EIMEI.TV 配信拡大!!パソコンサイトOPEN!! 
にて『株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得』配信中※NTTドコモ android/iPhone対応
KDDI月額サイト『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※KDDI android/iPhone対応
にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※SOFTBANK android/iPhone対応
MVNO(格安SIM)向け取り放題サービス『取り放題.jp』 にて『株式投資のイロハ! Eimei.TV』配信中※android/iPhone対応

Latest Entries

■最新 マーケット動画

【2020_08_07】マーケット概況(動画)
【日経平均株価】2万2329円94銭 88円21銭安
【TOPIX】1546.74P 3.14P安
【売買高】11億8938万株
【売買代金】2兆2781億円
【値上がり銘柄数】 908(前日:852)
【値下がり銘柄数】1251(前日:1183)
【25日騰落レシオ】89.77(前日:85.43)
最新情報を配信中
【個別銘柄情報】 情報提供:日本インタビュ新聞社
[2020年08月07日]
[4326] インテージホールディングス
他 1 銘柄更新
【PC版】 EIMEI.TVに掲載中

にほんブログ村 株ブログへ

サイトURL変更のお知らせ

日頃より「Eimei.TV」をご利用頂きましてありがとうございます。

ご利用頂いているサイトは、10月1日より、新「Eimei.TV」がスタートします。

新サイトは、こちらからご利用頂けます。



引き続きのご利用よろしくお願い致します。

《マーケットストラテジーメモ》 8月第2週


【推移】

3日(月):
週末のNY株式市場で主要3指数はそろって上昇。アップル、アマゾン、フェイスブックなどの決算を好感。「決算内容は非常に底堅い。これらの企業は儲かっており、人々が欲しがる製品を作っている」という見方だ。
失業者に対する週600ドルの特別給付措置が7月末で失効を迎える。追加対策を巡る与野党協議は平行線。上値の重い展開になった。
アップルは10.5%高。

日経平均株価は485円高の22195円と7日ぶりに反発。13週線(22031円)や52週線(21844円)を回復した。「6日続落で1200円近く下落していたため売り方による買い戻しも入りやすかった」との解釈。一時500円以上上昇し22200円台を回復した場面もあった。

ただ新規の取引材料は乏しく、持ち高を一方向に傾ける動きは限定的。東証1部の売買代金は2兆2748億円。SBG、ファーストリテが上昇。キーエンス、NECが下落。

4日(火):
週明けのNY株式市場でNYダウは12週連続の週初高。NASDAQは連日の157ポイント高で10902.80ポイント。7月20日の終値ベース過去最高値を更新した。議会で新型コロナウイルス追加対策を巡る協議が再開。

マイクロソフトによる「TikTok」買収交渉などを受け市場心理が改善。マイクロソフトは5.6%高。アップルは続伸し2.5%高。「M&Aの月曜」は健在。警備会社ADTは56%急騰。放射線治療機器大手のバリアン・メディカル・システムズは22%高。

日経平均株価は378円高の22573円と大幅続伸。ドル高とNY株高を追い風に買い物優勢の展開。東証一部の売買代金は2兆5086億円。2日間の上昇幅は863円で金曜の629円安を埋めた。旭化成、小田急が上昇。SBG、オムロンが下落。減益ながら市場予想を超えたキッコーマンがストップ高。「出尽くし感」の効用も否定はできない。

5日(水):
火曜のNY株式市場で主要3指数はそろって続伸。新型コロナウイルス追加経済対策への期待感が継続。アップルが0.7%高と5日続伸。前週発表された決算を好感する動き。米上場企業として初の時価総額2兆ドルまであと約1200億ドルに迫った。エネルギーセクターも上昇。
日本時間早朝にレバノンの首都ベイルート中心部で起きた爆発は懸念材料。新型コロナウイルス追加対策を巡る米与野党協議の行方も注目されている。

