EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Entries

10月09日 相場概況(前引け)

gaikyouoct_02.jpg 日経平均株価(前引け)=輸出主力株中心に買われ反発、ファストリは重荷に
■日経平均株価 18,282.06(+140.89)
■日経平均先物 18,280(+180)
■東証1部出来高  12.68億株
■東証1部売買代金 1.49兆円
■TOPIX 1,501.52(+20.12)
■騰落 上昇1,291/下落503
■マザーズ指数 799.44(+2.78)
■日経JQ 2,535.03(+7.74)

9日午前の日経平均株価は反発し、前日比140円89銭高の1万8282円06銭で前場を終えた。8日の米株式相場が大幅上昇し、投資家心理が改善した。
前日の米国株市場でNYダウが5日続伸し、1万7000ドル台を回復したことから、輸出主力株を中心に買いが優勢となった。
東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)など過熱領域にはなく、一部の消費関連株などを除いて押し目には買いが厚い。アジアの株式相場が堅調に推移しているのも追い風となり、買いが優勢となった。
ただ、日経平均への影響が大きいファストリが大幅に下落。指数の重荷になったほか、連休を控えて積極的に買い上がりにくい雰囲気もあった。
JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反発した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆4901億円、売買高は12億6808万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1291と、全体の68%を占めた。値下がりは503、変わらずは104銘柄だった。

個別ではファナックやソフトバンクが買われ、JTも上昇。自動車のトヨタやホンダが上昇。鉄鋼の新日鉄住金やJFEの値上がりが目立った。デンソー、ゴールドウイン、東応化、東邦鉛も大幅高となった。半面、ファーストリテは大幅安。8日に発表した前期決算が計画に届かず、嫌気した売りが出た。小売りの良品計画や三越伊勢丹、松屋も下げ、SMS、大塚商会も売られた。

東証2部株価指数は3日続落。前引けの2部指数は、前日比0.54ポイント安の4595.53となった。個別銘柄ではDNA研、阿波製紙、ラオックス、アサヒインテック、理経は売られた。一方、ピクセラ、宮入バル、TONE、アートSHDは買われた。

日経ジャスダック平均株価は反発した。前引けは前日比7円74銭高の2535円03銭だった。良好な決算や好材料が発表された銘柄を物色する動きが相場の支えとなった。
新興株は、日経平均採用銘柄や東証1部の大型株とは違い8月下旬を底に戻り歩調にあるが、積極的な売買は手控えられている。ジャスダック市場の売買代金は概算で267億円、売買高は6512万株。
アイサンテク一時ストップ高と値を飛ばした。ネプロ、オートウェーブ、石垣食品、フロイント、イマジニアが上昇した。一方、サン電子がストップ安。クルーズ、文教堂HD、日ダイナミク、アサカ理研が売られた。

東証マザーズ指数は小反発した。前引けは前日比2.78ポイント高い799.44だった。個別銘柄ではファンデリー、アイリッジが2ケタを超える上昇となったほか、FFRIやモルフォが上昇した。半面、ミクシィやITbook、メディアF、日本アクア、シリコンスタジオが下落した。

【株式投資NEWS】
旭化成はノーベル賞候補になったリチウムイオン電池など材料に戻り高値


1009ko.jpg  旭化成<3407>(東1・売買単位100株)は919.4円(26.5円高)まで上げ、9月以降の回復相場で高値を更新している。リチウムイオン電池のセパレータ最大手で、9日は、日本経済新聞朝刊などの報道で、オーストラリアが計画する次期潜水艦の受注に向け、三菱重工業<7011>(東1)と日本政府がリチウムイオン電池を世界で初めて搭載し潜航能力を高めた最新型とする、などと伝え、注目されているようだ。8日に発表した「ヘーベルハウス」などの旭化成ホームズの月次受注速報は前年同月比7%減だったが、それでも強いため、テクニカル的な上値メドのひとつである4ケタ(1000円)を指向するとの期待が出ている。

 このところは、2015年のノーベル賞の有力候補者として、同社の研究者で現・顧問の工学博士・九州大学客員教授・吉野彰氏がリチウムイオン二次電池の原型を世界で初めて考案し試作品を作った功績などが注目され、7日まで6連騰となっていた。

石垣食品はTPPの恩恵に期待根強く再び活況高
1009ko.jpg 石垣食品<2901>(JQS・売買単位100株)は取引開始後に22%高の259円高(46円高)まで上げ、10月6日の急伸に続いて再び活況高となっている。ビーフジャーキー、ごぼう茶・麦茶などの大手で、先ごろ大筋で合意したTPP(太平洋経済連携協定)の品目別の全体像が昨8日、農水省から発表され、あらためて波及効果に期待が再燃している。ビーフジャーキーの原料になる牛肉の輸入関税は、現行の38.5%が15年後に9%になるため、コスト低減効果としての即効性はないとの見方はあるが、株式相場には「理想買い」のあとに「現実買い」が到来するといった経験則があり、今はまさしく「理想買い」が始まったばかりとの見方がある。業績は赤字縮小傾向となっている。

ピックルスコーポレーションは1株純資産からの割安感強まり急伸

gohann3.jpg  ピックルスコーポレーション<2925>(JQS・売買単位100株)は9日の前場、11%高の1129円(110円高)まで上げて急伸となり、一時JASDAQ銘柄の値上がり率ランキング5位前後に躍進。出来高も9月の一日平均を前場で上回り売買活況となった。8日発表の第2四半期決算(3~8月累計、連結)は、主な原料野菜の価格が日照不足などによって高騰した影響を受けて営業利益が前年同期比6.5%減少したが、売上高は「ご飯がススムキムチ」などや惣菜製品が好調で同じく11.4%増加。6月に国産野菜の調達多様化や生育状況、市況などの情報収集の強化を目的として青果会社を子会社したため、今後のキメ細かな原料調達などに期待が強いといえる。第2四半期での1株純資産は1477円になり、前年同期の1300円台から6%増加。株価は評価不足が見直される可能性が強まっている。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://eimei.info/tb.php/2714-b6d5120b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 09月22日号 プレミアム版 先行配信! 7月稼足銘柄 無料公開中!8月31日終値で180%↑ 190%↑と驚異のパフォーマンス!
09月22日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

09月21日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【9月】3週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。