下落した。一方で社債の発行再開が伝わった東電は大幅高。明治海ストップ高となったほか、森永やグリコなど食品株の一角も買われた。資生堂やコーセー、ABCマートも高い。

東証2部株価指数は3日ぶりに反落した。ラオックスやダイトーケミが下げ、土木管理やヨネックスが上げた。

新興株19日、ジャスダック・マザーズは3日ぶり反落 買い手控えで売り先行

日経ジャスダック平均株価は3営業日ぶりに反落した。終値は前週末比3円70銭安い2541円35銭だった。全般的に投資家の間に買い手控えムードが広がり、新興銘柄も売りが先行した。もっとも個別に材料が出た銘柄や直近に新規株式公開(IPO)した銘柄の物色は旺盛だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で409億円、売買高は7473万株だった。個別銘柄ではサダマツ、クルーズ、日ダイナミク、ヴィアHD、田中化研が下落した一方、明豊ファシリ、ガーラがストップ高。メッセージ、ザイン、ネプロJ、サムシングHD、太洋工業は上昇した。

東証マザーズ指数も3営業日ぶりに反落。終値は前週末比5.88ポイント安い797.83だった。個別銘柄ではUMN、ワイヤレスG、REMIX、PCNET、モルフォ、FFRI、は下げた。一方、地盤ネットHD、AppBankがストップ高。ジグソー、DMP、モブキャス、アクロデアは上げた。

日本郵政グループで、11月4日に新規上場予定のゆうちょ銀行<7182.T>とかんぽ生命保険<7181.T>の公開価格が決定した。ゆうちょ銀行は仮条件1250~1450円の上限である1450円に、かんぽ生命も同1900~2200円の上限である2200円となった。なお、公開価格を元に算出した市場からの調達額はゆうちょ銀行が5980億円、かんぽ生命が1452億円。また、同じく時価総額はゆうちょ銀が6兆5250億円、かんぽ生命が1兆3200億円になる。
 ゆうちょ銀行は貯金残高178兆円(2015年6月現在)を有する国内銀行最大手で、一方のかんぽ生命は保険料等収入と資産規模で生命保険国内最大手。ともに東証1部または2部となっていた上場市場は東証1部に上場となる。なお、日本郵政の公開価格は26日に決定する予定。

【指標一覧】
終値
日経平均株価 18,131.23 -160.57
日経平均先物 18,130.00 -160.00
TOPIX 1,494.75 -11.09
TOPIX先物 1,493.50 -9.00
東証2部指数 4,614.61 -6.61
JASDAQ 2,541.35 -3.70
マザーズ 797.83 -5.88
出来高
東証1部 1875440 1995202
東証2部 73430 16209

大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月22日号 プレミアム版 先行配信! 7月稼足銘柄 無料公開中!8月31日終値で180%↑ 190%↑と驚異のパフォーマンス!
09月22日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

09月14日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【9月】1週
【8月】5週4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。