日経平均株価は58円安の22514円銭と小幅反落。後場は日銀のETF購入期待で下落幅を縮小した。東証一部の売買代金は2兆1780億円。鉄、紅が上昇。SBG、重工が下落。日銀のETF買いへの期待から後場、下落幅を縮小。結局日銀は1003億円のETFを買っていた。
(先月は1日1002億円だったから1億円増)。水曜は3週連続安。

6日 (木):
水曜のNYダウは4日続伸で27000ドル台。NASDAQは6日続伸。3日連続で史上最高値を更新した。ウォルト・ディズニーが第3四半期決算は赤字に転落したものの、調整後ベースでは黒字を確保したことを好感。8.8%高は1日の上昇率としては3月24日以来の大きさ。ISM非製造業総合指数(NMI)は58.1と16カ月ぶりの高水準。市場予想は55.0だった。

日経平均株価は96円安の22418円と続落。一時150円以上下落した場面もあった。米中対立を巡る警戒感で香港株式相場が下落。悪材料氏された。トヨタの決算は純利益で前年同期比74%減の1588億円と大幅減益で着地。

ただ最終赤字と見込んでいた市場予想に反して黒字を確保したことから同社株は堅調展開。下値を支えた格好となった。東証1部の売買代金は1兆9955億円と2兆円割れと低調。エムスリー、DeNAが上昇。東エレ、スクリンが下落。

7日(金):
木曜のNYダウとS&P500は5日続伸。NASDAQは7日続伸。4日連続で過去最高値を更新し11000ポイント台に乗せ。アップルやフェイスブックなどの大型テクノロジー株が指数を押し上げた。
週間新規失業保険申請件数(季節調整済み)は118万6000件。前週から24万9000件減少した。ADP全米雇用レポートで民間部門雇用者数の伸びは16万7000人。前月の431万4000人から急鈍化した。市場予想の150万人も大幅に割り込み、景気回復が早くも息切れしている兆候を示した格好。恐怖と欲望指数は70→73。過熱感拡大。75を越えれば「超楽観」状態だ。

日経平均株価は88円安の22329円と3日続落。金曜は7月10日から4連敗中。決算が市場予想を上回った銘柄などには買いが入り、相場を下支えし下げ渋りの展開となったが戻りは限定的。「NYの週初高が脳裏をかすめた」との見方もある。
週足は陽線ながら前場段階の5日線は下回った。下はボリンジャーのマイナス1σ(22250円)がサポート。TOPIXも続落。東証1部の売買代金は2兆2781億円。任天堂、トヨタが上昇。資生堂、東エレが下落。

(2) 欧米動向

「米住宅、郊外移転が活況」の報。
在宅勤務での需要が郊外の住宅に目を向けさせた恰好。
マンハッタンから車で北に2時間のサリバン群。
「数年先まで在宅勤務を続けることを見据えて郊外のより大きな家探し」。
この動きは本物なのか偽物なのか興味深い。
映画「トレイン・ミッション」よりも長距離の通勤になるのだろうが・・・。
ISM製造業景気指数は54.2。
昨年3月以来の水準に上昇した。上昇は2カ月連続。
先行指標である新規受注指数が61.5と2018年9月以来の高水準。
6月の建設支出(季節調整済み)は、年率換算で前月比0.7%減の1兆3550億ドル。
3カ月連続で減少し19年6月以来の低水準。

(3)アジア・新興国動向

この頃アメリカが禁じるもの。
5分野での中国企業排除。
「アプリストア」米国のアプリストアから中国製アプリを排除
「スマートフォンのアプリ」米国製アプリの中国製スマホへの事前インストールを禁止
「クラウドサービス」アリババなど中国企業を排除
「海底ケーブル」中国による諜報目的の海底ケーブル利用を禁止
「通信キャリア」米通信網から中国の通信事業者を排除


【展望】

スケジュールを見てみると・・・。

【8月】陽線確率3勝7敗、(陽線確率30%)、過去15年6勝9敗(12位)
    気学では「保合月。小幅稼ぎのとき。前途の高値に期待」  

10日(月):山の日で休場、中国生産者・消費者物価
11日(火):景気ウォッチャー調査、米生産者物価、独ZEW景況感
12日(水):マネーストック、米消費者物価、財政収支、株安の日
13日(木):企業物価指数、米輸出入物価、、MSCI日本指数四半期リバランス発表、変化日、ペルセウス流星群極大
14日(金):オプションSQ、第三次産業活動指数、米小売売上高、鉱工業生産、中国工業生産・小売売上高等経済指標、株高の日

ところで立秋も通過。
例年来年の干支銘柄を考え始める時期となった。
来年の干支は「丑」。

ちなみに丑年は「草花などが伸びようとして曲がってしまってまだ十分に伸び切れていない状態」。
丑年が表現するのは「粘り強さ、堅実さ、誠実さ」。
「しっかり」というのが印象だ。
そして古来、牛は酪農や農業で人を助けてくれる重要な存在。
だから「我慢」や「芽が出る」という意味があるという。
相場格言の「丑つまづき」は気になるが・・・。
干支関連でざっと思いつくところでは・・・。
明治(2269)、森乳(2284)、六甲バター(2266)、吉野家(9861)、
ゼンショー(7550)、農産工(2051)など。
農薬、牛肉、農機というのもキーワード。
「モーはまだなり、まだはモーなり」だ。

《マーケットストラテジーメモ》 8月第1週


【推移】

27日(月):
週末のNY株式市場で主要3指数はそろって続落。ハイテクセクターの下げが主要3株価指数の軟調の背景。ナノメートルの半導体技術の開発が予定より6カ月遅れていると発表したインテルが16.2%安と悪役だった。NYダウは182ドル、NASDAQは98ポイントの下落。週間では3指数とも下落。

日経平均株価は35円安の22715円と反落。日銀のETF買い観測を支えに後場は下落幅を縮小。日銀のETF買い観測を支えに後場は下落幅を縮小。TOPIXは一時プラスに転じた場面もあった。「日本株の下落は利益確定売りの範囲」という声も聞こえる。
東証1部の売買代金は2兆1066億円。SBG、日電産が上昇。任天堂。東エレが下落。

28日(火):
週明けのNYダウは3指数そろって3日ぶりの反発。NYダウは114ドル高で11週連続の「週明けダウ高」となった。米共和党が1兆ドル規模の景気支援策を発表する見通しとの報道を好感。失業給付の増額を部分的に続ける方針や家計への現金給付などが含まれており米景気を支えるとの見方がダウや3Mなど景気敏感株の上昇につながった。
「いわゆるFAANGプラスM株は、フェイスブックを除き決算で予想を上回る可能性は高い」という声が聞こえる。28─29日のFOMCでは大きな決定はないとの見方が大勢。

日経平均株価は58円安の22657円と3日続落。ファナックの決算などを警戒して後場は売り物優勢でマイナス転換。TOPIXは反落。東証一部の売買代金は1兆9878億円と低調。SBG、フィルムが上昇。ファーストリテイリング、日立建機が下落。

29日(水):
火曜のNYダウは3指数そろって反落。悪材料は7月の米CB消費者信頼感指数が92.6と前月の98.3から低下したこと。「米全土で新型コロナ感染者が急増していることで経済の回復が脅かされている」という解釈がクローズアップされた。また上院共和党の総額1兆ドル規模のコロナ追加対策法案も「物足りない」との見方。
7月末で期限が切れる失業保険の特例加算は上積み額を現行の週600ドルから400ドル減額し200ドル。「ないものねだり」の市場は「要求の売り」に満たされた格好だ。

日経平均株価は260円安の22397円と4日続落。コロナウイルスへの警戒感と円高を嫌気。業績悪の銘柄への売りがかさんだ。東証一部の売買代金は2兆1053億円。セブンアイ、SBGが上昇。日産、キャノンが下落。キャノンや日産自など決算の悪かった企業が足を引っ張った格好。NY安やコロナ禍拡大よりは説得力はある、

30日 (木):
木曜のNYダウは3指数そろって反発。NYダウは160ドル高、NASDAQは140ポイント高、S&P500は40ポイント高。FOMCでのサプライズはなかった。ただFRBは「経済の回復に向けあらゆる手段を尽くす」と再表明。
これを好感した。「緩和政策を継続するという安心感が広がった」という解釈だ。

日経平均株価は57円安の22339円と5日続落。「都内で新たに367人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された」との報道が悪材料。
都内の飲食店とカラオケ店に再び営業時間の短縮を要請する方向で調整しているとの報道が重なり感染拡大への警戒感から投資家心理が悪化した。

アップル、アマゾンなどの大型IT銘柄の決算内容を見極めたいマインドから見送りモードも漂った。東証1部の売買代金は2兆2659億円。大引けのTOPIXのFFW比率の見直しで増加した。SBG、エムスリーが上昇。花王、東エレが下落。

31日(金):
木曜のNY株式市場で主要3指数はマチマチの動き。NYダウは一時500ドル以上下落して225ドル安、NASDAQは44ポイント高。第2四半期の実質GDP速報値は年率換算で前期比32.9%減。統計の記録を開始した1947年以降で最も大きな落ち込みとなった。週間の新規失業保険申請件数は143万4000件。前週から1万2000件増加。トランプ大統領が11月の大統領選を延期する可能性に言及したことも悪材料視された。

日経平均株価は629円安の21710円と安値引けで6日続落。TOPIXも1400ポイント台で4日続落。決算内容への失望感や過去最多を更新する新型コロナウイルスの新規感染者数の増加動向から、市場の先行きに対し悲観的な見方が拡大。「新型コロナの感染再拡大、低調な経済指標や企業決算など、複数のネガティブ材料が重なり、売りが売りを呼ぶ悪循環となっている」と指摘されている。
週足は陰線。月足は4カ月ぶりに陰線。東証1部の売買代金は2兆7815億円と増加。ZHD、富士通が上昇。SBG、トヨタが下落。


(2) 欧米動向

トランプ大統領は大統領選延期を唱え始めたが、それまでのスケジュール。
8月17日→20日 民主党大会(バイデン氏を候補に指名)
8月24日→27日 共和党大会(トランプ氏を候補に指名)
9月29日 第1回大統領候補討論会
10月7日 副大統領候補討論会
10月15日 第2回大統領候補討論会
10月22日 第3回大統領候補討論会
11月3日  投開票日

世論調査ではバイデン候補が50.5%の支持でトランプ大統領を9ポイント上回る。
そしてバイデン氏は3兆4750億ドルの経済政策。
製造業の支援に4年間で7000億ドル。
柱は政府が米国製品を優先的に買うという「バイ・アメリカン」が柱だ。
気候変動へ対応として4年間で2兆ドル。
再生エネルギーへの設備投資促進が柱だ。
そして育児・介護に10年間で7750億ドル。
低所得者や高齢者の公的医療保険の予算も増加させる方向。
一方トランプ氏は1兆ドル規模の給与減税。
1兆ドル規模の橋や道路へのインフラ投資を打ち出した。
5Gもターゲット。
結局どちらも「大盤振る舞い」には変わりはない。
ただバイデン氏の法人税21%→28%への引き上げは気にかかるところ。
「一連の増税策がすべて実行されると20121年のEPSは12%減少」とゴールドマン。
ただ米中摩擦についてはどちらも強硬派だがバイデン氏の方が常識的な印象だ。

(3)アジア・新興国動向

中国外務省は四川省成都市にある総領事館の閉鎖を通知。
米政府がテキサス州ヒューストンの中国総領事館の閉鎖を命じたことへの対抗措置だ。

【展望】

スケジュールを見てみると・・・。

【8月】陽線確率3勝7敗、(陽線確率30%)、過去15年6勝9敗(12位)
    気学では「保合月。小幅稼ぎのとき。前途の高値に期待」  

 3日(月):3日新甫、自動車販売台数、米ISM製造業景況感、建設支出、株安の日
 4日(火):マネタリーベース、米製造業受注、株安の日
 5日(水):米ADP雇用レポート、ISM非製造業景況感、株安の日
 6日(木):都心オフィス空室率、下げの日
 7日(金):景気動向指数、家計調査、米雇用統計、消費者信用残高、上院会期末(→9月7日)、中国貿易収支、変化日


スイスの世界経済フォーラムは2021年1月のダボス会議のテーマを「グレート・リセット」とした。
今回の危機を契機に、 より公平で、持続可能で、強靱な未来を作るため、経済社会の基盤をリセットする必要があると主張。
(世界経済フォーラム「The Great Reset: A Unique Twin Summit to Begin 2021」(2020年6月3日)。
経済社会
1.公平性の確保
・今回の危機は、社会の結束、機会の不平等、包摂性の観点で、古いシステムが持続可能でないことを明らかにした。
・グレート・リセットにより、全ての人間の尊厳が尊重される、新たな社会契約を作る必要がある。
2.第4次産業革命の加速
・今回の危機は、第4次産業革命の時代への移行を加速している。
・デジタルやバイオ等の新たな技術が、人間中心であり続け、社会全体に貢献し、
 全ての人々が公平に利用できるものとする必要がある。

3.国債協力の回復
・今回の危機は、我々がいかに相互に接続しているのかを示した。
・今後50年の課題を解決するための、スマートな国際協力に関する実効的な仕組みを回復しなければならない。

4.ステークホルダー資本主義
・短期から長期志向へ、株主資本主義からステークホルダーとしての責任へと、我々の考え方を変えることが必要。
・環境、社会、良いガバナンスを、企業や政府の説明責任の一部としなければならない。

【プレミアムコンテンツ】櫻井英明袋とじ 稼足銘柄 08月04日号

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
大好評 櫻井英明 袋とじ 稼足銘柄 08月04日号 プレミアム版 先行配信! 6月稼足銘柄 無料公開中!7月31日終値で169%↑ 160%↑と驚異のパフォーマンス!
08月04日号[配信中]

IR担当者様向け[PDF]
メーラーが起動します。

櫻井英明の株式透視論2019 発売中

08月03日号[配信中]
07月19日号[配信中]
関連リンク
LINE スタンプ
[Eimei.TV]メルマガ
【2020年】
【8月】2週/1週/
【7月】4週/3週/2週/1週/
【6月】4週/3週/2週/1週/
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2019年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】3週/3週/2週/1週
【9月】4週/3週/2週/1週
【8月】5週/4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】4週/3週/2週/1週
【5月】5週/4週/3週/2週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2018年】
【12月】4週/3週/2週/1週
【11月】5週/4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【09月】4週/3週/2週/1週
【08月】4週/3週/2週/1週
【07月】4週/3週/2週/1週
【06月】3週/2週/1週
【05月】5週/4週/3週/2週/1週
【04月】4週/3週/2週/1週
【03月】5週/4週/3週/2週/1週
【02月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2017年】
【10月】2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/1週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】5週/4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】4週/3週/2週/1週
【2016年】
【12月】5週/4週/3週/2週/1週
【11月】4週/3週/2週/1週
【10月】4週/3週/2週/1週
【9月】5週/4週/3週/2週/1週
【8月】4週/3週/2週/1週
【7月】4週/3週/2週/1週
【6月】5週/4週/3週/2週/1週
【5月】4週/3週/2週/合併号1週/04月5週
【4月】4週/3週/2週/1週
【3月】4週/3週/2週/1週
【2月】4週/3週/2週/1週
【1月】5週/4週/3週/2週


櫻井英明

Author:櫻井英明
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公式スマホサイトにて、毎日、株式情報を配信中。

業界用語から基本用語まで!!
※日々更新中
運営会社アイロゴス【姉妹サイト】
Dr.コパの風水アドバイス

ランキングバナー
注目銘柄
【必ずお読みください/免責事項】
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、㈱アイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は㈱アイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。